とりあえず梅雨なので。
2015.06.27 (00:03) musiquecomment(3)
今年も梅雨の時期にプレイリストを作ってみました。



01.Il Sait/Teri Moïse/Teri Moïse
02.Feeling Love (Wighnomy's Give Peace A Chance Remix)/Gamat 3000/Freude Am Tanzen-Compilation 01
03.Big Yellow Taxi/Joni Mitchell/Dreamland
04.Walk Between Raindrops/Donald Fagen/The Nightfly
05.Kewpie Station/Kaki King/Everybody Loves You (BONUS TRACKS)
06.Ingenue/Atoms for Peace/Amok
07.Underwater Communication/Jonny L/2 Of Us (Ep)
08.Rainy Weather Friend/David Mead/25 Days To 'Dudes' - NoiseTrade Sampler
09.Jóga/Björk/Jóga
10.What You Won't Do for Love/Jessie Ware/Devotion (Deluxe Version)
11.Adelaide Sky/Adhitia Sofyan/Quiet Down
12.Looks Like Rain/Passion Pit/Kindred
13.Light/Talvin Singh/Ok
14.Misty/Erroll Garner/Erroll Garner's Finest Hour
15.Chromakey/Dreamcoat/The Campfire Headphase
16.Quiet/Rachael Yamagata/Happenstance
17.Jealous Guy/John Lennon/Icon
18.Solid Gold/Au/Both Lights

よかったら鍵コメでどうぞ。

tamako150627_01.jpg
タマコの胸毛って柔らかいね。

関係ないですが、もうじき届くネコグッズが楽しみです。
MOLLINILIRANNIさん、楽しみにしてます!
今年のまとめ'14
2014.12.27 (02:15) musiquecomment(2)
お疲れ様です。
早いもので、今年も後わずか。

毎年年末に、今年よく聴いた曲、新旧問わず、
CD1枚分に入る分だけを選曲する、ということをしています。
今年はなんだか80分に足りないくらいしかなかったんですが、
入れようと思うとやたらと多くなってしまうという面倒くさい状態でした。
しかも無理矢理探したせいなのか、
新しい曲が多いです。
本来、世間ではそういう企画なんでしょうけどね。

YouTube 連続再生機能で聞きながらどうぞ。


曲名 / artist / album title(発表年) の順です。
01.Bloom / Pogo / Bloom (2011)
今年の大発見はPogoさんですね。
Aliceもやたらよくて、2曲とも入れたいくらいでした。

02.Take Me to Church / Sinéad O'Connor / I'm Not Bossy, I'm the Boss (2014)
トンガリボーズもなんだかポップになりました。

03.Kresna / I Am Robot and Proud / Touch/Tone (2013)
ピコピコエレクトロニカも落ち着いてきました。

04.We Fall In Love / Lamb / Backspace Unwind (2014)
死にそうなほど暗いLambも力強くなりました。

05.Children / Linda Perhacs / The Soul of All Natural Things (2014)
以前秋のプレイリストで取り上げた伝説の歌姫が奇跡の復活!
Vashti Bunyanさんと共通項が多いように感じられるけれど、
Lindaさんはややとんがってる気がします。

06.September Fields / Frazey Ford / Indian Ocean (2014)
今年最大の収穫。イチオシ!
ソフトでいて懐かしい気分にさせる歌声や音がイイです。

07.Spring / Ben Watt / Hendra (2014)
ねちっこいです。90年代のOasisの兄が歌うようなねちっこさ。
だんだんとクセになるんです。Forgetという曲も良くて迷いました。

08.When I Go / Slow Club / Yeah So (2009)
爽やかですよ。春から初夏にかけて聞きたいですね。
のどかです。

09.Brasilia (feat. Giorgio Tuma) / Populous / Night Safari (2014)
Giorgio TumaのTwitterに載っていたので聞いたらよかったんです。
Giorgioさんの曲調とは全然違うんですが、コレはコレでよかったです。
ブラジルワールドカップでしたしね。
ソラミミアワー!
イントロの喋っている言葉が「メヲサマシナヨー」と聞こえるんですが、、、。
自分の深層心理でしょうか?いいえ誰でも!

10.Bizarre / Perera Elsewhere / Everlast LP (2013)
ボンヤリ不思議な感じのダルさがイイです。

11.Naked / Neneh Cherry / Blank Project (2014)
Nenehさん、久々のソロアルバム。
音はかっこいいんですけど、なんか引っかかるんですよね。でもカッコイイ。

12.1998 / Chet Faker / Built On Glass (2014)
去年取り上げたSay Lou Louにfeatureされていた人。
P.V.もナカナカいい。Talk Is Cheapもいい。

13.Evermore (The Cormorant Remix) / Jo Mango / Transformuration (2014)
動画はリミックスじゃないバージョン。コレもいい。
クリスマス向けの一曲。え?クリスマス終わった?でも聞いてみて下さい。

14.Blue Shed / Vashti Bunyan / Heartleap (2014)
復活後、2枚目のアルバム!セルフプロデュース!穏やかです。
娘の描くジャケットの絵がまたいいんです。CDで買いました。

15.Relics / Deptford Goth / Songs (2014)
友達が教えてくれたDeptford Gothさん。
今年出したアルバムもよかったので、その中から爽やかかつキラキラ感のあるこの曲を。

16.Be Still / Madara / Mixed Tape 54 (2013)
この曲、何で入ってるのかわからないんです。
フトした拍子にプレイリストに入ったようです。
出だしからしてナカナカイイのでmb!に感謝の意味でも残しておきます。
ここで聞けます。
Imogen Heap系が好きなら一聴の価値あり!(Tower Record Pop風)

17.Florasia / Taylor McFerrin / Early Riser (2014)
今年のマッタリ気分の時に必須の曲でした。
ネコも落ち着きましたよ。

18.Philosophize In It! Chemicalize With It! / Kishi Bashi / Lighght (2014)
前回のアルバムもよかったんですが、
今回のこの曲のチャカチャカした賑やかさがかなりお気に入りでした。

19.Warrior Heart / Yael Meyer / The sound of mb! (2014)
mb!に教えてもらったこの曲もよかったです。
他の曲もナカナカイイです。

20.Love's Theme / The Love Unlimited Orchestra / Rhapsody in White (1973)
秋のコンピレーションに入れようと思って引っ張り出してきました。
が、結局入れなかったけれど、しっとり華やかな気分になれる曲で、
繰り返し聞いてました。

21.I Have Never Loved Someone the Way I Love You / My Brightest Diamond /
All Things Will Unwind (2011)
秋のコンピレーションの最後の曲。
いつか来る別れの時に、こんな気持ちになるのかなぁ、と。
My Brightest DiamondさんはShara Wordenさんのソロプロジェクトで、
実は2010年のまとめに入れたDavid Byrne and Fatboy Slim / Here Lies Loveで
取り上げていたんですね。気づきませんでした。
激しい曲も多いんですが、上品です。
コッチのバージョンもイイです。

今年一年で我が家はこのくらい平和になりました。
ttj141227_01.jpg
tamajiro141227_01.jpg
torao141227_01.jpg
トラオ:「世話やけるなぁ、、、。」
世の中、平和が一番です。
来年も無理のない程度にさらなる関係修復をしたいところです。
しかし、このネコタワー、大分ぼろくなってきたな、、、。

やはり今年の冬も寒そうです。
外で暮らす生き物も、そうでない皆様も、
お身体に気をつけて、よいお年をお迎えください。

En l'automne de 2014
2014.09.09 (19:58) musiquecomment(11)
今年は秋の訪れが早いですね。
秋のコンピレーション、作りました。
良かったらどうぞ。



今年も懐メロ全開です。
YouTubeプレイリストの中にマル秘(全世界に公開していますが、、、)映像あり!

01.Blowin' in the Wind / Bob Dylan (1967)
去年の10月、転勤していったサバタロウのテーマ。
雄ネコはつらいよ、テーマソング。

02.It Ain't Over 'Til It's Over / Lenny Kravitz (1991)
気を取り直して爽やかな秋。
甘いです。

03.Take Me to Church / Sinéad O'Connor (2014)
この曲、秋なのか?と言われると、、、
でもまぁ、たまには力強い曲も入れておかないと。

04.Kiss And Tell / G. Love & Special Sauce (1995)
ねちっこいですが、夕日が似合うカンジです。
懐かしい。

05.Carmella / Beth Orton (2002)
淡々とした調子がイイです。
秋ですねー。

06.Novocaine for the Soul / Eels (1996)
流行っていた時が秋だったので。

07.Kiss / Prince (1986)
Wendyも顔を背ける、、、。
お騒がせしました。

08.Feelin' / Q-Tip (2009)
硬質なカンジの曲も入れておかないと。

09.Florasia / Taylor McFerrin (2014)
クールダウンです。数少ない今年の曲。
このアルバムは全体的に柔らかくてイイですね。

10.Still A Friend Of Mine / Incognito (1994)
ちょっと陽気な曲もほしいところです。
彼ら、今年新作出ましたね。

11.Waiting / D'Influence (1995)
この頃、アシッドジャズブームでしたね。
Sarah さんの声がモノスゴクイイです。

12.A&E / Goldfrapp (2007)
P.V.も落ち葉で秋なカンジ。
Michel Gondryかと思ったら違った、、、。

13.Robinson Crusoe / The Art Of Noise (1989)
化粧品のCMで脚光を浴びましたが、
ボク的には城達也さんのジェットストリーム。

14.Why Can't This Be Love / Van Halen (1986)
マッタリしてきましたので、ここらで激しめなの行きますか。
うっとうしいくらいですが、、、。

15.Do You Really Want To Hurt Me / Culture Club (1982)
なんかやや夏っぽいですが、、、。
でも秋に夏を思い出しているカンジがするんです。

16.Blood / The Middle East (2009)
正当派な秋ですね。
P.V.もイイ。

17.Alice / Pogo (2007)
いや、何となくPogoさんの曲を入れたかったんです。
ただそれだけなんです。

18.Shep Shaep Sheep / Wisp (2005)
前の曲との繋がりで、何となくこの辺かな?
という、、、適当な選曲です。

19.If It Makes You Happy / Sheryl Crow (1996)
最後にガツンとパンチのある曲を入れてみました。
P.V.のSheryl さん、コワイですね。

20.I Have Never Loved Someone the Way I Love You / My Brightest Diamond (2011)
今回の選曲はこの曲を最後に持ってきたい、という強引な方法で決めました。
ネコたちに対するボクの気持ちです。w

以上、20曲、ほぼ80分。
Enlautomnede2014_02.jpg
ジャケ。

秋のネコ。
torajiro140909_01.jpg
キミたちは仲良しだね。

で、キミは?
tamalo140909_01.jpg
ギロリ
more
梅雨ですね、今年も。
2014.06.11 (00:55) musiquecomment(6)
今年も梅雨の時期にプレイリストを作ってみました。
でも段々とズバリな雨ネタは無くなってきました。

初夏→Bossa Nova→ブラジル→ワールドカップ!?
しめた!
サッカー、別に興味は無いんですが便乗して、
2014年6月的なプレイリストにしてみました。


140610_june_s.jpg
名前 / アーティスト / アルバム (年)
01.You Will Return (feat. Alice Russell) / Quantic / Magnetica (2014)
02.Troubled Girl (Bossadub -Masters At Work) / Karen Ramirez / Karen Ramirez- Remixed Dreams (1999)
03.Seven Days In Sunny June / Jamiroquai / High Times: Singles 1992-2006 (2005)
04.Carolyn's Fingers / Cocteau Twins / Blue Bell Knoll (1988)
05.Talk Is Cheap / Chet Faker / The sound of mb! (2014)
06.Bizarre / Perera Elsewhere / Everlast LP (2013)
07.Samba de Uma Nota So / Antônio Carlos Jobim / Antonio Carlos Jobim-1987-Inedito (1963)
08.Un Homme Et Une Femme (Orch) / Francis Lai / Un Homme Et Une Femme Soundtrack (1966)
09.Le Poisson Des Mers Du Sud / Antena / L'Alphabet Du Plaisir (1990)
10.JAL To Tokyo / Underworld / JAL To Tokyo (2005)
11.I Can't Stand The Rain / Ann Peebles / I Can't Stand The Rain (1974)
12.Aquarela Do Brasil / João Gilberto / Amoroso / Brasil (1976)
13.The View From Her Room / Kyoto Jazz Massive Feat. Bebel Gilberto / KYOTO JAZZ MASSIVE (2001)
14.Waltz For A Little Bird / Rainstick Orchestra / The Floating Glass Key In The Sky (2004)
15.Just My Imagination (Running Away with Me) / Craig David / Signed Sealed Delivered (2010)
16.Non Stop / Ophélie Winter / Privacy (1998)
17.Philosophize In It! Chemicalize With It! / Kishi Bashi / Lighght (2014)
18.Warrior Heart / Yael Meyer / The sound of mb! (2014)

よろしければ連絡下さい。

そしてネコ、、、。
jiro140611_01.jpg
ボク:「お!?ジロウ?やせた?」

jiro140611_02.jpg
ジロウ:「ぼよーん、、、、。コレ3秒しか持たないんだよね、、、。」
今年のまとめ'13
2013.12.31 (00:00) musiquecomment(2)
お疲れ様です。
早いもので、今年も後わずか。

毎年年末に、今年よく聴いた曲、新旧問わず、
CD1枚分に入る分だけを選曲する、ということをしています。
最近ホント新しい音楽に弱くなったなぁ、、、。

YouTube 連続再生機能で聞きながらどうぞ。


曲名 / artist / album title(発表年) の順です。

1.Go West/Indian Rope/Limbo (2001)
穏やかで広がり感のある雰囲気がイイです。

2.Eloise/Paula Cole/Raven (2013)
この曲は今年本当によく聞きました。
個人的に Song of the Year です。

3.The Fall/Rhye/Woman (2013)
あ、この曲もよく聞きました。クセになるメロディーです。

4.Promenade Sentimentale/Vladimir Cosma/DIVA soundtrack (1981)
この曲がかかる映画のシーンがまたキレイなんです。
動画も見てみてください。

5.Honey/Tosca/Suzuki (1999)
スッゴイイイってわけじゃないんですが、この手の曲が好みですね。

6.Blue Sky Calling/Perry Blake/The Crying Room (2005)
だいぶ前の曲なんですが、秋用の曲をと引っ張り出してきたところ、
やたらと聞いてしまいました。

7.Fool of Me/Say Lou Lou feat. Chet Faker/Julian (2013)
この美人姉妹とまがい物の Chet BFaker もヨカッタです。
早くアルバムがほしい!

8.Like The Morning Dew/Laura Mvula/She (2012)
野菜職人hiroくんに教えていただいた曲。
鳥肌が立つほどカッコイイ出だし。
情報、ありがとうございました!

9.Toccata (Original Mix) /Mungolian Jetset/Mungodelics (2012)
この曲もスゴクいいんですが、とても忙しい頃にいつも聞いていたら、
なんだか今聞いてもその頃の忙しいイメージを引きずってしまいます。

10.L'amour naissant/Sebastien Tellier/Confection (2013)
3曲目の The Fall/Rhye のおかげで再発見された彼
今年アルバム発表していました。ナカナカいい曲です。

11.Heaven/Sarah Anne Webb/Brownswood Bubblers for Japan Vol. 2 (2007)
この曲、「Keep Movin'」という名前でも見つかります。
謎が多いです。
彼女の活動再開を望みます!

12.Kinky And The Grain/Lorenz Rhode/Motor Cortex (2009)
笹川さんの「都会の灯(まちのあかり)」もヨカッタけど、
この曲単独の方がやっぱり良かったです、、、。

13.Song For Mark Gonzales/CANARY/Song For Mark Gonzales (2013)
ヴォーカルがなくても Remy Shand の曲はカッコイイ!
バリバリ活躍してください!

14.Advanced Falconry/Mutual Benefit/Love's Crushing Diamond (2013)
この人、毎週メールを送ってくださる Insound 様にタダでいただいたんですが、
ムチャクチャいいんです。即アルバム購入です。
個人的に Song of the Year です。あれ?

15.Open Eye Signal/Jon Hopkins/Immunity (2013)
この曲もまたいいんですよね。
個人的に Song of the Year、、、、。あれ?あれれれれ?

16.Here We Are/Angela McCluskey/Lambeth Palace (2012)
先日、友人が「Angela McCluskey の声って Cyndi Lauper と似てる」と言われて、
Telepopmusikやらソロ作品やらを聞いてみたら、この曲がとてもヨカッタので、
今年の一枚に入れてしまいます。

17.Blowin' in the Wind/Bob Dylan/The Freewheelin' Bob Dylan (1963)
サバタロウのテーマ、さすらいの雄ネコのテーマ。
何とサバジロウは外飼いで飼われているようです!
最近やたらと寒いから良かった。ボ、ボブの話はまぁイイか。

18.Solid Gold/AU/Both Lights (2012)
最後の曲なので、盛り上げちゃいます。
この人今年知ったのですが、かなりお気に入りです。

その他にも、
Daft Punk や Vimes もヨカッタです。
去年出た Sinéad O'Connor の How About I Be Me (And You Be You)? もヨカッタ。
前回の冬にヘビーローテーションだった Tina Turner も何か選びたかった。
今年出た Texas の新譜や Sharleen Spiteri の以前のアルバムもよく聞きました。
友達に教えてもらった Adhitia Sofyan もよかったなぁ。

今年も色々いい曲をみつけました。

ttj131230_01.jpg
来年もよい年でありますように。
そしてネコが幸せに(平和に)過ごせますように!
秋のコンピレーション2013
2013.09.26 (00:33) musiquecomment(6)
今年も秋のコンピレーション、作りました。
良かったらどうぞ。
もう暑くならないといいんだけど、、、。



晩秋の吹き荒ぶ秋の風的なイメージです。
そうでない曲も入ってますが、、、。
だいたい懐メロです。

1.Disarm / The Smashing Pumpkins / Siamese Dream (1993)
1発目はジャカジャーン!

2.Eloise / Paula Cole / Raven (2013)
この曲はイイですねぇ。特に秋に!
個人的見解ですが、この曲は今年を代表する曲です。

3.Edith And The Kingpin(Feat. Tina Turner) / Herbie Hancock / River: The Joni Letters (2007)
Tina Turnerおばあちゃん、本当にいい味出してます。
カッコイイ!

4.蘇州夜曲 / Ann Sally / Moon Dance (2003)
曲については何も知らないんですが、「荒野のペンギン」に出てきて、
メロディーのやさしさ、歌詞の美しさにやられました。

5.Nés Sous la Méme Étoile / IAM / L'Ecole Du Micro D'Argent (1998)
同じ星の下に生まれたのに、、、ってないようだと思うんですが、まあまあまあまあ。

6.Quiet Light / Bill Evans Trio / I Will Say Goodbye (1977)
ちょっとクールダウン。
touyubeにはなかったのでフサタロウにお願いしました。
フサタロウ一家(推定)のフォトアルバムです。

7.Separator / Elevators / Linoleum (1997)
本当はここには
Blue Moon / Wynton Kelly / Piano Interpretations (1951)
を入れるはずでした。
がしかし、この曲の動画が見つからないんですよね。
ならボクが!と思ったんですが、、、。
デジタルでデータを書き換えても、アナログで録音し直しても(!?)
なぜか、著作権法的に問題のある動画と判断されてしまうんです。
コワイコワイ!
でもこの Elevators もかなりかっこいいんですよ。

8.Kate / Ben Folds Five / Whatever & Ever Amen (1997)
いやなんとなく入れてみました。爽やかで楽しげ。

9.Gorecki / Lamb / Lamb (1996)
死にそうなラブソング。いや、死にかねない。死んでもかまわない。
名曲。

10.You Got Me (Feat. Erykah Badu And Eve) / The Roots / Things Fall Apart (1999)
落ち葉を散らす、乾燥した風のような Erykah Badu の歌声。

11.Losing You / Solange / True (2012)
ちょっとしっとり、でもけだるいカンジ。

12.Flavor / Tori Amos / Gold Dust (2012)
もうホント面倒くさくなっちゃったな、てカンジ。w

13.Tom's Diner / D.N.A. Featuring Suzanne Vega / Tom's Album (1991)
名曲。さらに倍!
オリジナルのアカペラバージョンもいいんですが、コレもいいなぁ。

14.Girl Like You / Edwyn Collins / Gorgeous George (1995)
当時、かなり気に入っていたんですが、その後全くわすれていました。。。
今聞いてもカッコイイ。

15.Blue Sky Calling (modified) / Perry Blake / The Crying Room (2006)
ちょっとクールダウンですかね。

16.Aeroplane / Red Hot Chili Peppers / One Hot Minute (1995)
なんとなく入れてみました。
お騒がせします。

17.Wind Blows / Chateau Marmont / The Maze (2013)
そろそろこういう爽やかな曲もほしいですね。
最初聞いた時は VanShe かと思いました。

18.Whenever Wherever Whatever / Maxwell / Maxwell's Urban Hang Suite (1996)
しっとりしてきましたよー!

19.Un Dimanche à Rio / Dominique Dalcan / Ostinato (1998)
最後はちょっと浮かれた曲で。
前の曲との繋がりが好きなので入れてみました。

Enlautomnede130926_j.jpg
ジャケ。

torajiro130907_02.jpg
トラオとジロウはほぼ大丈夫になってきました。

tamako130907_01.jpg
キミはねーーーー、、、、、。
more
梅雨ですね。
2013.05.30 (00:55) musiquecomment(2)
梅雨のプレイリスト、作ってみました。


1.Fool Of Me Feat.Chet Faker / Say Lou Lou (2013)
ほしい、ほしい!早く発売して下さい!

2.Walking Wounded (Main Vocal Mix) / Everything But The Girl (1996)
電子音的な雨だれの音っぽい出だし。

3.The Fall / Rhye (2012)
梅雨のしっとりに合う気がしたので。結構お気に入り。

4.Steal My Sunshine / Len (2000)
ちょっとひねって陽気な曲も。

5.Um, Circles And Squares / Dosh (2006)
激しく打ち付ける雨がちょっと楽しいようなカンジ。

6.Making The Right Move / Swing Out Sister (1994)
オルガンの音が雨にイイかな、と。

7.After the rain / John Coltrane (1987)
ここはちょっと抑えて。

8.Promenade Sentimentale / Vladimir Cosma (1981)
夜明けの霧雨。

9.La Pluie Et Le Beau Temps / Zazie (2004)
フランス繋がりで。

10.Pascal's Evening Song / Karen Peris (2012)
なんと The Innocence Mission の Karen さんのソロアルバム、去年発売していました。

11.Suzuki / Tosca (2000)
しっとり鈴木さん。

12.Avarandado / João Gilberto (1973)
もうじき止みそうな明るく爽やかな初夏の雨、のような曲。

13.Right As Rain / Adele (2008)
楽しげにしているけれど、強がっているだけ。

14.Fall Into Your Dreams / Cyndi Lauper (1997)
シトシト降る雨の中、ボンヤリ散歩したくなるカンジ。

15.Gentle the Rain At Home / The Innocence Mission (2010)
やっぱり Karen さんの声も聞きたい。

16.She's A Rainbow / Rolling Stones (1969)
雨上がりだったり。

17.Singing in the Rain / Mint Royale (2005)
最後は楽しく、名曲のリミックス(?サンプリング?)で。
長いですが、良かったらゼヒ。


こんなショートフィルムがありました。

え?ネコ?
tamako130530_01.jpg
ボク:「タマコ、ゴハン!ベッドから降りて!」

tamako130530_02.jpg
タマコ:「さぁ早く!ベッドまで運んできなさい。」
今年のまとめ'12
2012.12.28 (00:33) musiquecomment(5)
お疲れ様です。
早いもので、今年も後わずか。

毎年年末に、今年よく聴いた曲、新旧問わず、
CD1枚分に入る分だけを選曲する、ということをしています。
こんなカンジ。(コピペ)

今年は、気に入ったらそればっかり聞いていて、
あまりたくさんは聞かなかった気がします。


YouTube 連続再生機能!(※一部見つからなかったため違う曲が入っています)
聞きながらどうぞ。

曲名 / artist / album title の順です。

1.For All We Know / Abbey Lincoln (v) Geri Allen (p) / Drugstore Cowboy Soundtrack (1989)
チビコとボクの最後の夜を歌った悲しいラブソング(ウソ)。
モノクロ映画の音楽のような割れた音がまた、さみしい気分にさせられます。

2.GINA / BMW / BMW GINA Light Visionary Model (2008)
BMW のコンセプトvideo なんですが、コレがいいんですよね。
だいぶ前からこの曲がほしいと思っていました。
色々検索して、作者がわからないものかと思ったのですが、
結局何も情報が得られず、YouTube を mp3 化して聞いています。

3.Losing You / Solange / Losing You (2012)
ちょっとモノ悲しくて、淡々とした繰り返しがクセになります。
最後のオルガンっぽいシンセの音も寂しげ。

4.Flavor / Tori Amos / Gold Dust (2012)
このアルバム、セルフカバーアルバムでオーケストラ用にアレンジされてます。
聞いている内に段々とこの新しいアレンジの方が聞きやすくなってきました。

5.Snow & Taxis / Gold Panda / Snow & Taxis (2010)
イントロからお気に入りの気配を感じさせる曲でした。
また単調に繰り返されるとクセになるんですよね、、、。

6.Egon & Gertie / Rachel's / Music For Egon Schiele (1996)
だいぶ前に友達からもらっていたのだけれど、忘れていた曲。
聞いてみたらモノスゴクよくて、CD買っちゃいました。
Egon Schiele も好きなので。映画音楽のようです。

7.Revu / Fránçois & The Atlas Mountains / Youtube (2011)
とぼけたカンジの Fránçois & The Atlas Mountains、何曲かいいのがあったんですが、
一番のお気に入りはこの曲です。淡々としていてさみしげ、ボクのツボ。
でもこの曲売ってないんだよなぁ。

8.Heart Feat. Keep Shelly In Athens / MMOTHS / MMOTHS (2012)
今は亡き 7digital (日本用の限定サイトになってしまったため)に教えてもらった曲。
単調なんだけれど浮遊感があってキモチがいい。
上の Snow & Taxis / Gold Panda に多少似ているかなぁ。
Bon Iver の Babys (MMOTHS Remix) もイイです。

9.Knuddelmaus / Ulrich Schnauss / Far Away Trains Passing By (2005)
単調な曲が続きますが、コレも今年かなりヘビーローテーションでした。
ちょっと古くさいところがまたいい。
Cocteau Twins meets Chicane.かなぁ。

10.Love Is A Losing Game (Original Demo) / Amy Winehouse / Back To Black (2007)
今年もたくさんの愛すべきネコがいなくなってしまいました。
One I wish I never played
Oh what a mess we made
And now the final frame
Love is a losing game

11.Listening To Raindrops Knocking On A Window / Lullatone / Soundtracks For Everyday Adventures (2011)
我が家のネコに会いに来たユージさんにいただきました。
I Am Robot And Proud も教えていただいたんですが、彼とはまた違ったホノボノさ。
梅雨の時期によく聞いていたんですが、それ以降もやたらと聞いています。
アルバム全体通してイイ曲ばかり。
※YouTube にはこの曲がなかったので、試聴サイトを曲名の所にリンクしました。

12.Saturday Morning / Rachael Yamagata / Chesapeake (2011)
去年出たこのアルバムも全体的にヨカッタです。
居心地のいいスウィング感と苦しげな声の出し方をしていない所がイイです。
今年出た Heavyweight もこれから聞き込まねば。

13.Bye-ya / Phil Parnell Trio / Blue (2011)
Matthew Herbert の繋がりで何となく聞いてみました。
軽さがちょうどいいんです。ネコも落ち着きます。w
※YouTube にはこの曲がなかったので別の曲です。

14.Baby's Request / Paul McCartney / Kisses On The Bottom (2012)
おじいちゃんの鼻歌的気軽さが心地いい。
周りはやたらと豪勢だけれど、、、。
ポールは今も昔も甘いなぁ。

15.Cotton Heads / Caravan Palace / Panic (2012)
フランスのバンドでちょっと懐かしいジャズを電子楽器でひねったカンジ。
友達にすすめられて聞いたんですが、
なんだか Dimitri From Paris を思い出して気に入ってしまいました。

16.Nicky's Dream / Gabby & Lopez / Nicky's Dream (2006)
ジャケ買いだったんですが、イラストのイメージにピッタリの
ひたすらキレイなメロディーと音です。
※YouTube にはこの曲がなかったので別の曲です。ココでも何曲か試聴できます。
amazonのmp3サイトでもちょっと聴くことができます。

17.The Black Sun / Jo Mango / Murmuration (2012)
柔らかくて美しい曲なのに、とても空虚なキモチにさせられます。
だいぶ前にVashti Bunyan さんのバンドメンバーだったことで彼女のことを知ったのですが、
今年最大級の収穫です。オススメ。

18.You Have To Be There / Susan Boyle / Someone To Watch Over Me (2011)
何となく湿った雰囲気の選曲なので、最後はこんな曲で。
去年のアルバムなんですが、力強さと自信に満ちあふれた歌声がイイです。
時間は戻せませんからね。

以上18曲。

その他にも
久々に復活した The Cranberries のニューアルバムもちょっとヨカッタです。
健康的な The Cranberries なんてスゴイ。
Ulrich Schnauss つながりで aus さんもよく聞きました。
Swing Out Sister 25周年関連作品もカッコイイ。
WORLD ORDER の AQUARIUS も P.V. 含めお気に入りです。
野菜に詳しい Hiro くんオススメの Black Sheep / Gin Wigmore も元気があってイイです。
笹川さんのAvex復帰第一弾mini albumも力作でした。
DJ Mako さんオススメの Youth / Daughter(2011)もヘビーローテーション中。
あ!忘れてた。Imogen Heap / You Know Where to Find Me もかなりヨカッタ。

今年も色々いい曲がありました。

そしてネコ、、、
tamako121227_01.jpg
タマコ:「静かな曲じゃないと眠れない!」
秋のコンピレーション2012
2012.11.13 (02:53) musiquecomment(5)
「秋のコンピレーション」、今年もやってみます。

今年はバタバタしていたので、
晩秋の、冬の気配を感じるような選曲にしてみました。
ホントかな?
成り行きで、、、。

1.Teardrop / Massive Attack (1998)
Cocteau Twins の Elizabeth Fraser をヴォーカルに招いた名曲。
Tracey Thorn、Elizabeth Fraser、Sinéad O'Connor とボク好みの人たちを
フィーチャーするMassive Attack、スバラシイ。

2.Day / Jaga Jazzist (2002)

安井算哲(天地明察)もビックリのP.V.もかわいらしい。
最初は飛ばし気味で。なんだか忙しいので、、、。

3.I Know Him So Well (feat. Emma Bunton) / Melanie C (2012)
正直言って Melanie C の力一杯の歌い方はこの曲には向いていないと思うのですが、
Emma Bunton のふくよかでちょっとハスキーな声が好きなので、、、。
Elaine Paige x Susan Boyle 版もナカナカ。

4.You Keep Me On My Feet / Julia Fordham & Paul Reiser (2010)
聞いていても曲の展開が読めなくて、最初の内は聞く気になれなかったのですが、
慣れてくると、スゴク良くなってきました。
彼女の声は本当にお気に入りです。

5.Sleeping Tale / Gabby & Lopez (2006)
こんな名前ですが、日本の方です。ジャケ買いしてしまいました。
音楽もかなりのお気に入り。秋の夜長に星座でも眺めながら聞きたいです。
試聴できるところが見つかりませんでした、、、。ココで数曲は聴けます。

6.Teremtés / Márta Sebestyén (1993)

「The English Patient」の挿入歌や
Deep Forest の Twosome という曲でも知られている、ハンガリーの人。
ちょっと冷たい秋の風に吹かれながら聞いて下さい。

7.Lung / Pedro (2007)
くどいような、古くさいような気もするんですが、なんだかクセになる曲です。
特別「秋」というカンジではないのですが、他の季節でもない気がしたので、、、。

8.Cordelia / Jo Mango (2012)
柔らかい歌声、優しいメロディーなのになんだか、空虚な気分になる曲。
リンクは「The Black Sun」というシングルのカップリングの Choral Version の Live 版かな?

9.God Bless The Child / Billie Holiday (1941)
のどかでノンビリしたカンジだけれど、
不況といわれる現代においてもなんだか身につまされる曲。

10.The Child / Alex Gopher (2000)

Billie さん続きで。曲も好きですが、この P.V.がまた良いんです。
必見。

11.Mother / Cyndi Lauper (1996)

秋の夜、波打ち際で月を眺める時にでも聴きたい曲。
いままでの Cyndi Lauper 像を捨ててから聞いて下さい。

12.Listen / Urban Species (1994)
今となっては古くさいんですが、懐かしい曲。フランス語のラップが淡々としていてカッコイイ。

13.Sleep / Copeland (2005)
誰からかもらったんだと思うんだけど、全く思い出せない。
たまにそんな曲が iTunes に入ってますよね?
この間、そんな見覚えのない曲を再生してみると、秋にピッタリの曲でした。

14.Time To Make You Mine (Push & Slide Mix) / Lisa Stansfield (1992)
Lisa Stansfield さんについては、
とても流行っていたということ以外ほとんど知りません。
でもなんかこの Mix は気に入っていて、よく聞きました。※リンクは原曲。

15.Three Marlenas / The Wallflowers (1996)
まだこの頃はかなり若いんですが、最近彼はナカナカ良い味出してきました。
さすが育ちがイイ。

16.The Scent Of Love / Michael Nyman (1993)

もの悲しい、くらいが秋には合うと思うんですが、、、。
この映画は辛すぎますね。

17.Not Enough Love In The World (Sam Ward Remix) / Cher (1995)
彼女がまだロボットボイスではなかった頃の曲。Don Henley のカバー。
優しいカンジのアレンジが、彼女の太い声に合っている気がします。

以上17曲。CD1枚分の長さです。

ジャケットも↓
Enlautomn2012_01.png
看板ネコおばあちゃんのミミちゃん。
more
今年のまとめ'11
2011.12.29 (03:52) musiquecomment(8)
お疲れ様です。
早いもので、今年も後わずか。

毎年年末に、今年よく聴いた曲、新旧問わず、
CD1枚分に入る分だけを選曲する、ということをしています。
こんなカンジ。(コピペ)

今年の傾向は、、、、
無造作に選んでみたら、なんだかやけに落ち着いた曲ばかり、、、。
別にしんみり(222とか311とか1023とか、解散とかフサジロウのことで)するつもりはないので、
選びなおしたらアップテンポな曲もあったのですが、
なんだかいつものバカバカしい曲があまりなかったなぁ、と思いました。
というわけで、
曲名 / artist / album title の順です。

1.Ghost Hands/The Music/Ghost Hands(2011)
いきなり解散グループですが、コイツはなかなか力強い曲。
残念な解散ですが、今度はもっと検索しやすい名前で出てきて下さいね(w)。

2.Miniature World / Robert Miles / Thirteen(2011)
慣れるとUK Pops な印象のこの曲
この曲、彼の過去の曲を知らなかったら選ばなかっただろうな、
という、きわめて個人的今年のヒット曲。

3.You Are A Lover(Clock Opera Remix)/ Tracey Thorn / You Are A Lover EP(2011)
以前書いたように、原曲とは印象が全然違うのですが、
モノスゴクお気に入りになりました。
Missing (Todd Terry Remix)並みの Remix 勝ち。

4.Body Good / Toddla T / Watch Me Dance(2011)
この曲は毎週メールをくれる7digitalのフリーダウンロードでもらった曲。
中途半端がむしろちょうど良かったような曲。
これもカナリの大ヒット(ボク的に)。

5.Bass Down Low / The Cataracs feat. Dev(2011)
バカバカしいけどカッコイイ。
この曲、THE CATARACS ft. DEV版とDEV ft. The Cataracs版があるんですが、
THE CATARACS ft. DEV版の法が若干好きかなぁ。どっちでもいいけど、、、、。

6.Two Way Street / Kimbra / Live at Sing Sing Studios(2011)
去年も選んだNew Zealand の Kimbra さん
この人、Imogen Heap 的な個性ある歌い方で彼女の声がとても気に入ってます。
New Zealand の人です。だからというわけではないんですが。

7.Adrift/ Tycho / Dive(2011)
隊長!体調はたいちょうぶ(大丈夫)ですか?
あーぁ、言っちゃった、ティコなのに、、、。
Boards of Canada や Manual 好きな方はゼヒ。

8.Easy Chair / Yoav / A Foolproof Escape Plan(2011)
Yoav はイイですねぇ。今年のボク的新人賞。
大体の曲をイイと思ってしまうのは、声が好きなんだと思います。
他の曲も、他のアルバムも軒並みイイですよ。もうベタ褒め。

9.Tonite, Tonite / 이민기 / NO KIDDING(2009)
偶然 myspace で見つけたこの曲、やや演歌調なスーパーカーなんですが、ボク的には大ヒット!!!
地上アナログ放送(打ち切り)のみの我が家にもK-POPブーム到来か?
と思ったのですが、、、。イヤこの曲は良かったです。

10.Bonnie & Clyde / Belinda Carlisle / Voila(2007)
元々フランスは移民が多い国なので、アラブ系の音楽が流れていることがあるんです。
フランス人はアメリカ嫌い、というのは今でもあるのかもしれないですが、
ラジオから流れているのはアメリカのヒット曲。そんな、ちょっと複雑な多国籍なカンジ。

11.Good Luck / Washed Out / High Times(2009)
interlude的な扱いになっていますが、とてもイイ曲です。
と言うか、Washed Out さん、イイですよ。
今年の新作もスゴク良かったんですが、お気に入りはこの曲でした。

12.Minds Without Fear / Imogen Heap / Minds Without Fear(2011)
おそらく、ボクの単なる推測なんですが、彼女は「音」が好きですね。
色々な音から想像力をふくらまして、音楽にしていくんじゃないでしょうか。
この曲はちょっとわかりやすいカンジですが、結構カッコイイ。

13.Terrain / Renfro / Mathematics(2008)
うぅ、この曲、リンクがありません。
7曲目の Tycho や11曲目の Washed Out 的です。

14.Blood / The Middle East / Recordings Of The Middle East (2009)
元々ジャケ買いで購入したのですが、コイツはカナリの名盤です。
The Innocence Mission にも通じる、牧歌的で暖かみがあり、
かつあきらめ(というか許容)を感じさせる曲。

15.Imaginary soundtrack for Yuri Norstein / Giorgio Tuma / In the Morning We'll Meet(2011)
去年も登場した南イタリアの人、Giorgio Tuma、今年のアルバムもかなりいいんです。
コンセプトアルバムなんですが、1曲1曲がスゴクいいんです。
しかも!この曲のプロモが絵本を見ているようでムチャクチャイイです。必見!!!!!!

16.I Will Follow / Cyndi Lauper / To Memphis With Love(2011)
東日本大震災の日にライブのために来日した Cyndi Lauper
関東に住むボクでさえ、その時の状況はゴタゴタだったしオタオタして、
多くの人、ウチのネコたちでさえ平静でいられなかったときでした。
計画停電もあり、どうなるかわからない状況でしたが、
ボクは渋谷で彼女の歌を聴くことができ、しかも無事帰宅することができました。
全てのことがありがたく思える日でした。
今回の彼女のライブは、去年発表した Blues Album がメインだったのですが、
ブルースって意外と、文句は言いつつ前向きなんじゃない?って気がしました。
もうウンザリ、もう無理、どーしたらいいの?
でも明日になっちゃうんだけどね、という。
誰かを非難するのではなく、ネガティブ事案を見つけて、
建設的に行きたいものです。

17.City Lights / Nujabes / Spiritual State(2011)
なんだか90年代のアシッドジャズ的なこの曲、気に入ってます。
Nujabes の曲はもうこれで最後かもしれませんが、今後も聞き続けていくんだと思います。
ボクらがいただいた遺産ですね。

18.PX3 / 65DaysOfStatic / Heavy Sky EP(2010)
Feedle から知ったこの曲
悲壮感漂いつつも力強くてイイです。

19.Danny Boy / Bill Evans / Empathy(1962)
Scott LaFaro が亡くなった後に録音した、Danny Boy のソロもいいのですが、
どちらかと言えばこちらの平坦な印象の短いバージョンが好きです。
思い出は段々とボンヤリとしてきて、感情と言うより、
まるでこれ以上治ることのない身体に刻まれてしまった傷のような、
そんな曲です。

以上19曲。
追記、ナントこんな連続再生機能が!

他にも、
No Turning Back / Gui Borattoとか、
Shuffle / Bombay Bicycle Clubとか、
I'm from New York (Unreleased Track)/ Cyndi Lauper
Sunset in July / 311
秋のコンピに入れた Sandy Toes / Linda Perhacs
Here,play pop!で教えていただいた、プラネットマジック / N'夙川BOYSもクセになりました。
さらにAll To All / Broken Social Scene
ひろくんに教えてもらった All I Want / Kate EarlDying Day / Gin Wigmoreもかなりよく聞きました。
笹川美和参加のボッサ2作もそこそこ、、、。

今年も色々いい曲がありました。

そしてネコ、、、
ttj111229_02.jpg
ttj111229_01.jpg
背景は乾燥対策、部屋干しタオル。最近、集合写真がイマイチだなぁ。

世の中がイイ方向に向かうことは、もう無いかもしれないけれど(w)、
良いことは起きますように。
それではよいお歳をお迎え下さい。
homenext