Emma Bunton/Life in Mono
2006.12.28 (02:49) musique(A-E)trackback(0)comment(2)
Emma Buntonのアルバム「Life in Mono」が届きました。
eblim.jpg

前回の2nd Albumが60'sな雰囲気のアルバムだったので、
今回はドンなんだろう、と思っていたのですが、
要所要所に60'sテイストを散りばめたカンジで、
基本路線は2ndと変わりませんが、
よりやわらかく、洗練されましたかな。

おそらく、Cathy Dennisとつくったと思われる、
track 3 mischievousや
ちょっと少女趣味だけれど、カルーイかんじの
track 5 He Loves Me Not。
彼女らしくてとてもバカバカしい、
track 7 Take Me To Another Town。
もちろん、シングルカットされた、
track 11 Downtownなど、なかなかイイ曲揃いです。

そして、アルバムタイトル曲の「Life in Mono」ですが、
これは、1996年にMonoというバンドの曲らしいです。
Monoの方のバージョンもEmma Buntonの方も
どちらもちょっとフレンチポップス調です。
MonoのVocalがSiobhan De Maréという
フランスっぽい名前なので、そのせいかもしれないです。
Monoの方は、やや、Trip hop風、
Emma Buntonの方はねっとりムード音楽風です。
声だけ聴くとバージョン違いかと思うほど似てます。

さらに、Monoの方は、Great Expectations
(1998年、大いなる遺産、ディケンズ原作、
Ethan Hawke, Gwyneth Paltrow出演)
のサントラにも入っているようです。
このGreat Expectations、何度も何度も
映画化やテレビドラマ化されているようです。
そんなにおもしろいんですかね?
ディケンズは「クリスマスキャロル」しか読んだことないなぁ。

横道にそれましたが、「Life in Mono」、
イイですよ。
冬のオープンカフェで読書しながら聴きたいようなアルバムです。
関連記事
prevhome next
高田シュウ
2006.12.28 (21:06) + URL
大いなる遺産、Alfonso Cuaronが監督したのしか観てないけど「んー」って感じでした。妙な感じで踊るバアサンは超絶で素晴らしかったのですが。全体的に地味目って印象。でもやっぱ何度も映像化されてるから名作なんだろうねぇ。
37kw
2006.12.29 (01:44) + URL +
そ、そうなんだ。Ethan Hawke, Gwyneth Paltrowが出てるのがそうみたいですよ。彼の監督したY tu mamá también(天国の口、終わりの楽園)はかなりよかったので、みようかなぁと思っていたんですが、、、。












トラックバックURL
→http://ombreetlumiere.blog5.fc2.com/tb.php/172-184f0db4
home