ウチのハナちゃん/ 松本 英子 (著)
2011.05.10 (02:05) art, bande dessineecomment(4)
マンガはあまり読まないんですが、
雑誌の猫びよりに連載している
松本英子さんの「ウチのハナちゃん」はモノスゴク好きなんです。
unhme110510.jpg

愛にあふれているんですが、
いつかは来る別れの気配を漂わせているんです。
とても愉快(特にハハ)なんですが、ちょっと切ないんですよね。
単行本で一番好きな話は、
4コマ漫画の「人生の一瞬」という話です。
ネコと暮らす人なら誰もが体験する幸せな時間です。

松本さんのマンガの魅力はネコの話だけでなく、
日常生活のちょっとした出来事を
独特な視線と個性的な絵で表現するところが好きです。
松本さんの日常をマンガでつづった「荒呼吸」もムチャクチャ面白いんです。
モーニング・ツーに連載中です。

先日、その「荒呼吸」第4巻が発売され、
サイン会(というよりイラストを描いていただける)があったので、池袋に行ってきました。
マンガの松本さんとは全然違う(当たり前だけれど)キレイな方で、
しかも気遣いにも一生懸命な方でした。
ハナちゃんの絵、家宝にします。
ありがとうございました。

「荒呼吸」第4巻の話の中で一番好きなところは
「松ぼっくり」のところです。
よかったらゼヒ。

tamako110510_01.jpg
タマコ:「今日の晩ご飯、ナニにしようかな?

tamako110510_02.jpg
タマコ:「あったかくなってきたら、蕎麦とビールですましちゃうかな。」

tamako110510_03.jpg
タマコ:「そうだ、野沢菜もらったんだ。ビールがすすんじゃうな。」

torajiro110510_01.jpg
ジロウ:「オ、オレは肉が喰いたいんだけどな、、、。ボソ
トラオ:「それ、直接タマコに言えよ。ボソボソ
home