ネコカレンダー、5月です。
2011.05.01 (00:00) photocomment(4)
nc201105s.jpg

5月になりましたね。今月はコトちゃんです。
草木の緑も濃くなってきました。
画像をクリックで拡大画像(Flickr)になります。


再会!ガリガリガリクソン
2011.05.05 (17:14) miaoucomment(4)
横浜のジムに登りに行きました。
ガリガリガリクソン(旧姓)、お出迎え。

garigari110504_01.jpg
「、らっしゃい、、、。」

garigari110504_02.jpg
ごろりーん。もう全然、ガリガリではありません。

garigari110504_03.jpg
近所をお散歩するので、貫禄の肉球。
帰ったらうがい手洗いしろよなぁ。

お客さんからもかまわれて、とても幸せそうでした。

コツコツ遺跡も発掘中。
Pyramid110505.jpg
カ、カタイ、、、。
ウチのハナちゃん/ 松本 英子 (著)
2011.05.10 (02:05) art, bande dessineecomment(4)
マンガはあまり読まないんですが、
雑誌の猫びよりに連載している
松本英子さんの「ウチのハナちゃん」はモノスゴク好きなんです。
unhme110510.jpg

愛にあふれているんですが、
いつかは来る別れの気配を漂わせているんです。
とても愉快(特にハハ)なんですが、ちょっと切ないんですよね。
単行本で一番好きな話は、
4コマ漫画の「人生の一瞬」という話です。
ネコと暮らす人なら誰もが体験する幸せな時間です。

松本さんのマンガの魅力はネコの話だけでなく、
日常生活のちょっとした出来事を
独特な視線と個性的な絵で表現するところが好きです。
松本さんの日常をマンガでつづった「荒呼吸」もムチャクチャ面白いんです。
モーニング・ツーに連載中です。

先日、その「荒呼吸」第4巻が発売され、
サイン会(というよりイラストを描いていただける)があったので、池袋に行ってきました。
マンガの松本さんとは全然違う(当たり前だけれど)キレイな方で、
しかも気遣いにも一生懸命な方でした。
ハナちゃんの絵、家宝にします。
ありがとうございました。

「荒呼吸」第4巻の話の中で一番好きなところは
「松ぼっくり」のところです。
よかったらゼヒ。

tamako110510_01.jpg
タマコ:「今日の晩ご飯、ナニにしようかな?

tamako110510_02.jpg
タマコ:「あったかくなってきたら、蕎麦とビールですましちゃうかな。」

tamako110510_03.jpg
タマコ:「そうだ、野沢菜もらったんだ。ビールがすすんじゃうな。」

torajiro110510_01.jpg
ジロウ:「オ、オレは肉が喰いたいんだけどな、、、。ボソ
トラオ:「それ、直接タマコに言えよ。ボソボソ
miwaGLITTER / 笹川美和特集
2011.05.17 (02:25) musique(O-S)comment(4)
実は笹川さんのこのアルバムについて書くのは2度目なんです。
ちょっと今、彼女、消息不明なんですよね、、、。

なので、ちょっと笹川さん特集です。
去年発売の miwaGLITTER、割と評価高いんですよ。
キャッチー、ってゆーんでしょうか?
元々彼女の作る曲ってシンプルな構成なんですが、
個性的な歌い方だから独特の世界観になるんだと思うんです。
ですが今回のアルバムは、特に頭にこびりつく曲が多いんです。
今回のアルバムはアレンジが受け入れられやすかったのかなぁ、とも思いました。


今の季節にピッタリの爽やかな曲。





それとボクがもっとも好きな曲の一つ、
太陽」、、、のAVEX Version。
ボクが好きなのはインディーズのヤツなのですが、探しても見つからない。
ピアノ主体のアレンジがスゴクいいのですが、、、。
今日、ボクの地域では朧月夜です。


そしてネコ!!!
5/12でコイツらとの生活も丸5年。
記念に海鮮ササミそぼろゴハン。
torao110517.jpg
トラオ:「コ、コレハ!? 東西新聞に連絡した方がいいんじゃない?」

tamako110517.jpg
タマコも無言でガツガツ中。

ttj110517.jpg
タマコ:「コイツらなんかムカツク!」
ボク:「ジ、ジロウ、オマエ、トラオよりデッカクなってない?
デッカクなっちゃった?デッカクなっちゃったの~~~!!!」
トラオの天気予報
2011.05.25 (03:14) miaoucomment(10)
tamako110523_02.jpg
タマコ:「最近天気がコロコロ変わるよね。顔、洗ってみせた方がいいかな?
トラオ天気予報はどんなカンジ?」

torao110523_01.jpg
トラオ:「関東は気圧の谷や前線の影響で雲が広がりやすく、
雨の降る日が多いですが、25日は高気圧に覆われておおむね晴れるでしょう。
今後一週間の最高気温は、平年並か平年より低くなりますが、
25日は平年より高くなるところがある見込みです。
最低気温は、平年並か平年より低くなりますが、週末と月曜は平年より高くなるでしょう。
降水量は、平年並か平年より多い見込みです。
沖縄・奄美は、湿った気流や梅雨前線の影響で曇りや雨の日が多い見込みです。
なお沖縄・奄美は、台風第2号の影響を受けるおそれがあります。
(5月24日17時、気象庁発表)」

jiro110525_02.jpg
ジロウ:「雨に濡れてトボトボ歩くのも、また風情があるんだけどね。てへ。」

jiro110525_01.jpg
腹ペコギャング、ジロウ、
写真のゴムボールも噛み砕いて食べちゃうんですよ。
まいっちゃうなぁ。
幸い、食べた分は全て吐いているので腸閉塞の心配は今のところなさそうです。
しかし、今後何を喰ってしまうか不安だなぁ。


fusajiro110525.jpg
フサジロウも雨宿り。
Th1rt3en(Thirteen) / Robert Miles
2011.05.30 (04:32) musique(O-S)comment(2)
1996年、Children で一世を風靡した Robert Miles、
今年7年ぶりに 4th album Th1rt3en(Thirteen)というアルバムを出しました。

まずは1996年の Dreamland から

Children / Dreamland(1996)

そして翌年1997年には早くもセカンドアルバム 23am を発表。
ファーストシングルの Freedom もなかなかヒットしました。
でもこの辺からキレイすぎるドリーム・ハウスというジャンルから
ちょっと抜け出してきています。
アルバム全体としては1st.とそれほど印象は変わらないのですが、
シングルカットされた曲は前作とは違うタイプの曲を持ってきています。
セカンドシングルの Full Moon はほとんど注目されなかったのですが、
本来彼は最初からこんな曲調だったんです。

Full Moon / 23am(1997)

3rd. album は4年後の2001年。
世の中的にも彼としてもドンドン次のことに行こうとしていたのか、
Nitin Sawhney も参加したりとトンガっているものの(当時)、
その中にマッタリした気分を求めている様な複雑なサウンドです。

Paths / Organik(2001)
でもこれは今見てもカッコイイ。イヤ実際、今はじめて P.V.はみた!

と、まぁ、この辺まではフォローしていたんですが、
アラブやインド、東欧っぽさを取り入れた音楽のハヤリが
一段落したとともに、ボクも彼から離れてしまったんです。

がしかし、それまでの曲はたまに思い出しては聴いていたので
ちょっと調べてみたところ、今年に入って new album が出てました。
ちょっと懐かしくもクドク感じるギリギリのギターサウンドが最近の彼のハヤリなのかなぁ?

Miniature World (Critical World Remix)/ Miniature World (Single)
むしろヴォーカルが入っていないアルバムバージョンの方が好きです。
が、youtube では見つかりませんでした。
my space で聞けます。
今回のアルバム、なかなかよかったです。
Children を知っているから、そう思うのかもしれないけど、、、。

オマケネコ
jiro110530_01.jpg
ジロウ、その胸のウズシオはなんでしょう?
四股名はウズシオ丸か?
スモウネコ、オススメです。ぐへぇ。
Cornershop and the Double 'O' Groove Of / Cornershop
2011.05.31 (03:49) musique(A-E)comment(0)
昨日からの続きで、
Robert Miles

Nitin Sawhney

Talvin Singh

Cornershop
と連想してしまい、Indian-British musician 特集。

まずは Nitin Sawhney。

Nadia / Beyond Skin(1999)

そして Talvin Singh。

Light / Ok(1998)

さらに Cornershop。

Jullandar Shere / Outcaste Too Untouchable(1998)

今聞いてもムチャクチャカッコイイナァ。
さすが IT 先進国!UK だけれども、、、。

Freddie Mercury もインド系でしたね。
でもまぁ、今回は趣向が違うので、、、。

そんな Cornershop、今年 New Album 発表です。


Brimful Of Asha の頃からののどかでホンワカしたカンジ。

インド系の太鼓やシタールの音はなんだか原始的なカンジで、
サイババさんがどこからともなくものを出してしまうのも
納得させてしまう説得力がありますね。
Electronica/Dance との相性がスンゴクいいです。
最初の3曲のような曲、また出てこないかなぁ。

奇跡の2ショット、その2
tamajiro110531.jpg

home