「ネコがみるビデオ」
2006.12.02 (03:12) miaoutrackback(0)comment(2)
CNC(チンパンニュースチャンネル)、見てます?

CNCGC.jpg
「日本の小学生の数は1,350万人。
犬の数は登録してあるだけで1,700万匹。
テレビ局はもはや子ども向けの番組を作るよりも、
動物に向けた番組を作るべきである。
そんな発想からできたのが、動物による動物のための情報番組。
『チンパン・ニュース・チャンネル』」
だそうです。

この番組、スンゴイですよね。
ナニがスゴイって、
ゴメスの声をあてている人がスゴイ。
どうやってるんでしょうね。
ゴモゴモゴモゴモゴモットモ。

コレの番組は、表向きは
動物による動物のための情報番組
ですが、
動物による人間のためのバラエティなんです。
当然ですが。
が、しかーし、
人間によるの動物ためのバラエティビデオがあるんです。

nmv.jpg
「ネコがみるビデオ」
元々、「村上朝日堂ジャーナル、うずまき猫のみつけかた」に
そんな話が出ていたので、検索してみたところ、
かなり色々なところで売っているようです。

内容は
「お部屋の中で退屈しているネコのためにアメリカで開発された
ネコ専用のビデオです。小鳥やリスが画面に登場し、ネコは
その動きに釘付けです!」
らしいです。

「うずまき猫、、、、」によれば、
人間がみると、
「なんだこりゃ、(中略)ひょっとして詐欺じゃねえか?」
(本文より抜粋)
が、コレを彼の「猫の権威である日本の知人」に送ったところ、
「猫はものすごくものすごく喜んだ」
「何度繰り返して見せても見飽きない」
「猫に邪魔されずにゆっくりとものを書きたい時には、
とにかくこのビデオを見せておく。
そうすれば猫はテレビの前に茫然として釘付けになっている」(!!!!!!)
(本文より抜粋)

ほしい、絶対ほしい!
猫を飼うようになってわかったことがある。
「猫の手も借りたい」という言葉は、
ホントーに絶対にもーどうにもならないくらい、
忙しい状態だと言うことを。
猫に手伝ってもらうということは、
仕事を放棄したも同じだ。
ホントにアイツらヒドイ。

でも、調べてみても、
DVDはないみたいなんですよね。
ビデオデッキ壊れちゃったからなぁ、、、、。
あ、「イヌがみるビデオ」もありますよ。
沖縄、行ってきました。
2006.12.14 (04:01) voyagetrackback(0)comment(0)
沖縄に飲みに行ってきました。

しかし、なんか、アレですね、モノレールって。
ちょっと怖いですね。

いつも羽田までは、浜松町からモノレールなんです。
でもアレって、
なんかやたらガクンガクンするし、
真下が見えちゃうってのがまた、不安感を増幅させますヨ。
岩、登っててなんだよって気もしますが。

でもなんでワザワザ真下が河なんですか?
窓からフト、後ろを見ると、河に支柱を建てて、その上を走ってました。 
えーナンデ?
河が氾濫したら支柱を支えている砂がみんな流されちゃうんじゃないかなぁ?
大地震きたら倒れそう。そりゃあ地面でもそうか?

て言いつつ、何となくいつもモノレールなんですが。

今回もいつもと同じように
喰って、飲んで、だけでした。
ただ、北谷にある、フランス料理屋で、
ビストロ・ジュゴンという店があるんですが、
そこに行けなかったのがザンネン。
フランス料理屋といっても、
素朴なカンジで気軽に食べれて、
とてもおいしいんですよ。
北谷に行くならゼヒ!
nyanta.jpg
うちのコの母です。
shirosan.jpg
うちのコの伯母です、おそらく。
more
今年のまとめ
2006.12.15 (01:25) musiquetrackback(0)comment(0)
お疲れ様です。
早いもので、今年も後わずか。

ボクは毎年、「今年の一枚」を選曲して作ってるんです。
(勝手に!)
「now」とか「max」の自分版みたいなカンジです。
特に今年の曲とか、基準はなくて、、、、、
後は去年の12/9と同文です。

今年はネコが来た辺りから、
イマイチ盛り上がりに欠けた(個人的に)音楽ネタでしたが、
10月くらいから、ポツポツといいのがでてきました。
皆さんはどうでしたか?

では個人的、「今年の一枚」ですよ。

1.Downtown
 / Emma Bunton / Life In Mono [Special Edition](2006)
 新鮮味はないけれど、この時期聴くと浮き足立ちますね。
2.Kelly
 / Van She / Van She(2006)
 モーサイコー!ホントサイコー!他の曲もイイです。
3.Shep Shaep Sheep
 / Wisp / In A Blue Face(2005)
 コレもどことなく懐かしい感じ。
 SIN5クンの情報で手に入れました。アリガトウ。
4.Little Monsters
 / Charlotte Gainsbourg / 5:55(2006)
 むしろAIRナンダロウナ。でも声もいい。雰囲気もいい。
 ちょっとダルイ曇りの休日、ってカンジです。
5.Soft Rain In The Spring
 / I'm Not A Gun / We Think As Instruments(2006)
 曲名の通り、穏やかな気分になれます。
6.Sand River
 / Beth Gibbons & Rustin' Man / Out Of Season(2002)
 たまには空虚な気分におそわれて、茫然と過ごすのもイイですね。
 やらなくちゃいけなことは山積みなんですけど。
7.誘い
 / 笹川美和 / 夜明け(2006)
 優しく、甘く、幸せで、切ない曲。
 このアルバムもかなりイイです。
8.Feeling Love
 / Gamat 3000 / Freude Am Tanzen-Compilation 01(2005)
 切なく、切なく、切ない曲。淡々としたカンジが好きなんです。
9.Feeling Love (Ian Carey Main Mix)
 / Soulsearcher / Feelin' Love Ian Carey Remixes(2005)
 趣味ではないんですが、ナンカ前の2曲と一緒に聴いていたら
 切り離せない曲順になってしまいました。くーるでほっと。
10.MACHINE POUR LES OREILLES
 / Rinôcérôse / Rinôcérôse(2006)
 ipodの宣伝で知った、Rinôcérôse。
 コーユー単調な曲はクセになりますね。
11.Message To Michael
 / Dionne Warwick with Cyndi Lauper / My Friends & Me(2006)
 このアルバム、どの曲もイイです。Cyndi Lauperの優しい歌声と
 Dionne Warwickのしっかりした歌声の組み合わせがいいです。
12.Wild Steps
 / duke+muto / Wild Steps(2006)
 2枚目くらいのSwingout Sisterのような、
 テンポの良さがいいです。
13.Summer Of Freedom
 / Manual / Azure Vista(2005)
 残暑のムワっとした暑さを思い出しているかのような、
 枯れたカンジの曲です。音的には懐かしい。
14.Crystal
 / Nova June / Cocktail Nights(2004)
 中途半端に古くさいけれど、気分が安らぐ曲。
 疲れた夜に、何となくドライブしたくなったらドウゾ。
15.ノスタルジア
 / Moose Hill Feat.原田知世 / Desert House(2006)
 非現実的、空想的なおとぎ話のような、
 無責任なほどの爽やかさ。サスガ知世ちゃん。

その他にも次点として、
Arrival
 / Kaskade / Love Mysterious(2006)やら
Invitation
 / Asheru Feat. Cross Rhodes / Insomnia(2006)とか、
Mush Upで拾った、Rock Your Bird
 / fuTuRo(2006)なんかAnnie LennoxのLittle Birdが
 こんな形で復活して、スゴク楽しめました。

イヤイヤ、今年もナカナカでしたね。
oelr2006.jpg
ジャケ、つくりました。
クリックすると袋のCDケースに入る大きさになるはずです。
フシギ体験
2006.12.25 (03:00) miaoutrackback(0)comment(0)
昨日午前4時、突然、ネコどもが玄関の方を注目です。
ナニナニナニナニナニ!!??????
ナニがいるんだよー!
toratama061223.jpg

ナゼか一番高いところに登っている。
えーっ、絶対なんかいるんだ。
でもよく見ると怖がっている様子はないんです。
でも、ジーーーーーーっといつまででもみてるんです。
ボクも外に泥棒でもいないかとみてみたり、
何か見えないかと目を凝らしてみてみたり、
声をかけてみたりもしたんですが、
ナニもなかったです。

ナンカ身近な人が亡くなったとかで、
最後に会いに来ているのかも、とか考えたんですが、
今日になっても何の連絡もないので、
特にそんなこともないようです。

一応、コーヒーなんか2人分煎れて、
机の上においておいてみましたが、
何の変化もないので、自分で飲んじゃいました。

霊感ないのか、ネコどもにからかわれたのか。
ウーンでもよくよく考えてみると、
おじいさんの命日だったなぁ。
もう13回忌も終わってますが、、、。
不思議(不可解)体験でした。
喜びは創りだすもの〜ターシャ・テューダー四季の庭2
2006.12.26 (02:06) film, télé, radiotrackback(0)comment(0)
あーザンネン。
今日ジムに行った時、8:40からマシンでテレビを見てみたら、
ナント以前紹介した、「ターシャ・テューダー四季の庭」
の続編、「ターシャからの贈りもの 魔法の時間のつくり方」
ってのをやってたんですね。
最後の2分しか見れませんでした。
んぬううー。

実は先日、偶然、タワーで
「喜びは創りだすもの〜ターシャ・テューダー四季の庭」永久保存ボックス
というものを見つけて、家でみていたところだったんです。
そんな情報があるなら、POPに書いてくれよー。
去年の11/27のくり返しになりますが、ホントイイですよ、コレ。
TashaTudor.jpg

ボクはガーデニングとかする気はないし、
彼女の人生論に素直に従うわけでもないんです。
それよりやはり、
日々、興味を持っていることを考え続けてる人間はすごいなぁ、
と思いました。
3歳の時、黄色いオールドローズをみて、
こんな花を咲かせる人になりたいと考え、
いくつもの試行錯誤を重ねて、
自分の「楽園」を創りあげた彼女。
オイシイものをつくるコツは、「近道を探そうとしないこと」。
それは彼女の創りあげた庭にも言えることなんでしょうね。
毎日広大な土地を歩き、植物が満ち足りているかを確認するらしいです。

あー観たかったなぁ。
コレがDVDになるのは、来年のクリスマスなのかなぁ。
そーすると、彼女は92歳になってますね。

ところで、この永久保存ボックス、
愛蔵本がついています。
ところがコレが、画面キャプチャーをそのまま印刷物にしているようで、
解像度が荒くて、ジャギーが目立って、あんまり愛蔵できないカンジです。
というか、この程度だったら蛇足かなぁ。

早くDVD出してくださいーっ!
愛蔵本にももっとチカラ入れてください。
それと再放送もお願いします。

Tasha Tudor
Emma Bunton/Life in Mono
2006.12.28 (02:49) musique(A-E)trackback(0)comment(2)
Emma Buntonのアルバム「Life in Mono」が届きました。
eblim.jpg

前回の2nd Albumが60'sな雰囲気のアルバムだったので、
今回はドンなんだろう、と思っていたのですが、
要所要所に60'sテイストを散りばめたカンジで、
基本路線は2ndと変わりませんが、
よりやわらかく、洗練されましたかな。

おそらく、Cathy Dennisとつくったと思われる、
track 3 mischievousや
ちょっと少女趣味だけれど、カルーイかんじの
track 5 He Loves Me Not。
彼女らしくてとてもバカバカしい、
track 7 Take Me To Another Town。
もちろん、シングルカットされた、
track 11 Downtownなど、なかなかイイ曲揃いです。

そして、アルバムタイトル曲の「Life in Mono」ですが、
これは、1996年にMonoというバンドの曲らしいです。
Monoの方のバージョンもEmma Buntonの方も
どちらもちょっとフレンチポップス調です。
MonoのVocalがSiobhan De Maréという
フランスっぽい名前なので、そのせいかもしれないです。
Monoの方は、やや、Trip hop風、
Emma Buntonの方はねっとりムード音楽風です。
声だけ聴くとバージョン違いかと思うほど似てます。

さらに、Monoの方は、Great Expectations
(1998年、大いなる遺産、ディケンズ原作、
Ethan Hawke, Gwyneth Paltrow出演)
のサントラにも入っているようです。
このGreat Expectations、何度も何度も
映画化やテレビドラマ化されているようです。
そんなにおもしろいんですかね?
ディケンズは「クリスマスキャロル」しか読んだことないなぁ。

横道にそれましたが、「Life in Mono」、
イイですよ。
冬のオープンカフェで読書しながら聴きたいようなアルバムです。
避妊手術させました
2006.12.31 (11:46) miaoutrackback(0)comment(0)
大晦日ですね。今年もお世話になりました。
来年もよろしくおねがいいたします。

この間、避妊手術、受けさせました。
かなり痛々しいです。
もうコレでしばらく病院行かなくていいからね。
あ、まだ抜糸があるか。

実はコイツ、10月に避妊手術するはずだったのですが、
肝臓のGPTの数値が基準値を超えていたので、
延期になっていたんです。

ナニが原因なのかよくわからなく、
その後2回血液検査をして、数値が基準値に収まったので、
ようやく手術できました。
tamako061230_01.jpg

かなり心配だったので、
願掛けで、入院中(2泊3日)、禁煙してみました。
期間限定だったのでそれほどきつくはなかったですが、
(しかも2.5日くらいだし、、、)
自分がニコチン中毒だと言うことがわかりました。

ホトンド無意識に
「あ、タバコ吸おう。」
「イヤイヤ、禁煙中じゃん」
3秒後、
「あ、タバコ吸おう」
「イヤイヤついさっき吸わないって思ったばっかりじゃん」
って繰り返しているんです。
ちょっとアタマおかしいかな、と思うくらい、
喫煙の欲求が反射的に出てくるんです。
コレは完全中毒ですね。

でもだからといって、
止めようとは思ってないです。
退院の時にタバコを買ってきて、
家で餌やりをした後、
安心してタバコが吸えました。

イヤよかった、このまま禁煙しようかな?なんて思わずに。
それでは皆さん、よいお年を
home