トラちゃん / 群ようこ(著)
2010.12.04 (01:29) livre, magazinecomment(0)
ネコに関するエッセーって、たくさんありますよね。
以前書いた大佛次郎さんの「猫のいる日々」(名作!)や
内田百さんの「ノラや」(痛々しい、、、)、
荒木経惟さんの「愛しのチロ」(切ない)、
浅生ハルミンさんの「私は猫ストーカー」(フィールドワークですね!)、
ねこ新聞からでた「猫は魔術師」、
さらには伊藤潤二さんの「よん&むー」(多少フィクション?)、
また、ネコ写真集も見方によってはエッセーといえますしね。
村上春樹さんのエッセーにも、度々ネコが出てきますね。

全部いいんですが、
特にネコ好きではない、という人にオススメするなら
群ようこさんの「猫とネズミと金魚と小鳥と犬のお話 トラちゃん」です。
mytc101204.jpg
群ようこさんといえばカモメ食堂でも有名ですね。

愉快にスラスラ読み進めてしまいながらも、
人間以外の生き物だって、みんな色々考えて生きてるんだよね、
と、しみじみ感じさせるような登場人物の明快さがイイです。

我々は言葉という方法でコミュニケーションをとることができないので、
色々な仮定を自分の経験と想像力で補って意思の疎通を図っています。
さすが群ようこさんともなると、もう世界観ができあがっているんですよね。
生き物の振る舞い方の解釈に対して、他の可能性を考えることがヤボに思えてしまうほど。

でも注意が必要です。
どこかの待合室とか、電車の中とか、飲食店とか、
人目の多いところでは読まないで下さいね。
笑いがこらえられないと、白い目で見られますからね。

まぁ、とりあえず、
よしこちゃんだって、ハム子ちゃんだって、
(生きるために備わった能力で)ボクらのことをちゃんと見てるんですよね。
ヒトとは方法論が違うだけですからね。
気をつけて下さいね。

torao101204.jpg
トラオ:「フッフッフ、、、。」ニヤリ
tamako101204.jpg
タマコ:「ちょっと自意識過剰かもね。ぺろり。」
もう年末、書き残したもの特集。2010。
2010.12.10 (03:43) musique(O-S)comment(6)
もう今年も12月、書き残したお気に入りの曲がいっぱい。
タイヘン。

今年の春に4曲入りの「miwaTALE」を出した笹川美和さん
夏には春のライブのDVD+CDを発売し、
さらに秋には「miwaGLITTER」をリリース。
ノリノリです。

しかもこの「miwaGLITTER」がいい出来映えなんですよね。
まず、メロディがキャッチーで、曲にすんなり入っていけるんです。
インディーズになってから、
ちょっと落ち着いていて、キレイなメロディの曲が多かったんですが、
今回のアルバムは「数多」くらいのアレンジになっている気がしました。
秋のライブでも1曲目に「美しい影」を持ってきて、
ロック調を強調する構成でした。

その中でも「成長したなぁ」、と感心してしてしまう曲は(偉そうですね、、、)
最後の「水族館の人魚」という曲です。

彼女の歌詞はまるで初期の The Cranberries の曲のように
自分の気持ちを、同じセンテンスの繰り返しや同じ単語を連呼することで
強い想いを訴えるところが特徴に思えました。
が、この「水族館の人魚」という曲は
比喩も美しいし、全体的な物語の構成もしっかりしているし、
なんというか、今までになかった、俯瞰の視点で見ているカンジなんですよね。
イヤイヤすばらしい。


2:27くらいからちょっとだけ聞けます。

あと、「彼の目」という曲は、動物と暮らしている人には
納得しちゃう内容ですよ。
ゼヒ。

tamako101210.jpg
タマコ:「ファ~~~~~~~~~」
torao101210.jpg
トラオ:「ファ~~~~~~~~~」

我が家はあくび、撮りまくり。フフ。
もう年末、書き残したもの特集。2010。その2
2010.12.13 (01:51) musique(A-E)comment(0)
今年の春、リリースされた
Here Lies Love / David Byrne and Fatboy Slim
コレはスゴイですよ。

その前に、David Byrne and Fatboy Slim という組み合わせ、
去年取り上げた「THE BPA」でもかなりバカバカしい(ホメ言葉)コトしてます。
この時は Fatboy Slim の企画だと思うのですが、
今回のアルバムには数年の歳月を費やしているという話なので、
ひょっとする「THE BPA」Fatboy Slim がつくっているときとかぶっていたために、
「せっかくだからドォ?」ってカンジになったのかも?想像ですけどね。

このアルバムは、
あの Imelda Marcos(故フェルディナンド・マルコス元フィリピン共和国大統領夫人)
の生涯をなぞったダンス・アルバムなんですよ。
あの靴を3000足持っていた、イメルダ夫人です。

彼女の政治的な立場からか、「なぜイメルダ?」と言うヒトも多いようです。
でもこのアルバムはスゴイ!
大河ドラマか長編ミュージカルのようです。

『私の興味を惹くストーリーは、
パワフルな人物のエネルギーの源となっているのは何か?と問いかけるものだ。
何が彼らを突き動かしているのか?
彼らはいかにしてその人物像を獲得し、
また自らをそのような人物に作り変えることが出来たのか?
とね。そこで考えた。
もしこの作品をクラブっぽいダンス・ミュージックで創り上げたなら、
例えばクラブっぽい場所で聴くことが出来るようなものにしたら、
すごいことになるのではないかと。
「ストーリー」やある種の演劇的要素をディスコに持ち込むことは出来るだろうか?
それは可能なことなのだろうか?
でもそれが実現できたら素晴らしいことじゃないか!
そう考えたんだ。』
David Byrne

あまりにも多彩、かつ個性的なゲストボーカルで
正直、最初はアルバム通して聞くのは疲れちゃってムリだったんですが、
このクドサが段々とよくなってきちゃうんですよね。
さらに、非常にもっさりした David Byrne の歌声が
最初の頃は「曲はいいのに、やっちゃった、、、。」って思っていたんですが、
段々、これがまたよくなってくるんです。


コレはアルバム通して聞くのがオススメです。

心配になって、引き渡し後1週間たった日に、ガリクソンの様子を見に行きました。
gari101213.jpg
なんだかふっくらして毛づやがよくなっている気がしました。
幸せそうだね。よかったかね?よかったらいいんだけど。
もう年末、書き残したもの特集。2010。その3
2010.12.14 (02:51) musique(K-N)comment(0)
続きますよ。
今回は ベルギーのバンド、Echo Mountain / K's Choice です。
また'96年ネタなんですが、
その年の春、「Not an Addict」という曲がフランスで大ヒットしていました。

なんだか Demi Moore の声みたい。

基本はフォーキーなロックで、今となっては古くさい印象はあります。
でも爽やかながらも時に熱く、時には淡々とやさしい演奏と
ハスキーな Sarah Bettens のボーカルの組み合わせがいいんです。
懐かしい気分になれます。
どことなく日本の歌謡曲っぽい気もします。

そんな彼ら、久しぶりに今年、アルバムリリースです。
kcem101214.jpg
Echo Mountain / K's Choice


サワヤカです。

tamako101214_01.jpg
タマコ:「はぁ~~ポカポカ。日向サイコー!」

tamako101214_02.jpg
タマコ:「ビタミンDガンガン摂らなきゃ。」

torao101214_01.jpg
トラオ:「14日の夜にはシベリア沖の発達した低気圧のため冬型の気圧配置に変わり、
日本付近には強い寒気が流れ込むでしょう。
このため北風が強まり、朝晩の冷え込みは強まる見込みです。」

tamako101214_04.jpg
タマコ:「マジ!?てか、ナニ言ってんの?」
もう年末、書き残したもの特集。2010。その4、と、、、
2010.12.22 (04:44) musique(A-E)comment(5)
何度も取り上げている Chicane、
今年、「Giants」というアルバムを出しました。
良くも悪くもいつもの Chicane でした。

2009年に先行シングルで発表された「Hiding all the Stars」なんですが、
これがまた10年前に出ていれば、かなりヨカッタのになぁ、
と思う曲です。


(0:20から曲が始まります)
が、ジムで自転車をこいでいるときにこの手の曲を聴くのですが、
聞き慣れるとコレがやっぱりイイんですよね。
取引先に乗り込む前に聞くと、テンション上がって、
ウンザリするような打ち合わせにも積極的になれます。

それと、
「かんたん!手づくり猫ごはん」須崎 恭彦 (著) を買いました。
tdukurigohan.jpg
タマコ:「ちょっとちょっと!またヘンなこと企んでる?」

コレの内容が、ある程度はネコの本能にまかせて、
ネコにとって確実に良くないというものを与えなければ、
あとは彼らが判断してくれる、
というおおらかな内容なんです。

なので、特にメニューにあったわけではないのですが、
鶏軟骨(肉付き)とレンコン、ほうれん草を少しくわえたものを
ミキサーで粗く引いて、蒸してみました。
tdukurigohan_03.jpg
じゃーん!あぶった砂肝も添えてみました。
ボクも味見してみましたが、
調味料無しなのにムチャクチャウマイ!
(でもボクは軟骨が嫌い、、、)

tdukurigohan_04.jpg
トラオ:「この色はアリエナイけど、意外とイケル!」

トラオには好評でしたが、
タマコはあまりお腹が減っていないようでした、、、。
くっそぅ。タマコは保守的だなぁ。
またそのうち違うのをつくってやります。
ガリクソン、その後、と、、、
2010.12.28 (04:48) repas pour les chatscomment(2)
イヤイヤ皆さん、お疲れ様です。

ガリクソン、その後避妊手術を受けました。
外飼いのようなものなので、年頃だし、、、。
そこで問題になるのが、エリザベスカラーです。
やんちゃな彼女がそんなもの許すはずがない。
飼い主さん、保護服をつくりました。

gari101223_05.jpg
試作品。

gari101223_01.jpg
完成品。

gari101223_02.jpg
脱出後。

gari101223_04.jpg
何はともあれ、問題なく元気に暮らしているようです。

我が家の補助ネコゴハン(既製品にトッピング)。
necogohan101228_01.jpg
その1:アスパラガスとニンジンとカボチャをエビ、ホタテとゆでたもの。

necogohan101228_02.jpg
その2:ニンジン、セロリの葉とホタテ、砂肝をゆでたもの。

ごろ太さんちのゴハンを見たら、
我が家のゴハンはオヤツ程度でした、、、。
スバラシイ。
今年のまとめ'10
2010.12.31 (03:53) musiquecomment(4)
お疲れ様です。
早いもので、今年も後わずか。

毎年年末に、今年よく聴いた曲、新旧問わず、
CD1枚分に入る分だけを選曲する、ということをしています。
こんなカンジ。(コピペ)

今年はあまり色々な音楽を聴いていなかったような気がします。
買ってもほとんど聞いていなかったり、
気になっていながら、買わずに忘れてしまったり、、、。
面倒だから気に入ったものばかりヘビーローテーション。
今年は偏ってるかもなぁ。
曲名 / artist / album title の順です。


1.Something In The Water/Brooke Fraser/Flags (2010)
ニュージーランド暮らしの、EIGOノートで、音楽贔屓な、ベジフルライフのヒロクンが教えてくれた、
NZの女性アーティスト。声もイイし、メロディーも爽やかしっとり。
この曲だけでなく、アルバム通して聞きたくなります。

2.Perfect/K's Choice/Echo Mountain (2010)
以前も紹介した、K's Choice。秋頃からずっと聞いてました。爽やかです。

3.To the Forest (I Need Some Peace)/The Forest & The Trees
To the Forest (I Need Some Peace) - Single (2010)

ボクの音楽情報源、Here,play pop!で見つけた、爽やかキラキラ北欧ポップス。
まだ寒いけど、天気のいい春の日に聴きたい。

4.Red Lips/Alan Pownall/Red Lips (2010)
おそらく今年一番たくさん聴いた曲。
なぜかアルバムにも入っていないし、情報もほとんど無い。
7digitalさん、ありがとう。

5.Astroland by bus/Giorgio Tuma/My Vocalese Fun Fair (2009)
コレもボクの音楽情報源、Here,play pop!で見つけた、爽やかキラキライタリアポップス。
この人もアルバム通してイイ曲揃い。休みの日にコーヒーを淹れながら聴きたいカンジ。

6.Early in the Morning (feat. Allen Toussaint & B.B. King)/Cyndi Lauper
Memphis Blues (2010)

Cyndi Lauper渾身のBlues Album。内容は文句ないし、参加している人たちも
スゴイ人ばかり。特にこの曲は彼女の年齢を超越したかわいらしさがとてもイイ。
来年には日本版、さらにはライブも行う予定で大活躍。待ち遠しい。

7.Affection/Ophélie Winter/Resurrection (2009)
おそらく今年二番目にたくさん聴いた曲。CDはリリースされていないようですが、
iTunes Storeやamazonのmp3ダウンロードでも買えるようになりました。
世の中ドンドンデジタル化だなぁ。

8.Reflection Eternal/Nujabes/Modal Soul (2005)
追悼の意味で。Nujabesの曲ではコレが一番好きです。
今年は巨勢典子さんのI Miss Youと合わせて繰り返し聞きました。
合掌。

9.Angel Echoes/Four Tet/There Is Love In You (2010)
Four Tet、ちょっと久しぶりな気がしたんですが、
こんなカンジの曲もほしい日もあるだろうということで。

10.The Happy Mondays/The Innocence Mission/my room in the trees (2010)
The Happy Mondays!?ナナナンデ?このタイトルについてまだナニも調べていないのですが、
The Innocence Missionらしい柔らかな曲で、
寒い冬の灰色の空の下を歩くときに聴くと、ほんのりと暖かな気分になります。

11.Train Station Lullaby (Lullatone Remix)/I Am Robot And Proud
Uphill City Remixes & Collaborations (2010)

今年もI Am Robot And Proud、けれどRemix。断然元のアルバムの方が好きなんですが、
この曲に関してはなかなか旨いことできています。よりわかりやすくなったカンジ。
まぁでも、基本的にはやわらかピコピコポップス。

12.Interior Design/Sophie Zelmani/I'm the Rain (2010)
この人も「懐かしのあのヒトは今」シリーズなんですが、
ちょっと大人っぽくなったけれど、今でもやさしくふんわりした音を聞かせてくれます。

13.Colours of Mercy/Tord Gustavsen Trio/The Ground (2005)
ノルウェーのJazz pianist。どこかで「21世紀のBill Evans」、ということが書かれていたのですが、
もう少しあまく、しっとりしていながらも冷静なカンジです。

14.Settle Down/Kimbra/Singles (2010)
これもNZの女性アーティスト。ちょっとクセのある声がカッコイイ。
来年のアルバムが待ち遠しい。

15.Sunspray/Blackbird Blackbird/Summer Heart LP (2010)
あぁ、コレもボクの音楽情報源、Here,play pop!で見つけた曲。
ムワッとするような暑苦しさをカンジさせながらも、
なんかちょっと非現実的な感覚を思わせる不思議な曲。

16.Hiding All The Stars (Radio Edit)/Chicane/Hiding All The Stars (2009)
ノリノリで自転車こぎのテーマ(個人的に)。
イヤな打ち合わせを乗り切るときのテーマ(個人的に)。

17.A Girl Named Aeroplane DREAMTRAK Remix/Pagan Wanderer Lu
Banish Negative Thoughts (2010)

実はこの人よく知らないんですよね。これも7digitalさんにもらった曲。
むしろ原曲よりも、このリミックスが好きです。

18.Seven Years(Vocals by David Byrne & Shara Worden)/David Byrne and Fatboy Slim
Here Lies Love (2010)

世界3大もっさりボーカルの一人、David Byrneの歌声がクセになる。
コレはモノスゴイ豪華ゲストのアルバムなので、ゼヒ一枚通して聞いてみて下さい。
疲れちゃうけど、、、。

19.Chanson d'Amour/Zazie/Za7ie (2010)
今回のZazieのアルバムはすごいことになってる見たいです。
6 CD thématiques+1 DVD + 6 Vinyles + poster=75ユーロ(2000部限定)。
ほしいけど、ちょっと聴くのめんどくさいな、、、。

20.Sea Talk/Zola Jesus/Stridulum II (2010)
なんかFever Ray っぽいと思ったら、彼女がサポートしてるらしいです。
荘厳でいて危うげで投げ遣りなカンジ。
以上20曲。

他にも、
2009年でまたもや活動休止になったA-Haの
Nothing Is Keeping You Here (Steve Osborne Remix)もヨカッタ。
今年フルアルバムThe Longingを発表したKordanの曲も何か入れたかったなぁ。
Donna Lewisの新プロジェクトChuteのBlinkもカッコイイ。
笹川美和さんの水族館の人魚もヨカッタのになぁ。
Mercedes-Benz Mixed Tape White Wavesから
the.princess.and.the.pearlのBillowsという曲もイイ。
それにMiami HorrorのHolidays (ft Alan Palomo)も好きだったんだけどなぁ。
あとは、、、
などなどきりがないので、この辺で。
それでは皆様、よいお年を。
toratama101231.jpg
home