近所の病院
2006.07.03 (00:44) journaltrackback(0)comment(0)
登るぞ!ということで、
昨日は江戸川橋に登りに行きました。
ココは前は驚異的に持ちづらいホールドとか、
やたらツルツルの鬼のお面ホールドとか、
苦手なジムだったんです。
タダ、ココで登った後、別なジムに行くと、
ちょっと強くなった気が、一瞬、するんですよね。
でも最近はマトモになってます。
ちょっと通うかなぁ。ムリか?

話は変わりまして、先日父が病気になったので、
付き添いで近所の病院に行って来ました。
最初にいった病院で、そこを薦められたこともあったのですが、
この地域では大きな病院で、最近はナカナカ評価を高めてきていることもあり、
まーいいかな、と。

実際、医者の方は
ボクの素人考えの質問にも時間を気にせずイヤな顔もせず、
ちゃんと答えてくれるのでとても信頼できます。

ただ、問題なのは。待ち時間が異常に長いんですよね。
受付してから2時間は確実にかかるのですが、
調子がイイ時で、3時間。調子が悪いと6時間。

色々な質問にも親切に答えてくれるんで、
ドンドン時間がおしてしまうんだと思うんですが、
コレはちょっと病院としてのシステムとして、
問題があるのではないですか?

実はボクも以前、
軽いギックリ腰でこの病院に行ったことがあります。
整形外科の受付の人にいわれました。
「予約無しで今からだと2時間は確実に待ちますが、どうされますか?」
座っているのもイタイのに混み合った待合室に空いたイスはなさそうだし、
座ってても2時間以上待つなんて拷問だ。
だいたい予約してギックリ腰になる人なんていないですよ。
たぶん湿布をもらって安静にしていなさい、
って言われるだけだろうと思い、そのまま帰りました。

今、新館を造っているようです。
それもいいけど、何か単純に予約時間を2時間後にするとか、
カンタンに改善できることって無いんですかね。
待ち時間を完全になくしてくれって訳じゃないんです。
診察を受ける時間までは自宅待機とかベッドで寝させてくれるとか
快適にしてほしいんですよ。
医者や看護士さんより、事務の人たち、お願いしますよぉ
Lux
2006.07.05 (02:44) musique(K-N)trackback(0)comment(0)
今朝は割と湿度が低く、気持ちのいい朝でした。
でも、1週間前の「スゴイダイズ」が
冷蔵庫の中で、豆腐になっていました。
まさに豆が腐る。

ところでLuxですが、初めて聞いたのは2000年の夏、6年前です。
Cafe Del Mar Volume Sieteに収録されている、
Northern Lightsを聴きました。
Cafe Del MarはChill Out系のコンピレーションCDでは
かなり人気の定番シリーズです。
cdmvs.jpg

その中でこのLuxのNorthern Lightsはボクらの気に入りです。
穏やかな明るい海に、何もかも終りにして、深く深く沈んでいく様な、
っといっても暗い気持ちではなく、
眠りにつく直前のような無防備な気分にしてくれます。
その夏から何年もボクらの定番の曲です。
もう思い出なのかもしれないけれど、
いまでもボクの気持ちを落ち着かせる曲ですね。



そんな個人的には評価の高いLuxですが、
今までイロイロ検索しても、ナカナカ活動がわかりませんでした。
しかし、去年、思いがけずアルバムが出ました。
これだけ一曲を気に入っていると、
他の曲はいまいちに感じてしまいそうですが、
全体的にまとまりのいいアルバムです。
暑い夏を乗りきるアイテムとして一家に一枚、あるといいかもですよ。
lnl.jpg

そしておまけ。
torao060705.jpg
肉球にこだわる人へ。
tamako060705.jpg
発見、ネコの胸毛はやたら柔らかい。

最近、首輪つけました。
この間、帰ってきた時、
油断して玄関を開けら、トラオが外に出てしまいました。
でもコイツは臆病なので、
6歩外を歩いて、サーッと家に逃げ込みました。
カワイイヤツ。
ちょっとマイウェイ、訂正
2006.07.06 (23:43) film, télé, radiotrackback(0)comment(0)
うひゃー!
この間書いた、ちょっとマイウェイ、間違えた情報を書いてしまいました。
左時枝さん、亡くなったように書いてしまいましたが、
亡くなってなさそうです。
亡くなったのは左時枝さんの姉、左幸子さんですね。
勘違いしました。ホントスイマセン。
ht.jpg
左時枝さんは最近(2005/03/02)に「相田みつを いのちのことば 」
という、朗読劇でもご活躍中ですね。
イロイロ調べてみたところ、
2003年、「美しい夏キリシマ」という映画にも出演されているようです。
ちょっと観てみたい。

たぶん、左幸子さんの訃報のニュースを
左時枝さんのことだと勘違いしてしまったんです。
ホントスイマセン。

というわけで、Allez! La France!
toratama060705.jpg
画像はイメージです。
決勝戦
2006.07.10 (05:48) sporttrackback(0)comment(0)
サッカーWorld Cup 決勝、観てますよ。
うぁ!行け行けアンリ!ジダンスゲッ!
あと20分。たのむぞジダン!
うーん、ブッフォンやるな。
あぶねー。
自分でけったんだから痛がるなよ。
あと15分。行け行けジダン!うへぇ。
ディアラ、脚けって仕返しすんな。
ジダン大丈夫か?がんばってくれ。
いけー!

アーァ、延長だ。
そんなに長引かせないでくれよ、
いくら自営業でもPKまではきついなぁ。

えーーーーーーー!?ジダン頭突きかよ。






C'est dommage, la France
写真だけですが、
2006.07.24 (01:49) phototrackback(0)comment(0)
ご無沙汰しております。
とりあえずこの写真でもドウゾ。
torao060723.jpg

tamako060723.jpg
System7 / Seventh Wave
2006.07.25 (01:10) musique(O-S)trackback(0)comment(2)
ごぶさたしてました。
雨雨雨雨雨ばっかりですね。
いい加減飽きてきました。
忙しかったから、別にいいんですけど、
いろんなところで大変なことになってるみたいですね。
大変だなぁ。

街で、ipod以外の携帯音楽HDD見かけるようになりましたね。
携帯の人もいるし。
でも相変わらず、ipod、多いですね。

ボクの愛用のipodは2nd Generation iPod 20Gです。
もう残りメモリーも400MBくらい。
バッテリーも取り替え、ヘッドフォンを買い、Fire Wireのフタがちぎれ、
銀色の鉄板もあちこち凹んでるんです。

ボクのipodを他人が見ると
「ナニそれ?デカッ!」
「デカイね、それ100GBぐらいあんの?」
なんてヤなこと言います。

ここ数日は涼しいですが、
暑い時はヘッドフォン、キツイですね。
歩いて聞いていると耳あてに汗がびっしょりついて、
ナンカ臭そう。

そんな愛用のmy ipodを、全曲シャッフルできいていると、
System7の7 O'clockが。
ちょっと懐かしい。
テンポが遅いわけではないんですが、
電子音のひたすらくり返しの中に、
みょうに有機的な音が練り込まれていて、落ち着きますね。
さすがipod、イイ選曲だ。

せっかくなんでもうちょっとSystem7ばかり聞いていると、
Soft Rainなんて曲名が。
この曲は爽やかすぎて、日本の梅雨にはちょっと合わないかな。
でもすがすがしいです。
明け方まで起きていた朝に、まだまだ雨が降り続くようならば、
System7でそのまま仕事に出かけようか。
、、、というぐらいの気分にさせてくれます。
もちろん実際はムリです。
sssw.jpg
ボクの持っているのはSeventh Waveなんですが、
他のもほしくなってきた。
ちなみにSystem 7についてはココが詳しいです。

そしてコネコ(だいぶデカくなった)。
tamako060724_02.jpg
タマコ
torao060724_01.jpg
トラオ
らっきょう
2006.07.29 (14:57) repastrackback(0)comment(2)
らっきょうってどうです?
以前もちょっと触れたんですが、ボクは漬け物が好きです。
漬け物もピクルスも大好きなんですが、
らっきょうはダメなんですよね、、、、、

ところがこの間、
ボクが漬け物がほしいと言ったら、仕事先で出た昼食で、
色々な種類の漬け物を銀座松屋で買ってきてくれました。
スンゴイうれしかったんですが、
その中に、らっきょうがあったんですね。
色々な野菜の浅漬けや若いメロンの漬け物や、セロリの漬け物、
ボクの弁当にはブロッコリーのマリネとかもあり、
そんな中に、苦手ならっきょうがあったんですね。

でも言い出した手前、食べないわけにいかないですよね。
しょうがなく2コだけとってみました。
ところが、食べてみると、いつものイヤなカンジがない。
コレが、塩らっきょうというものだったんですよ。

厳密にゆうと違うんですが、
まるでエシャロットをたべているようでした。
目から鱗が落ちたようにうまかったです。
バリバリたくさんいただきました。

決して食わず嫌いではないんですよ。
なんでオイシイと思えるのかと、イロイロ考えてみたところ、
らっきょうのツンとくるような味と甘酢味との組み合わせが
ダメなんだろうかと。
ボクは元々甘酢が好きじゃないんですよ。
酸っぱいものが好きなので、
甘酢って、ナンカ違和感あるんですよね。
どっちかにしてくれ!ってゆーよーな。

母の手作りのなますはかなり酸っぱいです。
(市販のなますは食べれません、甘くて)
いなり寿司はほとんど甘くなく、薄味です。
(市販のいなり寿司は違う食べ物として食べてます、
ただ、他の人から、うちのいなり寿司は、
「コレはいなり寿司じゃないな」と言われましたがね)
南蛮漬けも、ツンとくるくらい酢が入ってます。
って、それはボクが後から、酢をかけてるんですけどね。
つくってくれた酢豚にはさらに酢をかけて食べます。
酢増量酢豚。
サラダにはmailleのワインビネガーでドレッシング。
これがかなり酸っぱい。
酢、万歳!
vinaigre.jpg

らっきょうがキライな訳じゃなかったんですね。
見直した、らっきょう。
キミは悪くない。
ワルイのは甘酢だ。
siorakiyo.jpg

home