ウィスキーのこと
2015.03.10 (02:19) film, télé, radiocomment(2)
【起】観てますか?「マッサン」?
いい話ですね。

【転】最初に断っておきますが、
ボクはテレビドラマやハリウッド映画によくみられる、
「起承転結」な展開がダメなんです。
Patrice LeconteやFrançois Ozonの映画や須賀敦子さんのエッセーのように
淡々としていて、とりあえずここでいったん区切るか、
という終わり方の話が好きなんですよね。

なので、朝の連続テレビ小説のように、
毎週、朝から無理難題を与えられる展開は正直うんざりなんです。
「起→結」でいいよもう!ってカンジで。
さらに朝の連続テレビ小説を否定するようなことを言えば、
伝記的な話が多いせいか、第二次世界大戦にかかる物語が多くて、
朝っぱらから観るのには重いドラマなんですよね。

【承】ただ今回の「マッサン」は、
朝っぱらからウィスキーの話題です。

実はボクがスコッチを好きになったのは、
トラオとタマコを迎入れるために引越たことからなんです。
ペット可のアパートを探して、見つけた所の近くに、
やたらとこだわりのバーがありました。

カウンターに7席しかないそのバーにはスコッチやバーボンはじめ、
マスターが自分の基準で選んだ酒類が並んでいて、
派手さはないけれどおいしい食べ物が用意されているカッコイイバーです。
そこにちょくちょく通うようになって、スコッチが好きになったんです。
しかもそこのマスターはNIKKA「宮城峡00(忘れました)年」がウマイ、
なんていってたなぁ、、、と。

そんな事を思い出しつつ、時間が合う時にチラチラ観ていたら、
だんだん竹鶴政孝さんのことが気になってきました。
しかも「起→結」でいいから!、という自分の性格的なこともあり、
ネットで調べてみました。

竹鶴政孝さんについては色々なサイトがあって、
その波瀾万丈な人生やニッカや壽屋(サントリー)のウィスキー創世記、
明治から昭和にかけての日本のウィスキー文化の成長など、
とても濃い歴史を覗くことができました。

中でも興味深く読ませていただいたのが、
「嗚呼! やる夫道」
竹鶴政孝さんの自伝やNIKKAの資料、色々な図書館、
サントリー側の言い分、統計資料など色々な文献から
竹鶴政孝さんとNIKKAの歴史をたどっています。
この話は朝ドラというよりも、NHK的には大河ドラマ並みの壮大な物語です。
冷静でありながらも、NIKKA愛がヒシヒシと伝わってくるところがまた良いんです。

この話を読んでしまうと、興味の無い人でもちょっと飲んでみたくなりますよ。
ボクも「マッサン」人気でNIKKAのウィスキーを買うのためらっていたけれど、
もうちょっとしたら買ってみようかな。

先にも書きましたが、
NHK朝の連続テレビ小説って2回に1回くらいは戦争中の話になって、
赤紙だの原爆だの空襲で防空壕だとか疎開だとか、、、頻繁に出てきますよね。
けれど、戦後70年の今となっては、
こんなにも日常的に戦争を忘れさせない番組って、実は貴重だよな。
なんてことも思った「マッサン」効果でした。

【結】ついでにネコ!(起、転、承、猫だけどね、、、)
torao150310_01.jpg
トラオって、ウィスキー色だね。
追悼健さん、まこさん:幸福の黄色いハンカチ
2014.11.10 (03:49) film, télé, radiocomment(0)
この記事は2010年4月3日に書いたものです。
まだ、まこも健さんも健在だった頃です。

まこブログが終了して、一年近く。
その後、まこ家の岡優太郎さんが情報コラムを書いています。
もちろん、まこ、しろたろもでてきますよ!
しおんはホントたまにだけど。

その14回、
「派手ではないけど面白い、
あったかロードムービー」
という記事がありました。
その中で紹介されていた、
「幸福の黄色いハンカチ」が気になりました。

実はボクは日本映画、ホントはあまり興味をそそられないんです。
なんだか冬の雑木林のような色合いが好きではないんです。
でも、ロードムービーはスキなんですよね。
しかも桃井かおりさんも好きなんですよね。
買っちゃいました。

結論から言えば、モノスゴクよかったです。
色々変な突っこみたいところはあるんですが、
そんなのドオでもいいんですよね。
以下、ネタバレありです。
more
強行!!食べるジロウ
2013.09.05 (02:37) film, télé, radiocomment(6)
つ、つ、つ、ついに!!!
ジロウの動画、公開です。


面倒だったというのもあるんですが、
ジロウならもっと面白い動画が撮れるんじゃないか、
と期待していて、結局カワイイだけの(でへへ)動画でした。
イマイチでした、、、。

jiro130905_01.jpg
ジロウ:「ほら、もっとピザの生地とか冷凍生肉とか流行り物がイイんじゃない?」
ボク:「コレ、一応、世界中の人が閲覧可能だからね、、、。」
迫撃!!動くタマコ
2013.08.19 (00:17) film, télé, radiocomment(4)
動画シリーズ、第二弾!!!!!
タマコです。

ボクの笑い声は、今回は入ってないと思うのですが、
指が入ってしまいました、、、。

tamako130819_01.jpg

今、動画をチェックしていたら、
画面のタマコに反応して、タマコが画面を叩きはじめました、、、。
己との戦い、タマコは自分にもキビシイ。
ジロウにはもっとキビシイが、、、。
突撃!!動くトラオ
2013.08.16 (00:50) film, télé, radiocomment(10)
つ、つ、ついに!
というか、ようやくというべきか、、、。
動画にチャレンジしてみました!

第一弾は、トラオです。
鼻血で貧血にならない程度に見て下さい。



さて、
8/16はフサコ(旧姓?)捕獲記念日
記念に未公開写真を公開しておこう。

fusako090816_n01.jpg
fusako090816_n02.jpg
クシャクシャの薬漬けの頃です。
それでもやたらとカワイイ!
今はお元気そうです。
Logorama
2013.06.22 (00:11) film, télé, radiocomment(4)
ス、ス、スゴイのみつけちゃいました!

Logorama from Marc Altshuler - Human Music on Vimeo.


キャラクターが動いたり、いつもと違う表情をしていても全く違和感ないんです。

ロナルドだかドナルドだか知らないけど、悪いヤツだとは思ってたんですよ、、、。
フランス人、アメリカのことがキライなんでしょうね、、、。
最初の方で、浜辺に点在する赤い小屋に「Q」の文字は、
フランスのハンバーガーチェーン店「Quick」。

2009年の作品なのでまた、知ってる人多いかもしれませんね
ロゴ好きにはたまらない!
いくつわかります?


torao130621_01.jpg
トラオって、ネコにしてはタレ目だよね。
DIVA (1981) / Jean-Jacques Beineix
2013.05.04 (16:18) film, télé, radiocomment(2)
昔観た映画をもう一度観る企画第二弾。

Jean-Jacques Beineix 監督といえば、
「37°2 le matin (Betty Blue)」と、この「DIVA」が有名ですね。
「37°2 le matin」は怖くて最後まで観られませんでした、、、。
「DIVA」については奇妙でキレイでカッコイイ、位しか覚えてませんでした。

dvjjb130505.jpg





ボクの好きな映画はあまり起承転結の波が激しくない、
盛りあがりに欠ける、日常的な話が好きなんですが、
この映画は全然そんなことはないんです。
本当にカッコイイ上に面白かったです。
ドキドキハラハラさせられる映画は特に苦手なんですが、
コレはヨカッタです。
結末知ってたから安心して観てられたせいかもしれないですが。

日本映画的な柔らかい光で細部までキレイに撮すシーンがあったり、
殺し屋に追われるシーンではコントラスト強めで、
影はすっかり潰れていて緊迫感のある映像です。

しかも主人公の友達のチャトラが「アヤトラ」って名前だったような?

また音楽の使い方もカッコイイ。
単なるBGMかと思ったら、今時のビッグスクーターのように
モビレットにつけているオーディオからの音だったり。

夜中の1時過ぎから見始めて、朝方まで見てしまいました。
見終わった後、タバコを吸おうと外に出てみると、映画のような薄暗い青い街並みでした。
埼玉だけど、、、。




そして!
ネコ和平協定一部締結!!!
朝ご飯後から扉を開放し、夕ご飯くらいまで自由にさせていました。
その時間帯はみんなだいたい寝ているので問題無いのですが、
少しずつ時間を長くしていきました。
ジロウが思い出したように怒り出すことがあり、
その時はまた扉を閉めて、翌朝、食後に扉開放、と少しずつ馴染ませています。

先日、連続扉開放時間が一日を超えました!
少しずつですが、みんなのご機嫌を伺って治安維持に努めたいと思います。

toratama130505.jpg

jiro130420_02.jpg

今も3匹、あまり気にせずベッドで寝ています。
Final Cut King
2012.10.05 (22:47) film, télé, radiocomment(0)
まいったなぁ。
ついつい全部見ちゃったよ、、、。





Final Cut King

10/5はフサジロウの日。
fusajiro101231_02.jpg
mako in wonderland
2010.10.08 (02:52) film, télé, radiocomment(0)
makoinwonderland.jpg
まこという名の不思議顔の猫 mako in wonderland、
ようやく見ました。
一般発売より早く見られてホッとしました。
今回の写真展といい、このDVDといい、
今までの「まこ達の日常」をユルイ視点で記録したものよりも
グッと作り込まれています。
特にネコの事なんて何も気にかけていないような人にも興味を持たせられるかも。
愉快な内容で、友だちが来たときにちょっと流しておくにもイイなぁ。

tamakomako101007_01.jpg
タマコもまこに画面に釘付け!

tamakomako101007_02.jpg
でも、背中を見せたらすかさずパンチ!
須賀敦子 静かなる魂の旅
2010.09.14 (03:09) film, télé, radiocomment(3)
須賀敦子 静かなる魂の旅」を観ました。
sgatkstt.jpg

BS朝日でだいぶ前に放映された番組をDVD化したものです。
ずっと観たかったのですが、親切で商売上手なamazonからメールが来まして、
早速購入、ようやく観ることができました。

今までボクが読んでいたのは、須賀さんの視点で書かれた世界観で、
須賀さんが過ごしたイタリアをみていたんですが、
それはどちらかといえば、
できるだけ簡潔かつ適切な表現を手段として、
控えめに、でも、自分の正しいと思うことは率直に伝える文章だったので、
(ボクが想像する)須賀さん自身を俯瞰で見た世界しか、考えていなかったんです。
学生運動的な過激な時代だったのにもかかわらず、
客観的に見るがゆえ、穏やかなフィルターにかけられています。

ボクもイタリアには行ったのですが、スペインの時もそうですが、
その国の北の方に行ったんです。
なので、「意外と落ち着いてるよな、ラテンなのに。」
と思っていたので、
須賀さんのイタリアの風景は、むしろしっくりきたんですね。

今回このDVDで、
須賀さんの視点で見つめたイタリアを、
さらに遠くから映像として見つめることで、
より現地の生活感を把握することができました。
関係ない街の人とか、実は崖の海辺だったりとか、意外に広々とした高原だったり。
そして須賀さんの、女性らしいかわいらしさが実感できました。

スペイン、フランス、イタリアの人は明るい(人ばかりではないけど、、、)。
けれど、動かせないものの重さを生まれながらに教えられている、
そんなカンジを受けます。
おそらく、彼女はそんな長い歴史的背景を含めて、
彼女が選び抜いた言葉で伝えようとしたんだと思うんですが。
まぁそれも、そんな一面もある、くらいなのかなぁ、、、。

色々な写真、知らないエピソード、個人的な気持ちの文章、、、。
ペッピーノから須賀さんへの詩。
ボクとしては、ホントに買って良かった。
でも、高くてもいいから、編集なしでみたかったなぁ、、、。

なぜか、ネコが結構出演しています。
torao100914.jpg
イヤ、トラオは出てないってば。
あ、でも、朗読は原田知世さんです。
homenext