Cotes du Luberon
2005.09.16 (05:39) repastrackback(0)comment(0)
ちょっとブラブラしていたら、
Cotes du Luberonを安く売っているサイトを見つけました。
しかも自分が現地にいた年のワインです。
この年、わりと雨が多かったのですが、
あの雨がこのワインに、と思い、
つい注文しちゃいました。

皆さん、アルコールって、ドォですか?
特に味がわかるわけではないんですが、
ワインが好きなんですヨ。
甘すぎない甘酸っぱさが、酸っぱい物好きとしては
もってこいなんだろうなぁ。

アルコール単体って、アルコールランプなんかで、
子どもの頃とか、匂いかいだことナイですか?
ワルイにおいじゃないですけど、
やっぱりカラダに悪そーですよね、あの匂い。
でも、ワインて、酒の種類の中でも、
かなり、相性良くアルコール臭に馴染んでる酒、って気がするんですよ。
アルコール臭を消すのではなく、キツさを良い方向に変えてしまうようなカンジ。
よくわからないんですけど、柔よく剛を制す、ってことですかな。
まぁ、個人的味覚の問題かもしれませんね。
ソーユー分析も所詮、後付ですしね。

まぁ、そんなこともあるんですが、
とりあえず、ワインはよく飲むんですが、
皆さん、ツマミってドォですか?
※注意!こっからは、飲み進めていった時の話ですよ。
(ココはボクのブログナンで、ドンドン、的を絞ってますけど)
ワインのツマミって、ドォですか?

色々うんちくはあると思いますが、
ボクは最終的にはナッツなんです。
最初は食事と一緒でもいいんです。
うまい料理とワイン、すばらしいです。

でも、その後も引き続きワインを飲んでるってのもなんなんですが、
基本的に酸っぱいものが好きなボクとしては、
いつまでもワインでいいんですよね。
だけど、酒の肴は、というと、
だんだん、食べることって、重くなってくるんですよね。
塩をなめながら日本酒を飲むカンジかもしれない。
そーすると、ナッツですよ。
塩分と油がツマミなんですね。
まー、アト、求めるモノは全然違うんですが、
柑橘系とかリンゴなんか、果物もわりと合うなぁ。
ご飯と日本酒、ビールとパン、とかあんまり良くないけど、
ブドウ(巨峰)とワインは悪く無いなぁ。
酸味と甘みの関係なんでしょうか?

あー、そう、もちろんそれからタバコも。

購入したのはワインズナカシマヤです。
画像をパクってしまったので、宣伝しておきます。
とてもおいしいです。今まさに飲んでます。
このワイン、かなりコストパフォーマンス高かったです。
(といってもわりと地元のヒトための、特に有名でもないワインですけど)
多少予期せぬトラブルが起きても、丁寧な対応をしてくれました。
(もちろん、個人的な感想ですヨ)
しかしこのワインはザンネンながら、
ボクが買い尽くしてしまったので、もうありません(今のところ?)。
Tant pis!
Cotes_du_Luberon.jpg

関連記事
prevhome next












トラックバックURL
→http://ombreetlumiere.blog5.fc2.com/tb.php/61-e50571b6
home