Moose Hill / DESERT HOUSE
2006.11.05 (01:27) musique(K-N)trackback(0)comment(2)
ところで、
ボクは原田知世さんが大好きなんですが、
この間、Moose HillDESERT HOUSEというCDを買いました。

タワーの解説に寄れば、
「kama aina(青柳拓治)、高田蓮とのユニット KAMA AINA/R.T./MOOSE HILL やボサノヴァ・デュオ naomi&goro で活動する伊藤ゴローのソロ・プロジェクト“MOOSE HILL”約5年ぶりの新作。
想像の「砂漠の家」をモチーフに、ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、クラリネット、そして、パリの地下鉄の音…等、様々なサウンドをコラージュした今作は、聴く人全てのイマジネーションをかきたてる“フィルムミュージック”的な室内音楽。様々なサウンドをコラージュした今作には、原田知世、エドツワキ他が参加。」だそうです。

原田さんヴォーカルのノスタルジア、soup song (vocal version) などはのどかな曲なんですが、
metro go round 2とかは静かなカフェの中から、
都会の雑踏を眺めているよーな、微妙な緊張感ある曲です。
desert houseは雪の夜、
窓の外を見ながら誰かを待っているようなカンジとか。

原田知世さんのヴォーカルのナニがいいって、
日本語の歌詞が気にならないんです。

独特の植物っぽさが、
生活臭さというか、自分の中で当てはめるイメージを寄せ付けないというか、
とにかくサラっと聴けるのにもかかわらず、
でも印象に残る特徴的な歌声なんですよね。
けっしてうまいわけではないのに、
この曲は他の人が歌っても合わないなぁ、
と思わせる個性があるんですね。
もーベタボメ。
今年のアルバム、暫定1位!たぶん!?
mh.jpg
ジャケ、ダンナさんです。
関連記事
prevhome next
高田シュウ
2006.11.05 (22:41) + URL
『独特の植物っぽさ』!!いまだかつてこんなにも原田知世を的確に表現したセンテンス、見た事ないです。お見事!Tore Johanssonがプロデュースしてた頃とかもオーガニックな感じで好きでした。角川映画の頃ももちろん好きだけど。
37kw
2006.11.05 (22:58) + URL +
ドウモです。
彼女、元祖「植物物語」でしたよね。それがアタマに刷り込まれているんでしょうね。ボクは聞くだけなんですが。シュウくんはかなり音楽好きですね。楽器できると楽しそうですね。












トラックバックURL
→http://ombreetlumiere.blog5.fc2.com/tb.php/161-a9bfbdba
home