また、京都、いってきました。その1
2006.03.08 (03:05) voyagetrackback(0)comment(8)
また、京都、いってきました。
今回は友達が集合するということなので、
ボクもおじゃましてきました。

と言いつつ京都は素通りして、
金曜の夜は、直接大阪まで一人で行って、
友達と合流、朝まで飲んでました。

しかし大阪駅って複雑ですね。
よく、池袋とか、新宿駅は複雑で、必ず迷うって人がいますが、
わりと南北がはっきりしていて、最悪、地上に出ればなんとかなる、
っておもってました。
しかし、土地勘がないってのは、ホントナニモワカラナクナルンデスネ。
途中、ヨドバシカメラを見てしまったりもしましたが、
でもなんとか人の助けを借りることなく、HEPの観覧車の下にたどり着けました。
それからは飲みまくりです。

よく覚えていないのですが、
土曜日の朝8時か9時頃帰ってきて、12時頃まで寝ていると、
また別な友達が電話してきて、合流することになりました。
が、まだみんなまだまだ眠いので、
ボクだけその隙に前回も紹介した、Klore(クロア)に行って、
パンを物色です。
鷹峯の人の家に4人で泊まったので、
今回は色々な種類のパンを買うことができました。
色々なパンを少しずつ楽しめるのって、
スンゴイうれしくないですか?!
中華料理とかも人数多い方が色々楽しめてイイですよね。
で、気に入ったヤツはその後また買っちゃう。

そして前回と同じように、鳳舞へ。
7人が合流して、バクバク喰ってました。
ボクはパン食いすぎでちょっと早めにリタイヤです。

そしてその後、後から来た2人が泊まっているホテルに遊びに行きました。
prinz(プリンツ)というホテルなんですが、
変わったところなんですよ。
アパートテル(apartment+hotel?)という、キッチン付きの部屋で
ムチャクチャ広いベッドとでっかいテレビ、
それからソファーがあって、
シンプルでナカナカいいところでした。
しかも大人数で泊まるとかなり安上がりです。
ココでみんなベッドに寝ころんでテレビを見たり、
おしゃべりしたり、屋上(屋根?)に登ってみたり。
のんびりしました。

夜はお好み焼きを食べて、
その後、御幸町のcafe independantsでまたおしゃべり。
昔新聞社の建物の地下を利用してカフェにしたという話を聞いたんですが、
入り口は肝試しとかの「恐怖のナントカ病院」みたいなカンジでやや怖いんです。
中に入ると、はげた壁に渋めの色のタイル(?)が
いい味出していて、とてもイイです。
スペインのバルみたいなカンジです。

ソンナコンナで土曜の夜も更けてゆきます。
home