Dolores O'Riordan / Are You Listening
2007.04.23 (02:09) musique(A-E)trackback(0)comment(2)
The CranberriesDolores O'Riordanがソロアルバムを出しますね。

デビューアルバム
Everybody Else Is Doing It, So Why Can't We?(1993)
の時は、ちょっといいな、くらいだったんですが、
セカンドのNo Need to Argue(1994)は
捨て曲無しのお気に入りのアルバムでした。

そして1996年のサードアルバム、To the Faithful Departedでは
最初にリリースされたシングル、
Salvationのブチ切れ具合に驚きつつも大好きな曲でした。

それ以降、彼らの人気が下降していくとともに、
メディアの露出度も低くなり、
ボクも聞かなくなってしまいました。

懐かしく思って、色々検索してみたところ、
my spaceに彼女のサイトがあったので、
アクセスを試みたのですが、
、、、、、ナンカダメでした。
my space、わからんなぁ。
しょーがないので5月まで待ちます。
doayl.jpg

関連記事
prevhome next
ユージ
2007.04.23 (23:26) + URL +
はじめまして。
少し前から覗かせてもらっているものです。

今回、あまりにツボな記事だったもので、
つい書き込みさせて頂きました。

「No Need to Argue」、名盤ですよね。
「Ridiculous Thoughts」とか大好きです。
捨て曲ないのはもちろん、ジャケの雰囲気も含めて最高傑作だと思います。

3rd以降で段々聴かなくなって……という下りにもちょっと親近感を覚えました(笑)。

以前、my spaceで彼女のソロを聴いてみたのですが、
悪い意味じゃなく、痛々しさの消えた楽曲だったように思います。
バンドとは明らかに違うけど、やっぱりあの人の声は唯一無二だなあと。
5月のアルバム、楽しみですね。ぜひ、そちらも記事にして下さい!

(他にも↓のJoanさんとか、いつかのImogenさんとか、BEAT UKとか(笑)、ツボなワードがいっぱいです)
37kw
2007.04.24 (02:55) + URL +
ユージさん、はじめまして。
書き込みありがとうございます。ユージさんは女性ものの個性的なボーカルが好きなんですか?
The Cranberries、よかったですよね。ボクはempty、21ナンカが特に好きですね。
同じアイルランドでもSinead O'Connorとはまた違ったインパクトのある歌い方で、かなり個性的でしたね。
my space、聴けたのですね。いいなぁ。5月の発売を楽しみにしてます。
ユージさんの感想も楽しみにしています。それではまた。












トラックバックURL
→http://ombreetlumiere.blog5.fc2.com/tb.php/197-fbc5f410
home