脱走!2
2007.08.10 (04:21) miaoutrackback(0)comment(0)
というわけで、先日駒ヶ根、行ってきました。

全くダメでした。
ニャンタどころか、ネコ一匹いません。

迷いネコのビラを配ってきたんですが、
色々な人からいわれました。
「イヤァ、ネコ、イッパイいるからねぇ。
山に捨てに来る人が多いから、林の中はネコダラケだよ。」

えぇ〜〜〜〜〜!一匹もいないんですけど。
クマに喰われたのか?????
先週は台風も来たし、雷もあったようだから、
みんなどこかに潜んでいるのかなぁ。

しょうがないので、その地域にあるOZという
ピザ屋に行きました。
林の中にある、パッと見、廃屋?という店なんですが、
ココのピザはとてもうまかったです。
駒ヶ根でネコを探すなら、ゼヒOZでご飯をオススメしますね。
ソースカツ丼は店がたくさんありすぎで、
結局食べずに帰りました。
元々野生のネコですから、気長に待つしかないですね。

ところで、脳内メーカー、流行ってますね。
脱走事件もあり、ウチのネコと自分の相性を
脳内相性メーカーで占ってみました。

namta.jpg
うんうん、そうだろう。
namto.jpg
想うって、食べ物をじゃないのか?オイ。
namsh.jpg
オイオイシロさん、敵ってナンダよ、敵って。
ヒドイじゃないか!
来週は時間があるので、みんなに優しくしよう、、、。
NEW NISSAN X-TRAIL(UK)
2007.08.10 (04:49) voituretrackback(0)comment(0)
ボクは日産という会社が好きで、
色々な日産情報をできる限り毎日チェックしています。

X-trailというクルマが日産からでているのですが、
もうじき、モデルチェンジをして、第2世代になります。
アウトドアでガンガン使える、車高の高いカクカクしたクルマです。

このクルマの初代モデルはヨーロッパ市場では日本以上に大受けして、
今回のモデルは相当ヨーロッパを意識してつくられたそうですよ。
なのでUK Nissanのサイトをチェックしてみたところ、
すでに新型X-Trailの特設サイトがありました。
ここで新型X-TrailのCMが見れるのですが、
これがムチャクチャかっこいいんです。

ボクは日本のロボットモノアニメを積極的に見ることはないし、
この手の大きな車が好きではないんですが、
このCMはナカナカイイです。
たぶん、ヨーロッパ的に、
コレが和のテイストなのかな、と思いました。

どちらかといえば、アウトドアって、
日本のX-TrailのCMのように、
やんちゃな野生児がそのまま大人になった印象で、
悪くはないけど、ボクはそうじゃないよ、
と思っていたんですが、
こういう見せ方だと、なんか冷静な感じが妙に引かれます。
ゼヒ見てみてください。
日本ではどんな宣伝活動を展開するのか楽しみです。
nxtuk01.jpg

nxtuk02.jpg
光のカンジもイイです。

それと、最近日本でも発売されたQashqai(日本名Dualis)の
UK版CMもとてもイイです。
YouTubeで見れます。
合わせてみてみてくださいヨ。
nqquk01.jpg

nqquk02.jpg
ダンパーがイイ!、ってことを言いたいんでしょうね。
でもアイディアも映像もスゴイくて、
CMとして楽しめます。
Media Skin Special Edition
2007.08.14 (03:31) mac, computer, mobiletrackback(0)comment(0)
auからの催促電話に負け、Media Skinに替えました。
シブシブ。

イイですね、media skin。
というかau携帯のwin。さらに言えば、最近の携帯って。
そんなに高度な機能を使っているわけではないんですが、
やはりモバイルsuicaは便利です。

ボクは財布をポケットに入れておくのは心配なので、
カバンを持っている時はカバンの中にしまっておくのですが、
そーすると当然ながら、改札通る時も買い物する時も
いちいちカバンから出さなくちゃならないわけです。
しかも財布の中にはsuica定期とview card suicaの2枚があるので、
たまに引っかかるんですよね。

携帯ならポケットに入れておいてもかさばらないし、
抜き取られる可能性も低いので、
パッと出してピッですよもぅ。
キオスクや駅周辺の店なんかでも
携帯でピッですよぅ!

ただ、やはり携帯でネットは見ませんね。
面倒なので。
ニュースフラッシュはちょっと面白いけれど、
それに何千円もかけるのはバカバカしいし。
ウーン、あまりにも電話代が上がるようなら
infobarに戻しちゃおう、かなぁ、うーん。

でもかなり気に入ってきたなぁ、media skin。
水色でも、、、。
msse.jpg

夏休みの宿題
2007.08.14 (03:38) miaoutrackback(0)comment(2)
tts070814.jpg
昆虫採集だよな。
てかオマエ、セミは喰うなよな。
それと網戸破くなよな。
Cyndi Lauper japan tour 2007
2007.08.15 (05:08) musique(A-E)trackback(0)comment(2)
恥ずかしながらCyndi Lauperのライブに行って来ました。
スゴカッタです。驚きの連続でした。
cljt07.jpg
写真はイメージです。

まず、かなり太っていた彼女にいきなりビックリ。
そして、最初の曲がHole in MY Heart(All the Way to China)でした。
選曲にもビックリですが、コレが割とライブ受けする曲でビックリでした。
新曲を挟んで、3曲目がグーニーズっ!
うっわぁー、この曲もライブでやるんだー、とビックリ。
スゴク懐かしくてヨカッタです。
もう1曲新曲(この曲良かったなぁ)を挟んで次に
When You Were Mine.
Princeのカバーでファーストアルバムからなんですが、
さらにかっこよくアレンジされていて、とてもヨカッタです。

そしてそれ以降も坂本龍一と共作したEventuallyや大好きなWater's Edgeと
今までのライブでは聴けなかった曲も多かったです。

そんなパワフルな中にも緩急つけた曲目で最後は
Girls Just Wanna Have Funと
アコースティック調のGirls Just Wanna Have Funと
さらにレゲエ調のHey Now(Girls Just Want To Have Fun)を
ゴチャ混ぜにした曲で終了しました。

当然、アンコールか、と思ったんですが早々に終了のアナウンスが。
「コレをもちまして、本日のプログラムを全て終了させて、、、」
そっかー、明日は名古屋だからな、などと妙に納得して
かなりの人が出ていくのに習って会場の外に出ていきました。

が、会場出口に灰皿があったので喫煙していると、
場内から「ウォー!!!!」という歓声が!?
エェ?!っと思いあわててまた中に入っていくと
バンドメンバーが準備してました。ビックリ。

2曲アンコールで、最後の曲は
熱いバラードのI'm Gonna Be Strong。
コレも好きな曲です。
最後の盛り上がるところなんか、
彼女の声量にあらためてビックリです。

今年発表予定だったらしいアルバムも来年になり、
今年は特に期待していなかったんですが、
非常によかったです。

しかし、終了のアナウンスってあんなタイミングで流すかなぁ。
SHIBUYA AX、もう少し考えてくれよ。
1/5くらいの人が出てっちゃいましたよ。
だいぶ戻ってきたけれど。
System7/hinotori
2007.08.23 (03:32) musique(O-S)trackback(0)comment(2)
久しぶりにタワーに行って、夏の試聴祭りです。
何枚か手元にキープしつつ、フト見ると、
そこにSystem7が。
s7htr.jpg
そしてタイトルはなぜか「hinotori」。

『テクノにも造詣が深い、手塚治虫の長女・手塚るみ子のコーディネイトの
もとで実現したもの。さまざまな手法を用いて、
時間と空間の移動、生と死そして再生など、
「火の鳥」が放つメッセージの音像化を試みています。』
(CD Journal様より抜粋させていただきました、無断で。すいません)

出だし、スゴイイイです。1分25秒くらい。まぁ、それ以後もイイですが。
明らかにSystem 7でありながらも、
「火の鳥」の幽玄でいて、人間ドラマくさいような雰囲気もカンジさせつつ、
全体的にはトランス。
という、割と聞き飽きた感のあるリズムさえも
マイッカ、コレはコレで、と納得してしまうような清々しさです。

涼しくなった夜にでも、星空を見ながら聴いてみたい曲です。
次回アルバムは「火の鳥」にインスパイアされた
アルバム「Phoenix」だそうです。
フーン。さすが手塚さん。
s7pnx.jpg


しかしCD屋には足繁く通わないとダメですね。
久しぶりだとついついたくさん買っちゃうんですね。
他にも
・The Juju Orchestra/Bossa Nova is Not A Crime
tjobninac.jpg
ドイツ人もビックリの(ドイツ人なのにビックリの)
ファンクなラテンのクラブジャズというカンジ。

・Pedro/You, Me & Everyone
pymae.jpg
コレもナンダカ色々ゴチャマゼ音楽。
等々、色々ヨカッタので、ついつい、、、。
大貫妙子さんのThe Universe
2007.08.30 (04:49) film, télé, radiotrackback(0)comment(0)
近所にいい飲み屋を見つけました。
カウンターだけの、しかも大部分、スコッチの店です。

ボクはウィスキーはあまり好みではないんですが、
ナカナカ興味深く飲めました。
スコッチも、ワインに負けないくらい地域性が反映された飲み物なんですね。
これから色々試してみたいと思います。

しかもその飲み屋の話題がいいんです。
虹彩認証システムは大根の断面で誤作動する可能性がある、とか、
きちんときれいな十字路ではない交差点
(三叉路とか五叉路とか、一カ所が斜めになっている十字路など)
は、昔、河を避けて道が造られたため地盤があまり良くない、
よってそんな地形のところの家には住まない方がイイ、とか、
脈絡無く、地域の話題になったり、ウンチクになったりと、
かなり地元密着型超電磁ナイトクラブ(by 村上龍)です。
イイです。

ほどほどに飲んで帰ってきて、ラジオを聴いてみたら、
J-WAVEで大貫妙子さんThe Universeをやっていました。
大貫妙子さん、彼女の音楽はあまり聴いたことがないのですが、
この人の選曲はイイですね。しかも話も面白いし。

Joni MitchellのBlueを意識して聴いたのも、
彼女のラジオで、彼女の話のおもしろさから、
より一層Blueという曲が印象深くなったんだと思います。
それ以来、Joni Mitchellといえば大貫妙子、
大貫妙子といえばJoni Mitchell、という図式が、
ボクの頭の中にあります。

今日の話も興味深い話でした。
番組の中でもあったのですが、彼女の話す声はとてもイイです。
若い力強さというのではなく、とてもしっかりした声なんですよね。
ゲストの三枝さんの話を聞いて納得しました。

もう5時です。タマコも眠くなったね。
今日は原田知世さんの彼と彼女のソネットでも聴いて寝ます。
tamako070830_01.jpg

tamako070830_02.jpg

home