「ターシャ・テューダーの世界」相原真理子訳
2008.06.30 (04:06) livre, magazinetrackback(0)comment(0)
先日亡くなられたターシャ・テューダーさん
色々検索してみたところ、
いくつかの本の訳を、あの相原真理子さんがされていました。

相原さんと言えば、
ボクの中では「検死官シリーズ」
ここでも何回かふれているんですが、
パトリシア・コーンウェルという人の作品で、
もう1990年くらいからはじまった、サスペンス小説のシリーズです。

殺人現場の遺体やその周辺にある微物などを
科学的な捜査方法を駆使しつつも、
心理的な描写や、人間関係、生活環境のことや
気の利いたちょっとした会話などを織り込み、
登場人物に愛着を感じさせてしまうほど引き込まれる文章です。

ドロドロした中にもホッとするシーンがあり、
ドンドン彼らの世界に引き込まれていくのは
もちろんパトリシア・コーンウェルの物語がすばらしいこともあるのですが、
やはり翻訳の力も大きいと思います。
翻訳物の本ではたまに、
訳しているヒトもなんのことなのかわかっていないのでは?
という意味不明な文章がありますよね。
そうなると読んでいてフラストレーションがたまるんです。
検死官シリーズは話の性格上、かなり専門知識を必要とすると思うのですが、
彼女の訳はわかりやすく、ストレスなく読めました。

そんな彼女が自分で営業までした「ターシャ・テューダーの世界」、
読みたくなります。
彼女の言葉で、含蓄のあるターシャの考えを読んでみたいです。
早速明日、本屋を回ってみよう。
tpwott.jpg
ベッドの秘密
2008.06.30 (04:29) miaoutrackback(0)comment(2)
ベッド、立ててるんです、普段。
ベッドをトイレにしてしまうヤツがいたんです。

状況証拠ですが、おそらくシロサンが、
ボクが目を離した隙に、コッソリオシッコするんですよね。
でも今ボクのそばにいなかったの、シロサンだけだったからね!

さすがに5日間毎日、さらに1日2回やられて発狂しました。
なので、苦肉の策で、ベッドを立てかけることにしました。
腰が痛いのに毎朝大変です。

おかげでこうしてからもう2ヶ月くらい、ベッドでオシッコされてません。
が、最近、立てかけているベッドに登る方法を見つけたようです。
タマコとトラオはちょっと離れたチェストからジャンプ、
シロサンは壁とベッドの隙間を這うように登ります。
シーツ穴だらけです。
頼むから側面にはオシッコしないでね。
toratama080630.jpg
タマコとトラオだけでなくシロサンも登ります。
home