DOGORA - OUVRONS LES YEUX / Patrice Leconte
2008.07.07 (01:34) film, télé, radiotrackback(0)comment(0)
pldgr.jpg
この映画についてザックリ説明すると、
ルコントがエティエンヌ・ペルションの「DOGORA」という曲に感動し、
またその後、彼がカンボジアを訪れた際に感じた
その国の人々が持つエネルギーに感激し、
この二つを合体させることによりつくられた映画です。

、、、というのはこのDVDを見終わった後に色々調べて考えた説明なんですが、
最初はジャケットに惹かれて手に取ってみたら
Patrice Leconteの作品だったので、
つい買ってしまっただけだったんです。
何となくRon FrickeのBARAKAのようなものかな、と
思ってみたんですが、違いました。

BARAKAは映像がまずあって、音楽をつくっていった印象なんですが、
DOGORAの方は先ほども書いたように、
音楽があり、それからイメージしたものに対して、
シーンを選んでいったというような、真逆な作り方な気がします。

生と死であったり、動物とヒト、昼と夜、路上とダンスホールなど、
シーンを対比させて見せたり、
同じように繰り返されながらも少しずつ変化していく情景などが
人間の、というよりもボクらが住む世界の
力強さ、柔軟さ、美しさを感じさせます。

また、どのシーンから見ても、
何かこれからストーリーが始まるのではないかと見入ってしまう、
思わせぶりな映像が、やはりフランス映画を見ているのだ、
と気づかせます。
ストーリーを追うようなことはしなくていいのですが、
それだけにワンシーンも目を離せなくなる映画です。

ゼヒ、暑さでネコがぐったりしているスキにでも見てください。
ブラジルといったら鶏肉だね。
2008.07.10 (00:07) journaltrackback(0)comment(0)
食品偽装問題、白熱してますね。

今日の給食用鶏肉の件ですが、
どうなのかなぁ、とちょっと疑問です。

まぁ、個人的な考えですが、今回のことは、
むしろコミュニケーションに問題があったんじゃないかと思うんですが、
どうでしょう?
村尾さんには、もう少し踏み込んでほしかったなぁ。

全くの推測ですが、
仕入れ業者というのはたいていは同じところから注文しますよね?
普段は手に入るものの中から、
質と価格のバランスを考えて納品していたと思うのですが、
最近の食品汚染過敏症によって、
(コレも推測ですが)
急に、国産品だけにしてくれと頼まれたのだと思うんです。

毎日のことだし、
提携しているところだけでは間に合わないこともあると思うんですよね。
そこで、「ブラジル産の鶏肉は油も少ないしイイんですよ。」
と、交渉すべきだったんでしょうね。

でも給食は献立が決まっているしなぁ、
いまさらもう間に合わないし、、、。
急に勝手なこといわれても困るんだよなー。
コレ断っちゃったら、次から仕事こないだろーなぁ。
ブラジル産なら国産と比較してもそんなに品質も悪くないし、
今まではそんな細かくいわれなかったし、
○○産じゃないしな。
マイッカ。
(フィクションです)

鶏肉自体には問題はなかった、
ということは論点ではないですよね、
気持ちはわかるけど、、、。

ボクもネコの餌、つくってます。
材料の原産国、チェックします。
でも国産品だからといって安全ではないということは、
ミンナも知ってますよね?
文句だけ言うのは簡単ですよね。
鶏、自分で絞めたことあります?
Tricky / KNOWLE WEST BOY
2008.07.16 (04:19) musique(T-Z)trackback(0)comment(0)
タワーで色々物色していると、
Portishead/Thirdに続けとばかりに(?そんなことはないです)
ブリストル・サウンドのヤンチャ坊主、Tricky
約5年ぶりに新作''KNOWLE WEST BOY''をリリースしてました。
trkykwb.jpg

早速試聴です。
10年くらい前に比べると、ややゆったりしたおおらかなサウンドです。
トゲトゲしさも弱まり、大人になったなぁ、なんて思っていると、
ナ、ナ、ナント、聞き覚えのある曲が、、、。

?コレってKylie MinogueのSlowでは????
悪くないアレンジだけどなんかヘン!
くだけたなぁ。
コレは買うべきなんだろうか?
ちょっと保留にしておこう。

と思って、ネットで色々調べてみたところ、
先行シングル''Council Estate''が彼のmy spaceでみれました。
うーん、悪くないけど、
彼のドスのきいたようなかすれた歌声は
昔のラリったような曲調の印象が強くてなんか違うなぁ。
3曲目のJosephは単調さがなかなかイイです。
でも購入には至らないなぁ。おしい。
最近、、、
2008.07.18 (00:24) miaoutrackback(0)comment(0)
暑いですね。
ネコ、ぐったりです。
最近、ネコを濡れ拭きしています。
これで少しは涼しくなるかな。
tamako_080717_01.jpg
shirosan_080717_01.jpg
torao_080717_01.jpg
サヨナラOS9、、、
2008.07.25 (02:48) mac, computer, mobiletrackback(0)comment(3)
あっついですね、毎日毎日ボクらは鉄板の上だし、、、。
この暑さのせいか、寿命なのか、OS9がほぼ死亡しました。
まだ、かろうじて5分くらいは起動しますが、、、。
oldos9mac.jpg
おそらくハードディスクがイカレました。
しばらくすると、カッ! カッ! カッカッカッカッカッ!
と音がしはじめて動かなくなってしまうんです。
最初のうちはアイスノンだとか、扇風機だとか、
ボディの蓋を開けて強制的に冷却してみたんですが、
もういい加減、仕事をする状態ではなくなってしまいました。

もう9年近く働いてくれたから、大往生だったのかもしれません。
ひょっとすると、新しいiMacがきて、機嫌を損ねちゃったのかな。
アリガトウ、お疲れ様。

でも、仕事はしないと。
というわけで、選択肢は2つ。
すべてOSXに移行して、Quark6.0やfontを買いそろえるか、
でなければ、中古のOS9のMacを買って以前の使用環境に合わせるか。
ある意味、跡取り問題です。

newos9m.jpg
そしてヨロシク、
NEW OS9。
結局、安定性と継続性を重視して、ソフマップで中古のOS9Macを買いました。
6万円くらい。
あと、そのまま持って帰りたかったので、
1,500円くらいのキャリアーをソフマップの店員さんの薦めで購入。
(スゴイ!お客のかゆいところに手が届くサービス!)

事前に機能拡張やら初期設定をコピーしておいたのですが、
所々物理的に壊れていたらしいHDDからコピーしたため、
いろいろなファイルを交換しなければならず、
しかもインストールし直さなければならないものもあり、
丸一日仕事でした。

それでもまだコピーし忘れたものもあり、
(起動できる時間が限られているので、
最小限のデータをコピーしていたためです)
モニターをつなぎ替えて、瀕死の状態の旧OS9Macから
必要なファイルをコピーしては、
またつなぎ替えて新型OS9Macに移しと、、、。
何となく、葬式ってたいへんだなぁ、なんて思いつつ。

中途採用の新型OS9もガンバッてね。
iTunes store U.S.A.でお買い物!
2008.07.29 (05:37) musiquetrackback(0)comment(0)
フゥ。
「例のあの人」と戦っていたらこんな時間になってしまいました。
もう寝る時間ないなぁ。


ところで長年の問題になっていた、iTunes store U.S.A.の件が、
ようやく解決しました。

特にソニーに所属しているヒトの場合、
Macユーザーはその人の曲をダウンロードで購入できないばかりか、
Amazon.comやiTunes store U.S.A.のmp3を購入することができなく、
いつも歯ぎしりしてムカムカしていました。

Amazon.comでmp3をダウンロードすることはできないんですが、
iTunes store U.S.A.では購入する方法があったんです。
オークションで買えないものはないですね。
itmcusa.jpg
あーよかった。

いろいろな曲のリミックスや、iTunes storeのみでリリースされた曲、
日本のiTunes storeでは売っていない曲、色々買っちゃいました。
こんなところもありました。
シロサン、エクボ
2008.07.31 (22:07) miaoutrackback(0)comment(0)
アレッ?!シロサン、エクボができてるよ?

そんなことってあるのか?
ネコは表情筋が少ないのに。
shirosan080731.jpg
矢印のところです。

毛をほじくり返して、よく見てみたら、
ナ、ナ、ナントッ!ハゲじゃないですか?コレは?!
エエエェエェェエエェェェェッェェッェェーーーーーッ!!!!
ウーン、やはりストレスあるのかなぁ。
マズイなぁ。
home