風邪
2007.10.05 (02:52) miaoutrackback(0)comment(4)
やや、安心したのか、風邪を引きました。
熱はないのですが、
頭がクラクラして、鼻水が止まりません。

今日は打ち合わせの予定もなく、急ぎの仕事もなかったので、
一日寝ていたのですが、
ネコ共も一日、非常におとなしくボクと一緒に寝てました。
おかげでずいぶん良くなりました。

、、、、アッレー?
寝てる時は遊んでくれってアピール、しないんだね。
ご飯くれアピールもしないんだね。
ホント気分屋だなー。てゆーか、寝るの好きだろ?
だいたいさっきまでベッドで寝てたクセに今はやたらウルサイしなぁ。
(主にタマコ)
まぁ、ホントにシカトされるとつらいんですけどね。
tamako071005_02.jpg
torao071005_01.jpg
shiro071005_03.jpg

先日書いたFeedle。
1曲目はSong For Dogs(5分44秒)という曲だったんですが、
ナント7曲目にSong For Cats(2:29)という曲が!
曲の長さからもわかるようにかなりくだけたカンジです。
この曲は特にオススメするほどのものでもないですけど。
横道にそれてTina Turner
2007.10.07 (07:26) musique(T-Z)trackback(0)comment(0)
いつも利用する駅にはチェーン店のトンカツ屋があります。
涼しくなった今でも、体重は65キロ台を維持しているので、
晩ご飯に外で揚げ物を食べました。

店員さん:「当店は全席喫煙席ですが、よろしいですか?」
ボク:「へ?(禁煙の間違いじゃないの?)」
店員さん:「喫煙席のみなのですが、よろしいですか?」
ボク:「あー、、、?タバコは吸えるんですよね?」
店員さん:「ハイ、、、。」
ボク:「、、、問題ないです、、、ゼヒ。」

最近、取引先の初台の高層ビルでも外の喫煙所が一掃され、
新しく喫煙ルームができました。
何度も店がオープンしても潰れてしまうという、ビルのハジッコ、
もっともヒトのアクセスが良くない場所に。
そんなご時世だけに、先のとんかつ和幸の対応は
喫煙者でも戸惑う、(ボクにとっては)非常に親切な対応でした。
揚げ物の後のタバコ、幸せだなぁ。

6月にA Tribute to Joni Mitchellのことを話題にしたのですが、
ナナナント、9/24にはJoni Mitchell本人の新作アルバムが!
サササラニ、9/25にはHerbie Hancockが River: The Joni Letters
という、ジョニ・ミッチェルへのトリビュートアルバムを。
コレにはJoni Mitchell本人も参加しているという、
意地悪な見方をすれば、久々に新作アルバムの宣伝活動?
とも思ってしまいます。
が、彼女にそんな必要はないですよね。

もちろん両方買ってしまいました。
Herbie Hancockの方では、
久々に聞いた、Tina Turnerの歌声がムチャクチャかっこよかったです。
Edith and the Kingpinという曲で参加しています。
この曲、6月のA Tribute to Joni Mitchellでは
同じ曲をElvis Costelloがカバーしているのですが、
きわめて個人的なことで申し訳ないのですが、
彼のもっさりした声がどうしても好きになれないんです。

Tina TurnerのEdith and the Kingpinでは
むしろ演奏を立てて、Herbie Hancockの世界観を崩さない
抑えた歌い方が、曲全体としてとても好印象です。
Tina TurnerとJoni Mitchellという組み合わせも非常に意外で、
Herbie Hancockの敬意を払いつつも何か新しいものを、
という意図なのかなぁ、と。
他にも豪華女性ヴォーカリストが参加してますね。

せっかくなのでTina Turnerと言えば、
Massive Attackの初期の名作、Unfinished Sympathyを
Wildest Dreams(1996)の中でカバーしているのですが、
コレが原曲より洗練されていて、ボクはこちらの方が好きです。
貫禄勝ちです。

このアルバム、全体としてはかなり歌謡曲なんですが、
Stingを贅沢にフィーチャーしていたり、
Pet Shop Boysの世界を取り込んだり(やや違和感あり)、
Missing youという曲ではプロモで若い黒人男性とイチャイチャするという、
(当時、60歳超、ウソでした。56,7歳)モノスゴイ勢いづいたカンジでした。
いつまでもヤンチャなおばあちゃん、と見せかけて、
フランスのテレビではお経(?)を唱えて見せたりと
年の功もカンジさせるナカナカすごそうなヒトでした。
ボクは無宗教ですが、まだまだガンバッテほしいですね。
ttwd.jpg

えーっと、、、Joni Mitchell本人の新作アルバム Shineについては
また後日。
THE QUARTET
2007.10.16 (03:34) musiquetrackback(0)comment(0)
Joni Mitchellを引きずりますが、
「THE QUARTET Featuring
Herbie Hancock, Wayne Shorter, Ron Carter, Jack DeJohnette
Legend Now in Jazz!! Miles Davisに捧ぐ」
(火曜サスペンス劇場なみに長い!)
に行ってきました。
東京国際フォーラムです。
初めて東京国際フォーラムのコンサート会場に入ったんですが、
デカイっ!

ボクの席(S席!?)は2階の後ろから15列目くらいで
ステージまでは約10kmくらいありました(ウソ、でも100mは余裕)。
4人がアリのようです。
A席やB席は会場の中にあるのか疑問です。
演奏前に、晩ご飯がてら軽く何かつまみたいと思ったのですが、
一昔前の高速道路サービスエリアなみのヒドイメニューでした。
でも喫煙所は閉塞感が無く、まずまずでしたね。

さて演奏がはじまりました。
表情なんて全く見えません。
楽器を演奏しているという迫力もまるでわかりません。
そしてついに、
寝てしまいました。
拍手の度に起こされ、寝心地悪かったなぁ。
やはり思いつきで前々日の夜中にチケットをとってもダメですね。
そして、さらに言えば、Joni Mitchellの曲はやらなかったような、、、。
寝てたのでわからないですけど、、、。

東京国際フォーラムは「人体の不思議展」くらいでいいな。
The Micronauts is back!(isだったのか?)
2007.10.19 (05:01) musique(K-N)trackback(0)comment(0)
最近、わかってきたのですが、
トラオは布団を替えると、布団にオシッコします。
布団はオマエのなわばりじゃないんだぞ。

最近寒くなってきたので厚い布団に替えたんですが、
ことごとく夜中にオシッコされました。
昨日は一晩に2回。
布団3枚、シーツ1枚、その下に敷いてあるマット1枚。
朝4時から洗濯機フル回転です。
今日は晴れて良かったなぁ。

ところで、The MicronautsのNew Albumがでていました。
DAMAGING CONSENT & A REMIXES RETROSPECTIVE
dcrrtm.jpg

1998年のThe Jagという曲がBEAT UKでやっていまして、
その不安定なヴォーカルと頼りなげなメロディに一目惚れして
翌日購入した覚えがあります。
tjtm.jpg

2000年にはBLEEP TO BLEEPが出るのですが、
これは特にインパクトもなく、すっかり忘れていました。

が、調べてみると
MADONNAのHOLLYWOODをリミックスしていたり、
12 inch Analogを何枚か出していたりと、ちゃんと活動していました。

しかも今回のアルバムのLimited editionはオリジナル曲と
Underworld/Bruce LeeやMadonna(ただしBollywood)
The Chemical Brothers, Orchestral Manoeuvres in the Dark,
Mirwais, Death IN VEGAS
らの曲をリミックスしたbonus disc付き!スゴイ!

前述のThe Jagを超えるできではないのですが、
(まだ聞き込んでいないですが、、、)
時代の波に流されない落ち着いたピコピコがいいです。
この季節、新譜が多くて財布のひもがゆるみますね。
気をつけないとな。
ひだまり
2007.10.22 (03:35) miaoutrackback(0)comment(8)
最近、いい天気ですね。
tama071022_03.jpg
tora071022_01.jpg
shiro071022_01.jpg

寒くなるに従って日射しが低くなり、
部屋の中にひだまりが。
イイ季節です。
笹川美和さんのライブ
2007.10.27 (16:27) musique(K-N)trackback(0)comment(0)
昨日は笹川美和さんのライブに行って来ました。
チケットは買ったものの、
おとといまでは仕事でいけない予定になってしまったのですが、
急遽、その仕事が吹っ飛び、いけることになりました。
待てば海路の日よりあり(ちょっと違うか)。
smoty.jpg

笹川さんですが、
今年の3月に発売された「まよいなく」というアルバムを最後に
エイベックス・トラックスを離れ、インディーズとして
新潟の実家でのんびりと活動中とのことです。
彼女の新しいオフィシャルブログをみても、
彼女の日常がかいま見れます。

さて、そのライブですが、ヨカッタです。
彼女だけではなく何人かでのライブだったので、
5曲だけだったのですが、秋らしい選曲で、
なおかつ、ほとんどがお気に入りの曲でした。
アレンジもピアノ、パーカッション、ギターと
シンプルな構成で笹川ワールドをよりわかりやすく
単刀直入に表現してたカンジです。
インディーズだからその構成、ということもあるかもしれませんが、
これはこれでむしろヨカッタです。

次回はゼヒ、ワンマンライブに、、、
ムリか、新潟だからな。
新型掃除機導入
2007.10.29 (03:29) miaoutrackback(0)comment(0)
ウチのネコの自慢です。
トラオとタマコは掃除機を怖がりません。
掃除機をかける時はトラオとタマコをブラッシングしつつ、
そのまま掃除機で毛を吸い取ってます。

最初の頃は掃除機にビビッていた2匹ですが、
だんだん気にしなくなり、
試しに彼らの身体に直にあててみても
怖がらなくなってました。
ちょっと前まで全然問題なく、
身体に掃除機をかけていたんですよ。
いい仔です。

が、しかし、先日掃除機が壊れてしまい、
新しいものに買い換えたところ、
トラオはお気に召さないらしく、
ブラッシングはさせてくれても、掃除機は怖いようです。
タマコは警戒してますが、ナントカやらせてくれます。
でもトラオは粘着テープのローラーで
身体をゴロゴロされるのが大好きなので、
良しとします。

シロサンは何か昔、色々恐ろしい目にあっているのか、
やたら恐がりなんですよ。
ブラッシングでさえ、顔周辺はやらせてくれるのですが、
お腹の方をやろうとするとすかさずパンチです。
友達は爪が伸びている時にやられてしまい、流血してました。
当然掃除機なんか、
火星人が攻めてきたように逃げまどいます。

シロサン、写真も苦手です。
カメラをその辺において、慣れさせてからでないと
撮らせてくれないんです。
照れ屋だね、シロサン。

今日はネズミのおもちゃで気を引いて、
撮影させてもらいました。
わがままなモデルさんだ。
shiro071029.jpg
ガウガウッ!
tama071029.jpg
ニャゴォー!
tora071029.jpg
だっりー、、、。
home