ネコご飯をつくってみました。
2008.05.05 (11:51) repas pour les chatstrackback(0)comment(0)
イヌの飼い主の方と、ペットフードについて話したのですが、
不安にさせられる話題が多かったです。
帰ってきてからネットで自家製ネコご飯について検索してみました。

色々あったんですが、
「猫缶って、おいしいの?」というサイトがありました。
ボクも以前は少しつまみ食いしてみたのですが、
おいしいモノもいいんですが、中には非常に生臭いモノがあり、
最近は食べてなかったんです。
おまえらコンナの好きなの?なんて思っていたんです。

この人はかなり食べてますね。
あくまで人間の判断ですが、カナリ色々あるようですね。
しかも自分の判断とネコの食いつきの善し悪しとを
ちゃんと関連させているところもスバラシイ。
ボクなんか、ネコはコーユーの、好きなんだろーなー、
くらいで納得していたんですが、、、。

評価の高いものはオーガニック系の犬猫食研、ワン・フーみたいです。
ただ、このサイトにも書いてあるように「一個人の感想」だし、
しかもコイツらわがままだしなぁ。
高いエサでも見向きもしない時あるからな。
もう少し情報を集めてから試してみようと思います。

なので今日のところは、自分でつくってみました。
おやつ程度のモノなら、
味付けナシ、油分控えめ、食べれないモノ、
くらい気をつければ大丈夫かも。

選んだ素材は、
ホタテ貝柱(小):3コ
和牛(!)挽肉:50g
トリささみ:50g
全てを細かくして少量の水でひたすら煮て、
野菜ジュース(無塩、無糖)を加えてみました。
冷まして早速出してみましたヨ。

こんなカンジ。
nekogohan080504.jpg
じゃーん!

tamako080504.jpg
torao080504.jpg
shirosan080504.jpg
食いつきは良かったんですが、
やはり全部は食べませんでしたね。
ただ、いつもは缶詰をほとんど食わないシロサンも
ケッコウ食べてました。

彼らが残した分は翌日、ショウガとだしつゆを加えて、
そぼろにしてボクが頂きました。
ごちそうさまでした。
The Cinematic Orchestra/Live at the Royal Albert Hall
2008.05.10 (04:10) musique(A-E)trackback(0)comment(0)
最近やたらCD、買ってます。
だって色々出るんだもんなぁ。

特にお気に入りが
The Cinematic Orchestra/Live at the Royal Albert Hall。
出だしのAll That You Giveからもう、ものすごくイイです。
tcolatrah.jpg
以前のalum Everyday に入っていた時は
ハープの出だしもものすごく印象的でしたが、
Live albumらしい歓声からはじまる出だしもナカナカ気分を盛り上げます。

しかも、去年でた Ma Fleur買っていなかったため知らなかったんですが、
最後の曲、Time and SpaceにはリードヴォーカルにLou Rhodesが!
知らなかった。うれしい発見です。

彼女のことは、去年の一年のまとめ
先日の97年モノでもちょっと触れたのですが、
Lambというムチャクチャ暗いtrip hop(?かなぁ)のグループにいたヒトで、
ソロになってからはそこそこ明るくはなっていたんです。
が、この曲では持ち前の陰鬱さを存分に発揮してます。

暗いと言えば、同じようなカンジですが、
97年モノの時にも触れた、Portishead/Third、出ましたね。
これもイイですねー。

ユルユル迫ってくる焦燥感のような1曲目のSilenceからしていいんですが、
音は以前のようなキリキリとした電子音は弱まりましたね。
Beth Gibbonsにしろ、Sadeにしろ、この人しかありえない、
という雰囲気を持っているヒトは方法がどうであれ、
表現する世界観は揺るがないですね。
スバラシイなぁ。
ネコご飯をつくってみました。その2
2008.05.10 (04:21) repas pour les chatstrackback(0)comment(4)
調子づいて、またつくってしまいました。
今回は海の幸豆乳リゾット!

刺身が半額の時間に購入した甘エビとキスと
冷凍ホタテを細かくして、
炊いておいた玄米ご飯とともに豆乳で煮込んでみました。
適当につくっていたら、
コ、コレは、!?
nekogohan080506_01.jpg
じゃーん。
リゾットみたい。
バターとパルミジャーノ・レジャーノ、ニンニク、ハーブ、コショウを入れたい!
香り付けにちょっとオリープオイルをたらして、、、という気持ちを抑え
一口食べてみると、、、。

あれ?ウマイ。全く味付けしていないのに塩味がついている。
ナゼ?
キスに塩味がついていたのかなぁ?
ウーーーン。これはどうなんだろう?
シラスだとか魚の切り身に勝手に塩添加するのやめてほしいなぁ。
まーその方が持ちがいいんだろうけど、、、。
ヨーカドーは別にネコのための店じゃないからなぁ。

心配なので、普通のネコ缶に少し混ぜて与えました。
ナカナカよく食べていました。
だってうまかったモンなぁ。残りはまたボクが食べちゃう。
イヤイヤ、ネコ缶と混ぜたヤツではないですよ。

GW中で、ややのんびりしていたので、
色々つくってみましたが、
今後はあまりやらないだろうな。
Cyndi Lauper / Bring Ya to the Brink
2008.05.18 (15:22) musique(A-E)trackback(0)comment(2)

2005年の11月に書いた記事では、
Cyndi LauperとMadonnaが、
同じくらいにアルバムを出していることを書いています。
そして今回もまた、
Madonna(Hard Candy)と
mhc.jpg
Cyndi Lauper(Bring Ya to the Brink)、
clbyttb.jpg
さらに
Michael Jackson(Thriller 25th Anniversary Edition) も!
mjt25.jpg
(どれがマイケル?右手前の白いヒト?)
そしてコレも懐かしい、The B-52s(Funplex)も新譜がでましたね。
お元気ですね。

Cyndi Lauper(Bring Ya to the Brink)を買いました。
彼女の作品というのは作風の幅がとても広く、
ロックなモノあれば、バラードもあり、
バリバリダンスもあれば、ジャジーな名曲のカバーもある。
R&Bテイストを取り入れたかと思えば、ワールドミュージックがあったり、
ケイジャン音楽のトリビュートアルバム
Creole Bred - A Tribute To Creole & Zydecoに参加していたりと、
文章にしてみるとメチャクチャですが、
曲を聴くとちゃんと彼女の曲に消化されているところがスゴイ。

そんな中で、今回はリズムを重視したといわれています。が、
個人的な印象としては、今までそれほど前面には持ってこなかった、
R&BやHIP HOPな要素を取り入れた曲が気になります。

特にお気に入りの曲は
3曲目のRocking Chairという曲。
攻撃的なテンポの曲調に機械的なキンキンしたカンジの歌声をのせて、
退廃的な世の中のことから目を背けたい、
というような内容の歌詞を歌い上げています。

あと、アルバムタイトルであるBring Ya to the Brinkという言葉を織り込んだ
5曲目のLyfeもカッコイイ。

12曲目のRain On Meという曲も、
以前なら優しいバラードにつくりそうなところを
全体的なアルバムの印象に合わせてエレクトリックなカンジで
キレイにまとめていて好きです。

なかなかの意欲作ですよ。
OSX、本格導入中です。
2008.05.27 (01:52) mac, computer, mobiletrackback(0)comment(2)


osxm.jpg
(注:画面はハメ込みです)
オタクなビックカメラ(小田急ハルク店)店員さんの
とてもためになる親切なご指導で、
かなり前から引きずっていたOSX導入意欲に拍車がかかり、
ようやく新型Mac導入に踏み切りました。

とりあえずは仕事に必要なアプリケーションなどとATOK、
さらにiPod Classic(80ギガ)、Wireless mighty mouseを
店員さんオススメの上から2番目のiMac(最新型!(自慢))と共に購入しました。
さらにOS9のMac用に液晶モニタも!
色なんてチャートで見ればいいや。
(まだまだOS9とOSX併用です)

セットアップは今までの経験から言って、
うぅぅメンドクサイ、という気持ちだったんですが、
そんな気持ちを直視せず、無心で箱から出して、セットアップを。

セットアップ自体は驚くほどカンタン。
その後1日がかりで色々アプリをインストールしたり、
デスクトップを単色灰色にするなどのカスタマイズをしたり、
色んなフリーソフトをダウンロードしたり、
OSXの使い方をさぐったり、、、と。
やっぱりメンドクサイ。

しかし、もっともムカついたことは、
前のOS9のMacから、iTunesのプレイリストを一つずつ保存して、
そのデータをOS9でもOSXでも認識する第2世代iPodにコピーして
それをまたOSXのiMac(最新型!(自慢))にコピーして、
それをiTunesで読み込んだら、ナゼか「見つからない曲があります」、
なんて言われちゃうんで、またOS9Macも立ち上げて
リストを比較して足りない曲を探し出して、
それを延々やり続けて、、、
ギャァァァァァァァァーーーーーーー!!!!!!!!!
途中で投げ出しました。

ダレかイイ方法、知りませんか?

あ、あと、だいぶ前に書いたNissan X-TrailとQashqaiのCM動画
iPod Classic(80ギガ)に入れて、みんなに自慢していたら、
「今さらiPodで動画見るくらいで喜んでンじゃねーよ、ニヤリ」。
「、、、。」

Wireless mighty mouseはモノスゴク便利!
OS9のマウスでもつい、スクロールボールを指が探しちゃいます。
久しぶりに彼らに会いました。
2008.05.27 (02:46) livre, magazinetrackback(0)comment(0)
検死官シリーズ、って本、ご存じですか?
パトリシア・コーンウェルという人の作品で、
もう1990年くらいからはじまった、サスペンス小説のシリーズで、
以下同文ですので省略。

ナント去年の年末に出てたんですね。
うっかりしてました。

今回の話はデスネ、内容はいつもの様に殺人事件を、、、以下略。
シカシですね、今回はちょっと、
今まで培ってきた財産を切り崩しているような気がして、
読んでてややムカムカしますね。
マリーノのことは、こんな展開もしょうがないかな、
と思います。かわいそうだけど、これによって次回作も売れるだろうし。
スカーペッタが若返った時点で、
なんとなくベントンとの三角関係がどうなるのかと煽られている気がしたので、、、。
でも、、、、。

この小説は読んでいて、ホントに精神的に消耗するんですが、
所々にホッとする息抜きがあるんです。
スカーペッタの料理の話や、庭いじりでの動植物の話、
最新の科学的捜査法のトピックスなど、
ほんのわずかなのですが、明るい話題が盛り込まれています。

ですが、一番の息抜きは、
しっかり者で、ガンバリ屋過ぎるが故、
家族とうまくいかなかったスカーペッタが
唯一、常に、正しい意見として受け容れる(しぶしぶながらも)、
ローズという、スカーペッタの秘書との会話です。

そんなボクのお気に入りのキャラクターの一人であるローズ、
(まぁ、全部お気に入りですが、特に)
彼女はそっとしておいて欲しかったんですよね。

ローズとスカーペッタのやりとりは、
先生(ローズ)と生徒(スカーペッタが)とか母と娘のような関係で、
決まり切った、ホッとする安全地帯だったんです。

イクラちゃんの言っていることはタエコさんが翻訳する、というように、
少ない会話で全てが和むという、
物語の中では唯一無二のキャラクターだったんですよね。
(まぁ、みんなそうなんですが、、、。)
「それが現実」というような現実社会のことは通じない存在だと思っていたんですが、
このアメリカ人めー!

ホントにそれでいいんですか?コーンウェルさん。
スカーペッタを若返らせたように、ローズのこともなんとかしてください。
死んだヒトを生き返らせたこともあるんですから、
ローズの場合はなんの問題もないと思いますよ。
ボクが許すし。2年待とうじゃないか。
オープンカーで旅行!
2008.05.30 (04:17) voyagetrackback(0)comment(2)
もう5月も今週で終わりです。アジサイも咲き始めました。
ボクは実は、今週末、
(ネコ同居後では)年一回の1泊旅行で、福島に行ってきます。
クライミングのイベントを手伝うというか、冷やかしなんです。
どちらかといえば、単にはるばる飲みに行くだけなんですが、
ネコがきてからというもの、1泊旅行なんて、
この時くらいしかないんです。
ちょっと贅沢したいじゃないですか。

というわけで、
レンタカーを借りました。
車はほしいが必要性がないので、自分の車はないんですよね。
なので、特に非日常性を重視して、
オープンカーなんていいな、と。

ネットで検索してみたところ、ほとんどないんですよ。
レンタカーって意外にも選択の幅がないですね。
NISSAN 350Zのロードスターがよかったんですが見つからず、
かといって撮影用の車のレンタルは高いし、
やはりマツダのロードスターが常識的だろうと思い、
1ヶ月前から予約しました。

世の中が浮き足立っていた、ゴールデンウィーク頃、
仕事をしながら、コツコツ探したんです。
オープンカーは人気なんで、早くから予約を入れないといけないんです。

さて今週末ですが、雨のようですね。
最近ずっと、週末は雨ですね。
今までは週末も特に出かけなかったんですが、
今週も雨のようですね。しかも寒そうですね。
すがすがしい風と雨にさらされて、
東北の山道を走りますかね。
意地でも幌をたたまないとなぁ。
みてろよー!
mzdrdstr.jpg
こんなカンジ
home