Light Through The Veins / Jon Hopkins
2009.06.20 (04:29) musique(F-J)trackback(0)comment(3)
久々の音楽ネタです。
まずはコチラ(リンクはYouTube)。

Voxel from Ubik on Vimeo.

Voxel(ubik)なんですが、
映像フェスティバルF5で発表された作品のようです。
イヤイヤ、カッコイイ。

で、その音楽が
Jon HopkinsさんのA Drifting Upです。
この人がとてもいいんですね。
この人の曲を夜通し仕事の時にかけていると、
ちょうどいい緊張感と心地よさで、落ち着いて仕事ができます。
暗すぎず、ボンヤリしすぎず、落ち着きすぎず、
「サイコーニ、チョードイィ!」ってショーンくんも言ってました。
なにしろ、Bill Evansをかけているとき並に、ネコが静かになります。
ただ最近の作品の、Aphex Twin的ノイズは、ネコ的にはやや不評っぽいです。

元々この人のことをなぜ知ったかというと、
Coldplay好きの人から、
「ColdplayのLife In Technicolorの前奏で使われている、
Jon HopkinsのLight Through The Veins、イイヨ」
と薦められたんです。

Coldplay/Viva La Vida(2008)のサブプロデューサーとして参加しているらしいので、
Life In Technicolor用のワンフレーズをふくらませた曲なのか
どっちを先につくったかなど、細かいことはわかりませんが、
梅雨のじめじめした気分が、みずみずしい爽やかな気分になりますよ。

お試しアレ。


コッチはColdplayのLife In Technicolor。
home