須賀敦子その2 霧のむこうに住みたい
2005.08.24 (04:36) livre, magazinetrackback(1)comment(4)
涼しい、雨の夜ですね。

先日フト、「たまには違う作家の本でも読むか。」と
三作続けて読んだ重松清に、別れを告げて、
違う小説を物色していたんですが、
特にナニも読みたくないんですよ。
もう一作、重松清ワールドに浸るのは、彼のことを消耗してしまうカンジがして、
しかも、重たいモノはイヤだったし。
30分くらいウロウロして、
「あぁ、須賀敦子だ。」と、気づきました。

以前、千代田区の図書館で、彼女の本は借り尽くしていたので、
同じものでも買って読んでみてもイイかな、と思って、エッセイコーナーに向かいました。
「霧のむこうに住みたい」という、
今まで本にされていなかったエッセイを集めたモノがありました。
まるでドラえもんが残してくれた、USO エイトオーオーのように、そこにありました。
やはりそこには、変わらない、あっさりした優しさの、彼女の思い出話がありました。

彼女の書くエッセイは、記憶というよりも、
過去の出来事を、彼女の中で消化してからでてきた、
暖かい息とともに出てきた言葉のようだ、
といったらクサイですかね。
記憶って、ナマナマしい時は、それが日常だと思っていても、
薄れ始める頃、フト、思い出した時、
あぁ、こんなことがあったんだな、って思ったり。

彼女の本は河出書房から出ているモノがケッコウあるのですが、
装丁がとてもイイです。
船越桂さんの彫刻の表紙もいいのですが、
個人的には河出書房の絵画の表紙(トリエステの坂道)が好きですね。

仕事がら、何かをつくる時に、
みんなの意識がひとつの方向を向いていると、
とてもしっくりくるんですが、
河出書房の表紙は、そんなカンジです。

kirinomukou.jpg

この画像、霧のむこうに、木に囲まれた家があるという、
かなり直接的な写真なのですが、
これが帯になっていて、
これをはずすと、その家の中なのか、
誰かが住んでいたはずの食卓の写真になります。

「心に残る荒れた風景の中に、
ときどき帰って住んでみるのも、
わるくない。」
ので、ときどき帰って、新しい本を出してくれるといいなぁ。

ちなみになんかおもしろい本ないかなー、
なんて思ったらココ
関連記事
prevhome next
四季
2005.08.24 (07:02) + URL +
TBとコメント、ありがとうございました。
最後のリンク先がうちのブログだったのにはびっくり! でも嬉しいです。
須賀さんのエッセイが「暖かい息とともに出てきた言葉のようだ」というの、すごく納得です。なるほどそういう表現がぴったりきますね。
まだまだ須賀さん初心者なので、色々と教えて下さいね。
これを機会に、よろしくお願いいたします♪

37kwさんもフランス語がお好きですか? お仲間~。
37kw
2005.08.24 (13:41) + URL +
コメントありがとうございます。
勝手に紹介してしまいまして、スイマセン。
これから本を選ぶ時の参考にさせてもらいます。

ボクはフランス語はそんなにわからないんですけど、
フランスはイイですよねー。
四季
2005.11.14 (06:20) + URL +
37kwさん、お久しぶりですー。
以前教えて頂いた須賀さんの本、ようやく読みました。「ヴェネツィアの宿」と「コルシア書店の仲間たち」と。いやあ、やっぱり良かったです。特に「ヴェネツィア」の宿は、今までで一番良かったかも。今度は「ミラノ霧の風景」「ユルスナールの靴」を探してみますね。きっとすっかり忘れた頃に読了報告に来ると思います。(笑)
37kw
2005.11.15 (04:00) + URL +
おひさしぶりです。
コメントありがとうございます。
どの本も何度も読み返したくなりますよね。
ボクはだいぶ前から、「ある家族の会話」を読んでいるのですが、
ナカナカ進みません。
アントニオ・タブッキの「遠い水平線」は良かったです。
初期の村上春樹を読んでいる気がしました。
お勧めしていただいた「インド夜想曲」もこの後読みたいと思ってます。
またボクも感想を書き込みに行きます。それでは。












トラックバックURL
→http://ombreetlumiere.blog5.fc2.com/tb.php/56-4f4043b8
「トリエステの坂道」須賀敦子
2005.08.24 (06:46)+ Ciel Bleu
 [amazon] [bk1] 昨日読んだ「インド夜想曲」の訳者、須賀敦子さんのエッセイ。これも前回のたらいまわし企画「旅の文学」で、コウカイニッシ。のあさこさ...
home