じゃークルマ雑誌でも。
2005.03.31 (06:01) voituretrackback(0)comment(0)
続きのようなですが、それほどほしくないけどボクは金を払います、というもの。

ボクはクルマが好きです。というよりもクルマの情報が好きですね。
だから良くクルマ情報誌を買うんですが、
クルマ情報誌って、なんでこんなに恥ずかしいものが多いんでしょうね。
売れている車情報誌なんて、まるで週刊●ストとかの表紙ですよ。

そこいくと、雑誌ってのは、申し訳ないんですけど、立ち読みで判断できていいですね。
ボクは、雑誌ってものはデザインよりも内容だと思ってます。
ですがやはりデザインも高いレベルでつくってあれば、スッゴクうれしくなって、
買っちゃいますよね。買っちゃうんじゃないですか?

クルマに興味がない人は知らないでしょうけど、
ボクはENGINEとAUTO CARの2つが好きです。
ENGINEはNAVIという雑誌のパクリか?と思うんですけど、
なんというか、2番目だからできる潔さ、偏り、が強い雑誌で、
クルマに興味がない人でも、ファッション誌が好きな人なら楽しめる雑誌なのでは?
NAVIはやはりトヨタやドコモっぽく、ほしいものは何かしらあるが、
欲しくないものも山ほどある、雰囲気がある。
が、ENGINEはちょっとふっきってる感がある。ちょっと。
単にかっこよさで言えば一番かっこいい。

で、AUTO CARですが。
クルマ情報誌の中で、ベス●カーが週刊●スト的なら、ENGINEがBRUTUS的、ある意味対局です。
AUTO CARはSWITCH的でありnumber的です。
AUTO CARはクルマの取り上げ方の基準が独自の基準です。
偏ってます。
というか、あるクルマを取り上げる以上、
ライターが自信を持って書いているカンジ。
編集者が責任を持って、ライターに依頼してるカンジ。
そして写真も、クルマ雑誌的に見ても、かっこいいものもある。
記事もライターによっては、庶民的な基準に直して書いてくれてある。
クルマの専門誌である以上、ソーユー雰囲気は持たせつつ、
読んでもわかりやすくおもしろい上に、、、、、
デザインがいいなぁ。

単にかっこいいだけのクルマ雑誌とは違う、
クルマ雑誌として需要を念頭に置きながら、
クルマ雑誌として総合的なかっこよさを持っている雑誌。
関連記事
prevhome next












トラックバックURL
→http://ombreetlumiere.blog5.fc2.com/tb.php/23-575b903d
home