読書の秋なので
2008.10.10 (17:13) livre, magazinetrackback(0)comment(0)
至る所でキンモクセイが香り、
コオロギがやたらと鳴いていますね。
kinmokusei081010_2.jpg

新聞、最近、重たい内容ばかりですよね。
駅で買った新聞を、
電車の中で見出しだけ目を通して、
Segafredoでゆっくりとコラムを読むのが日課になってます。

キオスクで買うのは毎日新聞。
家でとっているのは読売新聞。
大した違いはないけれど、簡潔に言うと、
毎日は読売より気持ちが安らぐ記事が多い、気がする。
写真もイイ。

先日、毎日新聞社会面の「こもれび」というコラムには、
保育師を目指している、68歳元数理物理学の大学教授の話が載っていました。

そのコラムは一人称で書かれているような印象で、
物語のワンシーンのようでよかったです。
記者が取材した記事なのに。

それと毎日新聞は紙面のレイアウトがわかりやすい。
読売は記事の続きがとんでもないところにあることが、たまにあります。
毎日新聞は読みやすい。朝日もわりとキチンとしたレイアウトですね。

読売のコラムにロザンの宇治原さんが書いている
「蛙鳴蝉噪(あめい‐せんそう)」というコラムがあります。
大分前ですが、「勉強がツマラナイのは、意味を納得できないから」、
という全くあたり前と思っていたことを、
わかりやすい例え話で説明していました。
すごく納得のいく説明でした。
ボクが言うのもなんですが、文章はヘタクソですが、
いいたいことはよくわかる話でした。

それと、読売夕刊社会面(月~金)には
「記者ときどきわたし」というコラムがあります。
コレは読売グループの色々な記者が、
担当した事件の裏話や自分の生活に絡めて感じたことを
小さなコラムにまとめてあります。

ヒトによって視点も感じ方も様々で、また文章力の個人差もあり、
毎日楽しみにしています。
読書の秋ですね。
The Unbending Trees / Overture 続報
2008.10.11 (04:14) musique(T-Z)trackback(0)comment(2)
iTunes Storeで買い物してます?

最近、色々CDを買っていました。
ですが、Macに読み込んでは積み重ねられていくCDをみていて、
これらのCDは今後聞くことがあるのかな?
と、一抹の寂しさのようなものを感じたんですよね。

そして先日、ちょっと前に書いた、
The Unbending Trees / Chemically Happy (Is the New Sad)
やたらとよかったのと、
ボク御用達、新宿Tower RecordにはそのCDがおいていなかったこともあり、
iTunes Storeで購入してみました。
1,500円。安い。

勢い余って、去年出たTracey Thorn / Out of the Woodsも購入。
コレも1,500円。安い。
さらに前から待ちかまえていたJoan OsborneのNew Album、Little Wild One。
コレなんか1,700円だけどDigital Bookletもついているし、買っちゃえ。

でも、しばらく経って、ちょっと使い分けの基準が解ってきました。
気に入ったアルバムはCDで購入。
シングルや一曲だけならmp3で購入。
やはり、気に入ったCDは形として手元に残したい。

The Unbending TreesのOverture含めアルバム全曲、
よかったです。
ソフトTom Waits、というような
柔らかい荒々しさを少しの洗練で包み込んだような。
またOvertureではTracey Thornの歌声が、コレをさらに優しく絡み、
ジョギング中だって思わず聞き入ってしまうくらい、
もうマイッタ、というほどお気に入りです。

うーん、たぶん、街で偶然このCDをみたら、きっとまた買っちゃうな。
Overtureはボク的に、今年の暫定年間1位ですよ。
Van She / V
2008.10.13 (12:26) musique(T-Z)trackback(0)comment(0)
というわけで早速新宿Towerに行ってきました。
なんと驚くべきことに
2006年最大級のヒット曲(当社比)、
Van Sheのアルバム V がすでに売られていました。
さすが新宿Tower。
vsv01.jpg
vsv02.jpg

このアルバム、オーストラリアのiTunes Storeでは
だいぶ前から売っていたのですが、
日本に住んでいるボクには購入する方法がなく、
しかもamazonでは明日発売なんですよね。

Van Sheはオーストラリア、シドニーのバンドで
Nick Routledge、Matt Van Schie、M、chael Di Francesco、Tomek Archer
の4人組です。
彼らのmyspace、あります。

で、このNew Album ''V''ですが、
80年代サウンドをしつこくない程度に取り入れた
Van Sheらしい楽しげな曲揃い。
Kelly(EP)を聞いた時ほどのインパクトはないけれど、
全体的にレベルの高いできばえ。
特にThe Sea、Talkin'、So Highなんかとてもイイ。
しかもシングルカットされたKellyのAlbum Versionもはいっています。
コレもナカナカさわやかです。

連休中、家で仕事してるヒトも気分さわやかになれます。
シロサン総力特集
2008.10.22 (03:17) miaoutrackback(0)comment(0)
081022_shirosan01.jpg
081022_shirosan02.jpg
081022_shirosan03.jpg
081022_shirosan04.jpg
081022_shirosan05.jpg
少し大きくなります。
20th J-WAVE Archives J-WAVE TOP 40
2008.10.23 (04:16) film, télé, radiotrackback(0)comment(2)
最近、深夜のラジオを聞きながら仕事しています。
2時からJ-WAVEでやっている、
20th J-WAVE Archives J-WAVE TOP 40 です。

この番組は、J-WAVEの20周年を記念して、
過去のTOKIO HOT 100のチャートを振り返るというだけの番組です。

始まったときは、
もう大貫妙子さんの「the universe」がきけなくなった、
という逆恨みで、憤りを感じながら聞いていたものでした。
しかしだんだんとその怒りも収まってきまして、
多くの懐かしい曲にその頃のことを思い出しながら、
ネコどもに邪魔されながら、
コツコツ仕事しています。l

今月は過去の年間チャートを振り返るという企画です。
イヤイヤ色々な曲がありましたね。
おかげで今、ボクの中では
MY NAME IS PRINCE/PRINCE & THE NEW POWER
(1992年年間チャート27位)
mnippatnpg.jpg

SCREAM / MICHAEL JACKSON & JANET JACKSON
(1995年年間チャート29位)
scream081023.jpg
が、爆発的ヘビーローテーション中です。

PRINCEとMICHAELって、
ボク的にはコンビニ弁当の漬け物みたいな存在なんです。
ドギツイし、しょっぱいし、あってもちょっとしか食べないか、
全く食べたくない、と思うときもある。
、、、だけどないとちょっとクチ寂しいような。

そんな彼らの曲も数曲はお気に入りの曲があって、
上記の曲もそこそこ好きでした。
SCREAMはP.V.がすごくかっこよかったので、
むしろ映像の印象の方が強かったです。

今回ラジオから音楽だけを聴いていたら、
曲のカッコ良さに仕事を中断して、
iTunes Storeで即買いです。
やっぱりバケモノ(↑画像)兄妹スゲェ!!!

以前はカッコイイ曲なのに構成が複雑だなぁ、
と思っていたんですが、
今となってみれば、この回りくどいくらいの展開が心地よい。

そしてThe Artist Formerly Known As Prince。
(殿下は今またプリンスに戻ったんでしたけ?)
当時、この曲、MY NAME IS PRINCEを聞いたときも
深夜のラジオでした。
MY NAME IS PRINCE!!!
「ワカッタワカッタ、いや元々知ってるし」
と不愉快さを通り越して、もう参りました、と思ってしまうような
ものすごいインパクトでした。
憎めない人です。

今になっても全く色あせない曲ですね。
いやこの2曲はホントに今また再ブーム大ヒット爆進中です。
居候シロサン、総力特集 その2
2008.10.24 (04:20) miaoutrackback(0)comment(2)
081024_shirosan08.jpg
081024_shirosan16.jpg
081024_shirosan15.jpg
081024_shirosan04.jpg
081024_shirosan09.jpg
画像、少し大きくなります。
さよならシロサン、総力特集その3
2008.10.31 (00:18) miaoutrackback(0)comment(0)
去年3月にうちにやってきたシロサン、
10月いっぱいをもちまして、
とうとう本来の飼い主のもとに移ることになりました。

元々は生まれも育ちも沖縄の元ノラ、シロサン、
本来の飼い主とともに来日し、
しばらくうちで預かることになったのです。
しかしもう1年以上経ち、
タマコとケンカしながらもすっかりうちの一員になっていました。

ノラだったためか、トイレもナカナカできませんでした。
今でも服を脱いだままにしておいたり、
靴を出しっぱなしにしていると、
そこでオシッコして注意してくれます。
テレビの上、タンスの上、ベッドの裏、
お気に入りの場所もできました。

新しい家でも楽しくノンキに過ごしておくれよ。
馴染めなかったらいつでも帰ってきな。
じゃーまたね。
081024_shirosan13.jpg
081024_shirosan02.jpg
081024_shirosan14.jpg
tts081030_01.jpg
tts081030_02.jpg
かなり仲良しになりました。
画像、少し大きくなります。
home