Carla Bruni/Quelqu'un M'a dit
2007.09.11 (01:40) musique(A-E)trackback(0)comment(4)
やはりもう、秋めいてきましたね。
ワインを飲む気になってきましたからね。
蒸し暑いけど、、、。

そんな今日コノゴロにぴったりな、
Carla Bruniというヒトの曲があるんですよ。
cbqumd.jpg

ボクが聞いているのはQuelqu'un M'a ditというCDです。
かなり話題になったので、知っている人も多いかも。
ボクは最近、ブラジルの友達に教えてもらいました。
そんな彼女、イタリア生まれのフランス育ちで
イギリス人の乳母に育てられたという
なんだかよくわからないんですが、やはり歌詞はフランス語がメイン。
さわやかなCat Powerというカンジ。

土曜の夕方、軽く飲みながら夜の予定の準備ナンカしながら、
だいぶ日が短くなったな、なんてふと、思いつつ聞きたいカンジです。

ちょっとカンジは違うかもしれないんですが、
今年発売されたNo Promisesも聴いてみたい。
こちらは英語みたいです。
日本語のサイトもあるんです。
ゴメン、今忙しいんだ
2007.09.20 (05:57) miaoutrackback(0)comment(0)
最近徹夜続きです。
トラオも退屈そうに、
ボクの足に顔をのせて、
ボンヤリしてます。
torao_070920.jpg

tamashiro_070920.jpg
イ、イスに座りたいんですが、、、ニラムなよ!
週末はみんなで遊ぼう。
22世紀タイプボール型ネコシッターロボ
2007.09.21 (04:54) miaoutrackback(1)comment(4)
最近、ホント忙しかったんです。
でもネコにはそんなこと関係ありません。
執拗な遊ぼうよ攻撃で心身ともにつかれていたところ、
机の引き出しから現れたのは
「未来型ネコシッターロボ(改良型)」でした。

先日、近所のペットショップコジマで、
色々物色していたところ、イヌ用ワンワンボール、なるものを発見!
プラスチックボールの中の重心のズレたところにモーターがあり、
モーター自身がボールの中でグルグル動くため
ヘンナ軌道でグルグル転がっていくという
22世紀タイプのイヌのおもちゃです(中国製)。
「コレだっ!」心の中で小躍りして喜びました。
「アイツらにも使える、、、。」

今まで色々なおもちゃを試したのですが、
自発的に一人で遊ぶということを滅多にしないんですよ。
家にいる時はたいてい、つきっきりで見張られてます、3匹に。
居眠りしながらも。
先日も、ここにも良く訪問してくださるks+さんのところでも
取り上げられていた「Rolly」や「AIBO」なんかあったら
サイコーの遊び相手になるのでは?と思ったんですが、
1,300円でまずは試してみるのが現実的かつ経済的では、、、
と考えました。

やはり、世の中自動化、電動化です。
実際試してみたところ、
単なるボールだとかなりの高速で、ネコ共はビビッてしまい、
とてもネコシッターの役割を果たしていなかったんですよね。
何しろ22世紀タイプですから、超高速です。
なので試行錯誤で改良しました。

まず下のウチにうるさくないようにガムテープをまいてソフトな印象に。
さらに!「ネコは鈴の音が好き」という特性を活かして
ゴムのひもで、鈴の入った小さい玉を接続しました。
欲を言えば敵が攻めてきた時のためにミサイルも搭載しないと、
とも考えたんですが、防衛費削減のため却下されました。

そしてできあがったのが、この「未来型ネコシッターロボ(改良型)」
(特許申請中)
csr01.jpg
ホラ、早くて写真がぶれてしまうほどです。

スンゴイ威力です。
ミナ、茫然と遠巻きに眺めています。
愉快か、不愉快か、といわれると、やや不愉快な印象です。
でも興味はあるらしく、一応つかず離れず注目しています。

まぁ、1,300円程度で一定の効果を上げたことを報告しておきます。
徹夜続きのネコの飼い主の皆様、ゼヒお試しください!
csr02.jpg
最大の弱点はゴムひもがテーブルなどの足に絡まること。
短くすれば解決しますが、注意を引きつけるには長い方がイイです。

せっかく仕事が一段落したのに、なぜこの時間に書き込み?
そう簡単に生活のリズムを戻すことなんてできませんでした、、、。
オヤスミナサイ。
Keren Ann / Keren Ann
2007.09.23 (05:04) musique(K-N)trackback(0)comment(0)
フランス特集、第2弾、Keren Annです。

この人も例のブラジル人に勧められたんですが、
先日のCarla Bruni同様、
「イスラエル・カイサリア生まれ。
父親はユダヤ系ロシア人、母親はジャワ系オランダ人。
11歳までイスラエルとオランダで暮らし、その後家族でフランスに移った。
彼女はイスラエルとオランダの市民権を保持している。」らしいです。
(Wikipediaから抜粋させてもらいました)

聴かせてもらった瞬間、Hope Sandovalかと思いました。
でも彼女より断然健康的。
先日のCarla Bruniに較べると、もう少し軽快でのんきなカンジです。
最初聴いたのはLa Disparition (2002)という2ndで、
Au Coin Du Mondeナンカ、とてもイイです。
そんななかでも、La Corde Et Les Chaussonsは
声にエフェクトをかけたり、音も打ち込みっぽかったりと
コレはコレでナカナカイイです。

気に入ったので、最新のKeren Ann (2007)というアルバムも買ってみました。
こちらは全曲英語なんですが、
個人的にはこちらの方が好きですね。
曲も色々バラエティに富んでいて飽きないです。
kaka.jpg


Hope Sandovalも今の季節イイですね。
最初の出会いは、
The Jesus & Mary ChainのSometimes Always(1994)。
ロードムービーのようなプロモとけだるい歌い方で、
だらしない男とそんな男をうまく操る女の掛け合いを歌った曲です。
かなりよかったです。

そして、The Chemical BrothersのAsleep From Day。
やる気のない歌い方でTrip感を表したかったのか、浮遊感がいいです。
まぁ、ケミカル兄弟ですからね。
さらにはフランスのAirもCherry Blossom Girlで一緒にやっているんです。
このシングルがAir版とHope Sandoval版の2曲入りですが、
ナンカ全然違う曲なんですけど。

自分でもCD(ジャケ、カッコイイ)は出しているんですが、
むしろ、アーティストに人気なのかも。
こちらもゼヒ。
hsbfb.jpg

ブサイク顔
2007.09.24 (15:13) miaoutrackback(0)comment(2)
torao070923.jpg
tamako_070923.jpg
shiro070924.jpg
アレ?やっぱカワイイか(笑)
Chaka Khan/Disrespectful
2007.09.29 (05:08) musique(A-E)trackback(0)comment(3)
あまりこういうのは聴かなかったのですが、
フト耳にしたChaka Khan feat. Mary J. BligeのDisrespectfulが
非常にかっこよかったので、つい買ってしまいました。
ドハクリョクです。

しかしなんとなく聴いたことのあるような、、、。

調べてみたところ、なんか聞き覚えがあると思った原因は
JAM & LEWIS ProduceしたAMERIE/ONE THINGのせいでした。
ふーん。

イヤ、でもスゴクカッコイイです。
飽きやすいかもしれないですけど、
やっぱりスゴイ声だなぁ、と、アルバム通して思いました。
往年の懐かしいサウンドの曲もありますし、
かなり聞き応えありでした。

AMERIEの曲もヒステリックなカンジはナカナカ良かったんですが、
欲しいとは思わなかったんですよね。
その辺にChakaさんのヴォーカルのすごさがあるんでしょうね。
ckft.jpg

うーんなんだかpointer sistersナンカも聴きたくなってきた。

先日ちょっと触れた、The Jesus & Mary Chain、
再結成中らしいですね。
ふーん。
今年もアルバム、暫定1位!
2007.09.30 (23:05) musique(F-J)trackback(0)comment(0)
見つけました。今年の暫定1位。
ボクは新宿タワーレコードに行くと
8階洋楽売り場の南東側のスミにある
ダンスミュージック試聴コーナーにも、必ず立ち寄ります。
タワーの試聴機にはPOPがついていて、
オススメの理由や思い入れのようなちょっとした文章があり、
そのPOPが興味深いと、非常に試聴意欲がわいてきます。

そんなPOPに今回は裏切られて、イマイチいいのないな、
って思ったところでした。
が、フト見ると、
ジャケがエレクロニカっぽくないのにもかかわらず、
「Boards of Canada」だとか「Aphex Twin」だとか
書かれていたので、「これだけ聴いていくか」と思って聴いたところ!
1曲目は完全に釘付けで最後まで聞き入ってしまいました。
即買いました。

あ、Feedle / Leave Now for Adventureのことです。
flnfa.jpg
ほのぼのジャケット。

なんてゆーか、
確かにタワーのPOPのようにBoardsやAphex Twinの要素はあるんですが、
もっとメロディがちゃんとしてるんです。
しかもAphex Twinがすきなノイジーな機械音を
彼らのように音自体をかっこよく聞かせると言うよりも、
それでメロディにしているカンジです。
何となく、昔いたForest for the Treesにも通じる
メチャクチャなものをバランス良くまとめた様な曲です。

ココでも聴けます。
他の曲もスンゴイイイです。
とにかくイイですよ。
home