木蓮
2005.04.08 (03:11) journaltrackback(1)comment(4)
いきなり春ですね。もう4月ですからね。
桜も7~8分咲きでちょうどきれいな頃ですね。

春は色々な花が咲きますけど、ボクが一番好きなのは、
「木蓮」です。

学名:Magnolia quinquepeta
別名:モクレンゲ(木蘭華),シモクレン(紫木蓮)
花期:春
「白木蓮」(白いヤツ)もいいんですけど、断然、紫の方です。
強い色なのに、田舎臭い、地味な風貌が好きです。
ボクは紫が濃ければ濃い方が好きです。

ちょっと説明すると、
「白木蓮」は桜より少し早い時期に咲きます。
木は10m以上に成長するので、大木にチューリップのような華が
ビックリするほどたくさん咲いているものもあります。
花の色はやや黄色みを帯びています。
hakumokuren050329.jpg


この白木蓮と似たカンジのものが「コブシ」です。
「コブシ」は「白木蓮」より、やや早く開花します。
花の色はほぼ真っ白で、花の大きさは「白木蓮」に比べ小振りです。

そして、紫色の「木蓮」はほぼ桜と同じ頃から、数日遅いくらいに咲きます。
ボクの見たカンジでは、紫色の濃さがコイほど開花が遅いようです。
ピンクっぽい「木蓮」は桜より少し前に咲いていました。
(でも桜が咲く仕組み比較して考えてもいいのかな?)
何か生理学的な因果関係があるのでしょうか?
「木蓮」の木は「白木蓮」比べ小振りで、4,5mくらいです。
mokuren050407.jpg


大木の「白木蓮」もスッゴクいいのですが、
近所のひなびた黒ずんだ木造家屋の庭にある、
貧弱な枝に濃い紫色の木蓮の花が、ようやく開きかけた状態が大好きです。
毎年、「今年も元気に咲いてくれたんだ、ボクもココでこの花を見ることができたんだ」
としみじみしてしまいます。
この「木蓮」のあるお宅は、ボクの通勤経路からは少しはずれるのですが、
「白木蓮」が咲き終わる頃から遠回りして、確認しています。
実はそこの「木蓮」はまだ咲いていません。

楽しみだなぁ。
関連記事
prevhome next
みどり
2005.04.10 (17:42) + URL +

わが家のモクレン、見に来てくださって、ありがとうございます。
いまちょうど、ハクモクレン、紫モクレン、姫こぶし、こぶしが満開です。例年より1週間ほど遅い開花でした。これから、カラスモクレン(濃紫)、黄金モクレン(黄色)が咲きます。

toproad_forever
2005.04.11 (14:39) + URL +
ハクモクレンとシモクレンの交配種をサラサモクレンと言いますが、たくさんの品種があり、花びらのグラデーションがとてもきれいです。黄色のキンジュという品種もすてきですね。ちなみにシモクレンは花びらの裏側も紫色のものを言うそうです。
37kw
2005.04.11 (23:41) + URL +
みどりさん、toproad_foreverさん、コメントありがとうございます。
今まで、コブシと白木蓮と木蓮しかないのかと思ってました。
色々あるんですねー。
ボクの住んでいるところでは、キンジュや黄金木蓮は見かけませんでした。
今年は探してみます。
スッゴク勉強になりました。ありがとうございました。

ボクもこの機会に色々検索してみたら、
木蓮って英語で、magnoliaマグノリアなんですね。
以前あった映画のmagnoliaって、サントラのジャケが開ききった花で
キレイだなー、と思ってたら、木蓮だったんですね。
開ききった木蓮の花って、好きじゃなかったんですけど。

白木蓮はすっかり散って、若葉がキレイですね。
またよろしくお願いします。
みどり
2005.04.13 (23:37) + URL +
カラスモクレンは、黒いつぼみの形がカラスに似ているのと、花の色が濃い紫だからと聞いたことがあります。
新葉が出るのといっしょに、開花を始めます。
わが家にも2本あり、開花をはじめていますので、またアップしますね。












トラックバックURL
→http://ombreetlumiere.blog5.fc2.com/tb.php/24-4eeee59c
ハクモクレン
2005.04.10 (04:01)+ みどりの一期一会
 今朝、姫こぶしと紫もくれんの写真をアップしたので、ハクモクレンも。 この木の株元には、やぎの「シロ」がねむっている。 もう20年ほど昔のこと。 臨月で出産間近に小屋を脱走して、鶏のえさのトウモロコシを食べて、おなかが膨れて死んでしまった。ハクモクレンの
home