また、京都、いってきました。その2
2006.03.09 (03:09) voyagetrackback(0)comment(0)
翌日、日曜日。
先に帰る友達を送りに京都駅まで。
もちろん、Klore(クロア)でパンを買って、買い食いです。
そしてボクも今晩帰らなくては行けないので、
荷物を京都駅のロッカーへ。

そこでホテルに泊まった友達からお昼のお誘いが。
ナント、清水寺、二年坂にある阿古屋茶屋でお茶漬けバイキングで!
ココ、テレビで見て行きたいなぁ、と思ってたんですが、
適当に見てたので、探すのが面倒で前回は行かなかったんですよ。
ココはご飯とお茶と、20種類くらいの漬け物が食べ放題なんですよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ボクは漬け物が好きなんです。
ピクルスも好きです。
ぬか漬けが一番かな。
しかも、忘れたくらい長くつけた酸っぱいキュウリやなすのぬか漬けが。
普段はご飯なんて軽めに1杯くらいしか食べないんですが、
今回は3杯いただきました。
またお茶漬けにするといいんだよなぁ。

今回は紅葉もなく桜の季節には早いのですいているかな、と思いましたが、
観光地はやはり混んでました。それ以外はナカナカ気分良く過ごせましたが。
なので清水寺はスルーです。
漬け物に、かなり満足して次の行き先は
唯一今回行ってみようと計画していた、
「はちはち」です。

ココ、かなり衝撃的でした。
パンがかなりおいしいと聞いていたんですが、
確かにパンはうまかったです。
まぁ、それは値段も高いんで、たいして感動はなかったんですが、
店の雰囲気にビックリしました。

最初はよくありがちな、古き良き京都を演出した、
それをわかりやすいおしゃれなカンジつくりあげた店だろう、
くらいに考えてました。
サイトもナカナカよくまとまっていたので。
でも、ホントそのままなんですよ。
むかーし、改築前の母親の実家を思い出しました。
趣があるってゆうより、ホント古びた家なんです。
むしろ、直に懐かしいです。

あいにくカフェの時間には間に合わなかったんですが、
テーブルは大きめのちゃぶ台とこたつが並べてあるんです。
この組み合わせからして、
ホント、生活感ある祖父母の家なんですよ。
しかもご主人が飄々としていて、
誤解を恐れずに言えば、パンバカなニオイをまき散らしているんです。
一度きりの印象なので、どこまでホントかわからないですが、
味わい深い店ではありました。

その後、クルマの中でパンをバクバク食いながら、
(しかもボクなんか、ちゃんとバターも携帯してるんですよ!
切れてる携帯バター!)
次は御幸町や寺町、新京極で古着屋巡り。
あー、京都の古着はいいなぁ。

そろそろイイ時間になってきたので、
最後のシメでefishで軽くビールでも飲みつつ、おしゃべり。

ハー、遊び倒しました。
お疲れ様でした。
関連記事
prevhome next












トラックバックURL
→http://ombreetlumiere.blog5.fc2.com/tb.php/104-10b93065
home