domus
2005.06.05 (05:17) livre, magazinetrackback(0)comment(0)
あぁ、もう6月ですね。

domus01.jpg

ところでイタリアって、雑誌色々ありますよね。
ケッコウ写真がかっこいいですよね。
昔イタリアのキオスクで雑誌を見ていたら、
domusという雑誌がありました。
キオスクで立ち読みってのもなんなんで、
ジャケ買いしてみました。

表紙は小ぎれいなダミー(クルマの強度を調べるために乗せる人形)なんですが、
茶色のダミーさんが、水色のTシャツを着て、
渋い青い背景に頭のところが白地で、
赤い字でdomusと書いてあるんですよ。

ウワー、ナンだろうコレ?かっこいいー!
Architecture Design.......とか書いてあるし
分厚いのに1,000円しないし買っちゃえ。
と思っていたら、

高校生くらいの女の子3人が原付で通りかかって、
いきなり停まりました。

ひとりの娘がボクの方を見て興奮気味に話しかけてきた。
なんだかわからないけれど、何かほめられているカンジではあった。
所々にナイス!とかグッド!ナンカ言ってるのでそんなカンジがしたが、
何がナイスでグッドなのかは全くわからない。
一緒にいた二人の女の子もボクを見ていたが、その娘たちは特に興奮した様子もなく、
たいして興味もない買い物でつきあい程度にのぞいている風だ。

興奮気味の女の子も、うっとりとした目ではなく、
なんだか、「その技スゲーっ!」って顔しているのだ。
奇異なものをみる目というか。
日本人見たことないのか?
逆ナンとかではないっぽいな、と思う間もなく、
「それじゃーCiao!」ぶぉぉぉぉーーーーーって去っていきました。
キオスクのおじさんと、ナンダロネ?って顔を見合わせました。
まぁ、ちょっとした自慢話です。

それはいいとして、domusを買いました。
衝撃的でしたね。Wallpaperより媚びてないカンジかなぁ。
ややカテゴリーが狭いカンジでしょうか?

ボクとしては全く関係ない、インテリアや建築の雑誌でしたが、
かっこいい雑誌でした。
やはり、記号としてのアルファベットはいいですね。
日本語も悪くないですけど、漢字、ひらがなとカタカナという密度の違いが、
文字の大きさや行間を束縛しているのかなぁ、と思いました。
しかもこのページ数で1,000円しない価格。
日本でこの雑誌は3,000円位します。輸入だから。
あー、みんなで買って、需要と供給のバランスを変えみてみてみませんかな?
関連記事
prevhome next












トラックバックURL
→http://ombreetlumiere.blog5.fc2.com/tb.php/38-d6bd424a
home