グリーンピースにガッテンガッテン!
2010.05.19 (03:51) repascomment(4)
先日、菓子職人Aさんに
新しい料理のレシピを教えてくれとお願いしたところ、
早速 Newグリーンピース料理を教えていただきました。


豆類、スキなんですよねー。
しかもサヤに入ったグリーンピースなんて買ったことがなかったので、
ウキウキしながら作ってみました。
が、その前に、
「生で食べるのが一番ウマイ」って書いてあったな、、、。
と思い一粒食べたところ、ムチャクチャ青臭くて、
なんだかイタリアと日本は遠い国なんだね、
っておもいました。

気を取り直して、
pasta e piselli(パスタエピゼッリ=パスタとグリンピース)を
日本の材料で、それなりに作ってみました。
できあがりも
「ウーン、まぁ、そう、ムカシ給食でこんなの出たよね。」
ってゆー味になってしまいました。

意気消沈してしまい、
再チャレンジしようと写真も撮りませんでした。
懲りずにグリーンピースは買ったのですが、
野菜スープにしてしまいました。

このままグリーンピースには触れずに忘れ去ろうかな、
と思った矢先、タイムリーにも
ためしてガッテン(再)」でグリーンピースのことについてやっていました。
ガッテンガッテン!

生のグリーンピースは厚い皮に覆われているため、
中のうま味の指標「遊離グルタミン酸」が、、、、、(略)
だそうです。
しかし、熱を加えると、、、、(略)だそうです。
なので、フードプロセッサーで生のまま米粒大くらいに細切れにすると、
あったかがご飯に混ぜて、7分~10分蒸らしたできあがりみたいです。
マメご飯が、です。
ただし冷凍のグリーンピースはまた違うので、
その辺はまた ガッテンして下さい。
ガッテンガッテン!

たぶん、比較的先進国の野菜に比べて日本の野菜って、
えぐみが強い気がします。
ヨーロッパで食べていた野菜も、かなり味や香りは強いんですが、
キツサというのか、アクなのか、
「渋」さに関しては日本の野菜はスゴイですね。
春菊なんてむしろカラダに悪そうな気がして未だに食べられません。
ガッテンしていただけたでしょうか?

torao100518.jpg
「イヤ、オレ、一応、Carnivore」
tamako100518.jpg
「ドイツの缶詰にグリーンピースとかニンジンとかヤングコーンが入ってるよね?
今度から、アレは注文しなくてイイから。玄米もカンベン。」
関連記事
prevhome next
はつ
2010.05.19 (22:34) + URL
だいぶ違いがありそうですね、グリンピース。
こっちのはとにかく甘い種類です、嫌いだった私もわしわし食べるほど。
ん~勉強になりました。
日本人って、野菜の苦み、えぐみも季節のものとして味わいますよね。
そういう文化好きです。
37kw
2010.05.20 (03:46) + URL +
はつさん、ドウモです。
甘い野菜も、それはそれでイイですよね。だいぶ前に、オーストラリアのキャンプ場で、地元の子供が「Yummy!」といってボクが赤パプリカを切ってるそばからつまみ食いして行くのに衝撃を受けました。
その一方で春の山菜とかタケノコ、長ネギ、ミョウガだとか独特のクセがありますよね。緑茶にしてもそうだし。
日本の食文化、侮りがたし、ですね。
ではまたー
ほら吹き男の息子(ひろ)
2010.05.21 (23:19) + URL
どうもです!

日本の野菜は確かに苦味が売りなとこがありますね。
春菊全然ニガクないですから、食べてみてくださいね^^
(時期じゃないですけど・・・)

ボクもガッテン!ガッテン!好きです笑
37kw
2010.05.21 (23:33) + URL +
ヒロくん、ドウモです。
サスガ野菜職人、食い付いてきましたね。
春菊とシイタケはカンベン、ってタマコも言ってました。ガッテン!ガッテン!
ではまたー。












home