ネコカレンダー!
2012.01.14 (01:58) photocomment(4)
ネコカレンダーを購入しました

torao120114_01.jpg
どの仔もやたらとカワイイんです。

上の段右端の、ネコがポツンと路上に座り込んでいる写真があるのですが、
この写真を見た後で、他の写真を見ると、また違った気持ちになります。

話は逸れるのですが、
去年の震災から9日後におばあさんとともに救助された高校生の言葉は
「夜空の星がきれいでした」(読売新聞2011/3/30)だったという話を聞きました。
救助される可能性はあったとしても、
今はただ、人間社会とは何のつながりもなく、自分はただ単にここに存在しているだけ、
という気持ちだったんではないでしょうか。
ボクは自然の中に放り出されると(自主的にですが)、そんな気分になりました。

でも、ペットとして生きてきた動物が
10ヶ月以上ものあいだ野生生活を送るのは難しいし、
もともと野生動物とはちょっと違いますし、
街の環境は、人間以外の動物には住みにくい作りになっていると思います。
こんな寒い夜、
福島の警戒区域では凍てつく星空を眺めている仔がまだまだたくさんいるようです。
色々なブログで保護活動の話を目にします。
本当に頭の下がる想いです。
ボランティアの人たちには足を向けて眠れません。
北枕で寝ます。

そんな中(イヤ、すみません、全然関係ない、別な話題です)、
昨日はとてもビックリすることがありました。
ちょっと複雑ですが、
フサコ(仮名)の母、チビコが去年産んだ、コチビコ(仮名、適当な名前ですが、、、)が
な、な、ナント!
鈴付きの首輪をしていました!!!
コチビコ(仮名)は去年の5月頃に生まれたのですが、
持ち前のカワイらしさと疑い深さ、臆病さ、用心深さでスクスク育ち、
この付近では1、2を争うカワイコちゃんです。
kochibiko120113s.jpg
携帯写真なので不鮮明です。
フサコ(仮名)の妹、コチビコ(仮名)。
きっともっとイイ名前をつけてもらってるんだろうなぁ。
最近、あまり見かけないなー、なんて思っていたら、
うれしい展開。

chibiko091128_02.jpg
ちなみにコレは、今も大活躍中のチビコ。
写真はストロボにムッとしていますが、本当はモノスゴクカワイイ仔です。
関連記事
prevhome next
むちこ
2012.01.15 (01:03) + URL
本当に。雪が降るこんな寒い日も、助けようと現地で活動されてる方には本当に頭が下がります。

コチビコ、よかったね。あったかいところにいるのね
目がくりくりでかなりの美人さんだわ
チビコは立派な体格だこと。
37kw
2012.01.15 (10:59) + URL +
むちこサン、ドウモ。
コチビコ、よかったよかった。
コイツはしっぽもものすごくフサフサ長くて、やたらとカワイコちゃんだからなぁ。もうだいぶ大きくなったのにいつまでも親離れできなくて、チビコにウザがられていたんです。
チビコ、ポッテリしているけれど、とってもコンパクト。チビコだけに。
ではまたー
ショータ
2012.01.20 (09:21) + URL
さすがにコチビコよりは良い名前でしょうなぁ。
でも37kwさまのそのネーミングセンス、好きでございますw

猫カレンダー、雑貨屋とかでみかけるとついめくってしまうー。
37kw
2012.01.21 (03:09) + URL +
ショータくん、ドウモ。
近所にたくさんのネコがいるから、わかりやすい識別コードじゃないと覚えてられないんだよね。
他にも「ポッテリコ」、「ポッテリアネ」のぽってり姉妹、「ギーヨン」(ギーヨンと鳴くので)、ブッチー&ウッシー、黒縞さん、サビーヌ兄弟(姉妹)、ダミちゃん(だみ声なので)などなど色々な名前があるんだよ。
ショータくんのところの名前の付け方もまた、なかなか個性的だね。
ではまたー












home