最新オモチャ
2009.12.03 (00:15) miaoucomment(4)
最近、ありがたいことに忙しくしています。
まぁ、彼らも寒くなってきて動きが鈍くなってきたので、
都合はいいんですが、
たまに突然、遊んで攻撃になるんですよね。
それはいいんですが、
最近今までのオモチャに飽きてきて、非常に退屈そうなんです。

そこでっ!!!
もう退職したと思われた「22世紀タイプボール型ネコシッターロボ」、再登場です。
nekositterrobo.jpg

こんなオモチャ、売ってますよね。袋の中でカサカサするヤツ。
コレを特大買い物袋に入れて、ガムテープで塞ぎ、スイッチオン!
shingata_01.jpg
トラオ:「ニャ?ニャニャッ!!!」

shingata_02.jpg
トラオ:「オリャーーーーーッッッッ!!!!」

shingata_03.jpg
タマコ:「グォリィャャャーーーーーッッッ!!!」
shingata_04.jpg
タマコ:「でもこのカサカサする袋でマッタリするのも魅力的、、、。」

shingata_05.jpg
トラオ:「ドリャァァァァァーーーーーーーーーッッッッッッッ!!!!!!!!」

tamako091203_01.jpg
タマコ:「ガキ、、、、」

オモチャの出来具合を見てるウチに、2匹とも飽きました。
制作時間+見てる時間=休憩時間でした、、、。
アイツらに遊ばれた気がする、、、。
シェーーーーーーーーー、、、、、
2009.12.09 (22:55) miaoucomment(5)
12月、忙しいなあ。
ここ最近ではめずらしい、カワイイ写真でとりあえず。
torao091128_01.jpg
tamako091128_01.jpg
シェーーーーーって、やるネコ、多いですよね?
画像、ちょっと大きくなります。
Charlotte Gainsbourg / IRM
2009.12.15 (03:38) musique(A-E)comment(2)
←出たー!クリスマスツリー!

それはいいとして、Charlotte Gainsbourgの新作、IRMが非常にイイです。
CGIRM.jpg

前作5:55もとてもお気に入りで、今でもよく聞いています。
でも、なんというか、Air featuring Charlotte Gainsbourg、
というカンジがしていたんです。
ちょっと彼女の才能を侮っていたのかもしれません。
本当にゴメンナサイ。

だって今回のアルバムは全然違うのに、
これまたスゴクかっこいいんですよ。
コレもbeckのおかげ?
イヤイヤ、歌い方だって色々変えていて、しかもサマになってるし、
色んなジャンルをうまく消化してる。

beckとデュエット。

特に好きなのが
11曲目のDandelionと12曲目のVoyage。
くどくなりがちな路線をうまいことpopにしてます。

今年のベストだな、と思い、タワーでCD買おうとしたところ、
発売は来年1月だそうです。
amazonでは売ってるんだけどなぁ。
とにかくオススメです。

念のため、ネコ写真も。
torao_091215.jpg
tamako_091215.jpg
もう年末、書き残したもの特集。その4:THE BPA
2009.12.16 (04:01) musique(A-E)comment(4)
夏頃、友だちからTHE BPA / I Think We're Gonna Need A Bigger Boat
というアルバムを貸してもらいました。
bpaitwgnabb.jpg

コレ、Fatboy Slim というべきか、
The artist formerly known as Norman Cook というか 、
まぁ、その彼が70年代からのとりためた幻のテープが発見されたことにより
復活したプロジェクトだそう。もうすでにバカバカしい(褒め言葉)。

Fatboy Slim、かなり流行っていたときはちょっとは聞いたんですが、
まとめては聞くと疲れちゃうような印象だったんです。
今ではフィットネスクラブで運動するときたまに聞くくらいです。

が、このアルバムはイイんですよね。
なんかのどかで、バカバカしくて、流して聞けちゃう。
特に好きなのが
1曲目 Feat. Iggy Pop の He's Frank (Slight Return)、
5曲目 Feat. Justin Robertson の Island、
9曲目 Feat. Simon Thornton の Superman、
10曲目 Feat. Cagedbaby の Superloverなどなど。
David Byrne だって楽しげに歌っちゃう。

よい子は見ちゃダメ。
バカバカしすぎるので、、、。

有名人の mixed tape みたい。
年末、家で忘年会、って時にイイと思います。
ネコ用!!!!茶碗蒸し
2009.12.19 (22:21) repas pour les chatscomment(9)
最新ニュースです。
SADE が来年、ニューアルバムを出すようです。
楽しみだなぁ。

なんだか音の雰囲気が変わったなぁ。

今日一日、家で仕事だったため、
気分転換で、料理をしました。
じゃじゃーん!
nekochawanmushi.jpg
ネコ(用)茶碗蒸し!
普段から作り置きしてある、ネコ用魚介と野菜のスープで溶き卵をのばして、
茶碗蒸しにしてみました。
タマゴ(白身だけ?)は生で与えるのはダメらしいんですが、
火を通すとアビジンという酵素が失活するため大丈夫らしいです。

コレは今までつくったネコゴハンの中でも、
1、2を争うほどの大人気でした。
タマコは最初は警戒してましたが、食べ始めたらバクバクでした。
また今度、つくってあげようね。
tamako091219.jpg
torao091219.jpg
merry christmas
2009.12.25 (12:28) journalcomment(7)
2009xmastree.jpg
toratama091225_01.jpg
むちこさん、ありがとうございました。
今年のまとめ'09
2009.12.30 (15:59) musiquecomment(8)
お疲れ様です。
早いもので、今年も後わずか。

毎年年末に、今年よく聴いた曲、新旧問わず、
CD1枚分に入る分だけを選曲する、ということをしています。
こんなカンジ
今年は小粒でよい曲が多くて、選曲に苦労しました。
2枚組にしちゃおうかと思うくらい。

01. Fantasy Nation / Kordan
  Fantasy Nation EP (2009)
  ちょっと懐かしいカンジのエレクトロなロック。
  若い、とは思うのだけれど、それもよかったなと思わせます。

02. Something to Write Home About / I Am Robot And Proud
  Uphill City (2008)
  以前書き込みをしてくれた上野さんが自身のブログ上で紹介していた曲。
  今年もっとも聴いた曲ベスト3に入ります。
  オーガニックな印象すら受けるエレポップ。

03. Canvas / Imogen Heap
  Ellipse (2009)
  コンスタントにイイ曲を出している彼女、
  今回のアルバムは小粒な印象でしたが、適度にイイ曲がそろってます。
  この曲はその中では別格のお気に入り度合いで聴いていました。P.V.もイイです。

04. Voyage / Charlotte Gainsbourg
  IRM (2009)
  5:55 といい最近の彼女の音楽活動はモノスゴイ!
  beckもairも喰われてしまった気さえします。  
  滑り込みの2009年ベストアルバム。

05. Superlover / The BPA Feat. Cagedbaby
  I Think We're Gonna Need A Bigger Boat (2009)
  先日も書いたようにアルバム全体のまとまりがイイです。
  楽しい曲やマヌケな曲もある中、ちょっとしっとりしたこの曲は引き立ちますね。

06. newday demo / Kiritooshishinsuke
  Life (2009)
  my space で偶然みつけたKiritooshishinsukeさん、
  あまりにも気に入ったので、コメントを送ってデモデータをいただきました。
  my space にもう一曲アップされている「口笛はハーモニー」とともに
  今年もっとも聴いた曲ベスト3に入ります。今後の活躍が楽しみです。

07. Autumn Story / The Firekites
  The Bowery (2009)
  P.V.もモノスゴクいいのですが、悲しげなメロディがとてもイイです。
  もの悲しいのにどこかむなしいような爽やかさがある、
  そんな曲は好きですね。

08. Here Before / Vashti Bunyan
  Lookaftering (2005)
  しっとり落ち着く彼女の曲はアルバム通して統一感のある曲構成。
  見た目にはわからないくらいの積み重ねを繰り返す単調な毎日。
  でもこんな風になったんです、というカンジがするアルバム。
  3月のライブ、行っちゃおうかなぁ。

09. Giving Tree / 原田知世
  eyja (2009)
  この曲、歌詞がイイです。シンプルな歌詞なので、どんな意味にも取れるのですが、
  とてもダークな感じがして、大人になったナァと思いました。
  突き放されるほどではないくらいの冷たさがコワイ。

10. Tears Are In Your Eyes / Adem
  Takes (2008)
  上記のeyjaを買おうと色々なサイトを見ていたら、コレがオススメCDのところにあり、
  ついジャケ買いしてしまいました。この曲はねちっこいですが、
  やさしい音で無機質なものを表現しているような曲がイイです。  

11. If The Stars Were Mine / Melody Gardot
  My One And Only Thrill (2009)
  そんなに大好きというほどでもないんですが、なんだかよく聞いていました。
  積極的に聞きたい訳じゃないけど、なんか音楽が欲しいって時にちょうどいい。
  軽く読めるくらいの短編小説、的な存在でした。

12. Candy / Paolo Nutini
  Sunny Side Up (2009)
  前作 These Streets はシンプルな演奏でしたが、今回は使われている楽器も幅を持たせ、
  カントリーやニュー・オーリンズジャズ風やスコットランド民謡的アレンジなど、
  ナカナカ味わい深い内容でした。でも1曲選ぶとすれば、一番わかりやすいこの曲です。      

13. Cakes / Max Tundra
  Now Creating ... (2009)
  去年も彼のWhich Song という曲を選んでます。
  コレは Adobe の企画したコンピに入ってきた曲です。
  バカさ加減は弱まっていますがコレはコレでとてもイイです。

14. Love Won't Let You Down / Swing Out Sister
  Where Our Love Grows (2004)
  今年2月のBillboard Live TOKYOでのライブで一気に評価が高まりました。
  買っていなかったこのアルバムとSomewhere deep in the night(2002)を聞きまくりました。
  完成された居心地の良さですね。今後も楽しみです。

15. Energy is for Henrik / Henrik Jos
  mixed tape 22 (2008)
  あまりまじめに聞いていなかった mixed tape でしたが櫻井くんのプッシュにより
  聞いてみるとナカナカイイ曲ありました。特に気に入ったのがこの曲。
  甘い歌声とユラユラするメロディが気持ちいい。

16. Vessel / Jon Hopkins
  Insides (2009)
  以前取り上げたA Drifting UpもLight Through The Veinsもとてもヨカッタのですが、
  柔らかなピアノに絡む傍若無人な電子音の組み合わせがクセになります。
  節度ある Aphex Twin 的。

17. Sans Soleil / Miike Snow
  Miike Snow (2009)
  なんというか、今年の傾向として、こんな曲が多かった気がします。
  何度も聞いているとイイんだけど、誰の曲だったか思い出せないくらいの
  印象に残るんだか残らないんだかな曲。でも選んじゃう、、、。日食だったし、、、。

18. Le Desir / B. Fleischmann
  Welcome Tourist (2003)
  コレも2曲目のI Am Robot And Proudと同じく上野さんに教えてもらったヒト。
  本当は上野さんオススメのA Letter from Home にしたかったんですが、
  2曲も同じではおもしろくないと、こちらにしました。
  ちょっと声の高い Lou Reed みたいなカンジ。

19. Skeletons / Yeah Yeah Yeahs
  It's Blitz! (2009)
  悩んだ末、たった今この曲に変えちゃいました。やはり最後の曲は印象深い方がいいので。
  荘厳な印象ながらもYeah Yeah Yeahsのあやうさが混ざり合った曲。
  

そのほかにも、、、
hirotec クン / ゆれる電線、P.V.ともどもすばらしかった。
Fever Ray もヨカッタですが取り上げる機会を逃してしまいました。
Across The Universe / Jake Shimabukuro もヨカッタです。
最後の最後で外してしまった The Reeling / Passion Pit
マイナーなものを聞くのに疲れたシューゲイズな若者から教えてもらった曲で
かなりお気に入りでした。
コンスタントに活躍している笹川美和 / miwaMIRAGE も小粒ながらもヨカッタです。
映画「私は猫ストーカー」の主題歌、猫ストーカーのうた / 岡村みどり & Glenn Miyashiro
最初は鼻からビールが出るほどの衝撃だったんですが、3回聞いたらもう頭から離れません。
これも映画の主題歌、Here And There / Cyndi Lauper もロシアの海賊から買い、
モノスゴクヨカッタのですが、コレは来年辺り正規盤が出るかな、と今年は外しました。
Switch Off The Moment / Dolores O'Riordan も
今までの彼女の曲調とは違ってとてもヨカッタです。
mixed tape では Gold Day (feat. Joiejoiejoie) / Jóvenes y Sexys(mixed tape 21) や
Untitled / Midiot(mixed tape 22) もヨカッタ。
あとは、、、
などなどきりがないので、この辺で。
それでは皆様、よいお年を。
フサタロウのこと
2009.12.31 (15:56) les chats de mes voisinscomment(11)
極秘プロジェクトなのであまり大きな声では言えないのですが、
地球の自然環境保全目的のため、野生動物の定点観測をしています。

ウソです。家の近所のネコと遊んでいます。
1年半くらい前からフサフサ兄弟と呼んでいた2匹のネコがいました。
ボクが行くと必ず一番乗りでやってきたのですが、
半年くらい経つと(毛が少し短いので勝手に)次男、フサジロウが
少し離れたところに現れるようになりました。

さらに半年後、そこの観測地点一番のカワイコちゃん、
チビコと呼んでいる黒ベースのミケネコに長毛の仔が2匹誕生。
1ヶ月くらいでコネコはいなくなりました。
が、しかしそのウチの1匹、三毛の長毛の仔を交通量の激しい交差点で発見。
5日後に捕獲。
それが我が家に連れてきたフサコ(仮名)です。
この毛の長さ、この辺の長毛といえばフサタロウ(フサフサ兄弟長男)しかいない。
なので、フサコはフサタロウとチビコの子供と推測しています。

そして秋頃、
フサジロウはさらに移動し、我が家の駐輪場に顔を出すようになりました。
ボクが自転車置き場にいると現れて、なでてくれ、とゴロゴロいって甘えてます。

そして半月ほど前。
いつものように観測地点から帰ろうとすると
離れた道の真ん中でフサタロウがジッとこちらを見ていました。
「そこにいると危ないよ」と日本語で声をかけても動きませんでした。
ボクもしばらく止まってみていると、
やがて普段とは違う方向にトボトボと去っていきました。
それ以来、フサタロウはやってきません。
fusataro091128s.jpg

北風が強くなってきました。
またいつかどこかで、思いがけず会えるといいなぁ。
ねこだもの。

tt091231.jpg
ネコもよいお年を。
home