シマオがいた風景
2015.12.23 (22:18) les chats de mes voisinscomment(1)
「シマオ(縞尾)」とよんでいたネコがいました。

まだ戸田に住んでいた時にはたまにすれ違うくらいだったのですが、
引っ越ししてしばらくしてから、駅の近くに移動したようで、
駅からの帰り道によく見かけるようになりました。
その後彼は点々と移動し、
駅から少し離れたネコおばあさんがいるアパートの裏に定着しました。
夜、そこを通るとたいてい塀の上でのんびりと香箱を組んでいました。

その頃からシマオのことをちょくちょくかまうようになりました。
よくみると彼はすでに去勢済みでした。
ネコおばあさんにゴハンをもらっているのか、
おやつをあげてもあまり食べませんでした。
その場所には、やはりネコおばあさんがお世話している
サビ猫や3本足のシロネコもいました。

2年ほど前から舐めハゲができるようになり、たまに咳き込んでいましたが、
動きは活発で、ボクが塀の下で待っていると降りてきて、
グルーミングを要求するようになってきました。
穏やかなネコアパートの夜でした。

駅周辺の再開発が東口側にも広がってきた頃、
この安定した小さな世界が変わり始めた気がします。
見慣れないネコがやってきては去っていったり、
しばらく定着するようになりました。
サビ猫とシロネコはおばあさんの家に入るようでしたが、
シマオはずっと外にいたそうです。
大人しくて優しいシマオにとっては、居心地が悪くなっていたのかもしれません。

近くの会社の人やご近所さんとも顔なじみのシマオは
それでもしばらくの間は頻繁にみかけたのですが、
今年4/18を最後に引っ越ししていったようです。

いつも夜に会っていたので、シマオの写真はきれいに写っていません。
明るい時間に会って写真を撮っておきたかったな、と思っていました。
shimao150418_01s.jpg
shimao150418_02.jpg



This night is for you and for me / Danny Norbury

先日、フト
変わっていく街並みのことを考えながら、
google mapのストリートビューに過去の街並みを見られることを思い出し、
駅周辺の景色を時間を遡ってみていました。

ここはチビコがいたところ。
ここにはネコ食堂があって、サビーヌが来てたな。
この教習所の金網の裏にいつもミケネコがいたなぁ。
と懐かしく思いながら、
シマオがいたアパートを見てみました。















shimao_google201204s.jpg
そこにシマオがいました。
まだ健康そうなシマオです。

この風景はいつまでもそのままに、、、。
フサタロウ最新ニュース!
2015.05.18 (21:11) les chats de mes voisinscomment(0)
2008年年末にチビコエリアから移動したフサタロウ
去年の秋くらいから触らせてくれるようになり、
喉の所を撫でると「ゴロゴロ」言うくらい親密になりました。

そんなフサタロウに衝撃的ニュースです。

毎年2月くらいは会えない日がよくあるのですが、
おそらくこのタイミングだったんではないかと思います。
ft150518_01s.jpg
フサタロウの後ろ姿。
ft150518_02.jpg
あっれっれーーー!?
フサタロウ、去勢されてる!(股間も確認しました)

ちょっと複雑な気持ちですが、
フサタロウを気にかけている人が自分以外にもいることがわかり、
安心しました。

今戸田駅周辺では再開発が行われていて、
区画整理がはじまり、用水路を埋めて道路を拡張したり、
フサタロウハウスと呼んでいた廃屋も取り壊され、建設工事が始まっています。
チビコたちが集まった駐車場や雨宿りしていた工場も更地になってしまいました。
chibiko120114.jpg
チビコに会えなくなって、今月でもう3年。
フサタロウには穏やかに長生きしてもらいたいです。

我が家のネコは、、、
torao150518_01.jpg
tamako150518_01.jpg
jiro150518_01.jpg
みんななんだか居心地良さそうだね。



ttj150518_01.jpg
ダイニングテーブルが占拠されてしまいました、、、。
我が家はネコに支配されています。
発情シャッフル!!! 雄ネコはつらいよ。
2012.02.17 (04:00) les chats de mes voisinscomment(0)
1月の中旬頃から2、3週間、
人間の作ったコンクリートジャングルで暮らすネコたちにも発情期が来ました。
雄ネコは発情期に行動範囲か広がるのか、
見たこともないちょっとガタイのいいチャトラやサバトラ、
ちょっと遠くのフサタロウタロウなどもこの界隈に出没するようになりました。

今は発情期はもうすっかり落ち着いたと思うのですが、
今回ココに定着しようとしているオスどもが、
なんだか縄張り争いをしているようです。

fusataro120217_00.jpg
え?オマエは!?

fusataro120217_01.jpg
フ、フサタロウ?こんな所に?

fusataro120217_02.jpg
フサタロウ、ご近所さんだね。ココの屋根は人気スポット。
フサジロウと一緒だったら楽しかったのになぁ、、、。
フサタロウは、自分がここら辺のボスを宣言するかのごとく、
数日間、深夜から明け方まで鳴き叫んでうろついていました。

chami120217_01.jpg
オマエ達はまだまだ仔供だから、あまり関係ないね。

cha-chan120217_01.jpg
ただ、チャーチャンはオスなのか、しっぽを噛まれたのかもしれません。
しっぽの毛が段差になっています。

jiro120217_01.jpg
ジロウ:「フゥ、外の世界は色々あるんだぜ、コネコちゃん、、、。」

オマエも苦労したんだろうね。
今は成人病、一歩手前だけどね、、、。

そんな中、元々フサジロウのコブンとして、
この付近をローテーションしていたアメちゃん
2/7に確認したのを最後に移動していったようです。
ame120217_02.jpg
ame120217_03.jpg
婿入りの話があったほどカワイイアメちゃん、
落ち着いたらまた会おうよ。
フサタロウのアジト
2011.11.12 (15:02) les chats de mes voisinscomment(6)
先日近所を歩いていると、
以前、フサジロウとケンカしていた巨大ネコが
おばさんにかまわれてゴロゴロしていました。
ボクも!ボクも!と近寄っていって、
おばさんと世間話(ネコの)をしながらさわらせてもらいました。
taro111110.jpg
タロウと呼ばれているそうです。
まるでノルウェージャンフォレストキャット
そこのアパートで世話されているそうです。
以前フサジロウと団子になってケンカしていた時とは別ネコのように
甘えんぼでした。

ならばフサジロウの消息も知っているかな?と思い、携帯の写真を見せると
「このネコならその並びの家で飼ってるみたい。」
「!!!!!!!!!!!」

ちょっと信じられなかったのですが、
その後、暗くなってからコッソリ見に行きました。
いつものように口笛を吹くと、
ナント出てきたのはフサタロウでした!
廃屋からのっそりと出てきました。
定点観測地点から離れた後、2回ほどこの付近で見かけたのですが、
どうやらフサタロウもこの界隈の人たちと上手く馴染んでいるようです。
確かにフサジロウとフサタロウは似てるからな。
まぁ、コレはコレでよかった。

今度はカメラを持って行こうかな。

我が家では、、、。
ttj111112_01.jpg
タマコ:「おいデブ!押すなー!」
秋の気配
2011.08.30 (22:10) les chats de mes voisinscomment(5)
最近は朝晩涼しくてイイですね。
ネコがベッドに戻ってきました。
ttj110830_01.jpg
タマコ:「あら、フサジロウさん、今日もお元気そうですね。」

fusajiro110830_01.jpg
フサジロウ:「現場が大変でサ。三毛猫みたいな顔になっちゃったよ。」

fusajiro110830_02.jpg
フサジロウ:「じゃ、また。」

torajiro110830.jpg
オマエらいくら涼しくなったからといって、そんなにくっつかなくても、、、。
パブリックコメント
2011.08.23 (14:17) les chats de mes voisinscomment(4)
環境省の動物愛護管理法の改正について、
国民からの意見を募集してますね。
締め切りは、平成23年8月27日(土)。
色々なブログで、パブリックコメントの提出方法を紹介しています。

追記です!
今日教えていただいたのですが、
8/20(土)現在、
環境省のメールボックスが満杯になっているため、メールが受信できないようです。
ひょっとするとファックスもダメになっているかもしれません。
今のところ郵送が一番確実なようです。

8/23追記です。
環境省のメールボックス、大丈夫になったようです。
sariさん、教えてくださいまして、ありがとうございました。

ジュルのしっぽ-猫日記-
こちらのブログのカテゴリーに「パブリックコメント」があります。
これまでの活動が詳しく書かれています。


One Action for Animals

上のジュルのしっぽ-猫日記-でも紹介されています。わかりやすくまとめられているので、
「パブリックコメント」なんて初めて聞いた!ってひとにオススメです。

浦和キャッツさんも。

fusajiro110811.jpg
フサジロウ。

mikecchan110811.jpg
ミケッチャン。古株。

nikecchan110811.jpg
今までミケッチャンだと思っていた別なネコ。ニケッチャン。

前の家の屋根はネコの社交場。

kecchan110819.jpg
オマケでケッちゃん。
再会!フサタロウ!!!!!!!
2011.08.12 (04:33) les chats de mes voisinscomment(0)
フサタロウを最後に見かけたのは、去年の5月ごろ。
2009年の年末くらいに定点観測地点からいなくなり、
翌年の2月の下旬に定点観測地点から県道を渡った裏通りで出会いました。
その後もう一度同じ場所で去年の5月に会ったのを最後に消息不明でした。
フサタロウはフサコの父でフサジロウの兄弟、という位置づけになっています。
フサジロウは毎日会うのになぁ。

ところがさっき!気分転換にコンビニに行った帰り、
線路の高架下の駐車場に長毛のネコがいました。
最初、フサジロウかと思ったのですが、
冬のフサジロウのように毛足が長いんです。
でも、顔はそっくり。
やはり、キミはフサタロウですね。
最後に見かけたところから、そんなに遠くありません。

fusataro110812.jpg
携帯であわてて撮影しました。
あまりよく写ってませんが、とても健康そうで、穏やかそうでした。
ボクのことはすっかり忘れているようでしたが、、、。
また思いがけず姿を見せてほしいな。

ボクにしては怒濤の更新。
ガンバレフサジロウ!
2011.07.04 (13:33) les chats de mes voisinscomment(4)
今は夏毛で全然フサフサしていないフサジロウですが、
先週、負傷してしまいました。

先週火曜日の夜会ったとき、喉のところがプクッとふくらんでいて、
さわるとやたら柔らかいんです。
ナンダナンダ?と思っていたら、
近所のバーのマスター(4匹のネコ親子と1匹の負傷ネコと同居)が
膿がたまっているんだろう、と教えてくれました。
ケンカした時の傷が中で化膿しているようです。
皮膚が破ける前に病院に連れて行けるといいんだけど、、、。

と、心配しているうちに、
翌日(6/29水曜)見たときはポッカリ3cmくらいの穴が喉のところに空いていました。
大急ぎで動物病院に行き、抗生物質を購入、
スーパーでカツオの刺身を買ってコレに薬を混ぜて、
フサジロウに与えました。
傷口から血がトレーにたれるのですが、かまわずムシャムシャ食べてくれました。
(薬に敏感に反応する我が家のネコとは大違い)
しかもアクティブに動き回っているし、食欲旺盛です。

最近では傷口が乾燥してきて、かなりよくなってきたようです。
でもかゆいのか、後ろ足でひっかきそうになっています。
まだ痛そうだなぁ。
fusajiro110704_02.jpg
冬毛仕様フサジロウ。

fusajiro110704_01.jpg
冬毛仕様フサジロウ、その2。

雑菌が繁殖しやすい季節だから気をつけろな。
フサジロウ2011
2011.01.30 (14:56) les chats de mes voisinscomment(8)
ご近所さんのフサジロウ
ほぼ毎日のように見かけます。
今年に入ってから発情中なのか、
たまに雄叫びを上げてウロウロしています。

先日、近所の個人農園を散歩中のところを盗撮しちゃいました。
fusajiro110130_01.jpg
ちょっと警戒。
fusajiro110130_02.jpg
仁王立ち。
fusajiro110130_03.jpg
「腰のくびれ、この辺に落とさなかったかな?」

去年の冬は風邪をこじらせて痩せてましたが、
今年はかなりポッチャリです。
カワイイねぇ。
フサタロウは全く見かけなくなってしまいました、、、。
ガリクソンとコブン、さらに、、、。
2010.11.18 (23:54) les chats de mes voisinscomment(0)
お向かいさんちの屋根の上、絶好の日向ぼっこスポットのようです。

kobun101118.jpg
コブンちゃん。ムチャクチャカワイイねぇ。

garikobu101118.jpg
ガリクソンとコブン。まるで親子だね。

fusagarikobun101118.jpg
ナントそこにフサジロウも!
コブ、お父さんに叱られてる見たい、、、。

のどかだなぁ。

トラオも楽しみにしていた(?)通販生活の「傑作ネコマンガ」、
新しい号が出ていたので早速見てみると、、、
more
homenext