「ネコがみるビデオ」
2006.12.02 (03:12) miaoutrackback(0)comment(2)
CNC(チンパンニュースチャンネル)、見てます?

CNCGC.jpg
「日本の小学生の数は1,350万人。
犬の数は登録してあるだけで1,700万匹。
テレビ局はもはや子ども向けの番組を作るよりも、
動物に向けた番組を作るべきである。
そんな発想からできたのが、動物による動物のための情報番組。
『チンパン・ニュース・チャンネル』」
だそうです。

この番組、スンゴイですよね。
ナニがスゴイって、
ゴメスの声をあてている人がスゴイ。
どうやってるんでしょうね。
ゴモゴモゴモゴモゴモットモ。

コレの番組は、表向きは
動物による動物のための情報番組
ですが、
動物による人間のためのバラエティなんです。
当然ですが。
が、しかーし、
人間によるの動物ためのバラエティビデオがあるんです。

nmv.jpg
「ネコがみるビデオ」
元々、「村上朝日堂ジャーナル、うずまき猫のみつけかた」に
そんな話が出ていたので、検索してみたところ、
かなり色々なところで売っているようです。

内容は
「お部屋の中で退屈しているネコのためにアメリカで開発された
ネコ専用のビデオです。小鳥やリスが画面に登場し、ネコは
その動きに釘付けです!」
らしいです。

「うずまき猫、、、、」によれば、
人間がみると、
「なんだこりゃ、(中略)ひょっとして詐欺じゃねえか?」
(本文より抜粋)
が、コレを彼の「猫の権威である日本の知人」に送ったところ、
「猫はものすごくものすごく喜んだ」
「何度繰り返して見せても見飽きない」
「猫に邪魔されずにゆっくりとものを書きたい時には、
とにかくこのビデオを見せておく。
そうすれば猫はテレビの前に茫然として釘付けになっている」(!!!!!!)
(本文より抜粋)

ほしい、絶対ほしい!
猫を飼うようになってわかったことがある。
「猫の手も借りたい」という言葉は、
ホントーに絶対にもーどうにもならないくらい、
忙しい状態だと言うことを。
猫に手伝ってもらうということは、
仕事を放棄したも同じだ。
ホントにアイツらヒドイ。

でも、調べてみても、
DVDはないみたいなんですよね。
ビデオデッキ壊れちゃったからなぁ、、、、。
あ、「イヌがみるビデオ」もありますよ。
関連記事
prevhome next
のの
2007.01.10 (12:44) + URL +
ゴメスの声はびびる大木や幸野善之という説もなくはないが、梅田淳さんらしい。
37kw
2007.01.12 (03:21) + URL +
ののさん、はじめまして。
そうなんですか!貴重な情報、ありがとうございます。サルにしては日本語うまいなぁ、って感心してたんですよね。そうでしたか。なるほどなるほどー。












トラックバックURL
→http://ombreetlumiere.blog5.fc2.com/tb.php/167-c0b6924e
home