もう年末、書き残したもの特集。2010。その3
2010.12.14 (02:51) musique(K-N)comment(0)
続きますよ。
今回は ベルギーのバンド、Echo Mountain / K's Choice です。
また'96年ネタなんですが、
その年の春、「Not an Addict」という曲がフランスで大ヒットしていました。

なんだか Demi Moore の声みたい。

基本はフォーキーなロックで、今となっては古くさい印象はあります。
でも爽やかながらも時に熱く、時には淡々とやさしい演奏と
ハスキーな Sarah Bettens のボーカルの組み合わせがいいんです。
懐かしい気分になれます。
どことなく日本の歌謡曲っぽい気もします。

そんな彼ら、久しぶりに今年、アルバムリリースです。
kcem101214.jpg
Echo Mountain / K's Choice


サワヤカです。

tamako101214_01.jpg
タマコ:「はぁ~~ポカポカ。日向サイコー!」

tamako101214_02.jpg
タマコ:「ビタミンDガンガン摂らなきゃ。」

torao101214_01.jpg
トラオ:「14日の夜にはシベリア沖の発達した低気圧のため冬型の気圧配置に変わり、
日本付近には強い寒気が流れ込むでしょう。
このため北風が強まり、朝晩の冷え込みは強まる見込みです。」

tamako101214_04.jpg
タマコ:「マジ!?てか、ナニ言ってんの?」
Simply On My Lips / Kimbra
2010.09.23 (20:51) musique(K-N)comment(4)
最近、音楽ネタが豊富です。
前回はニュージーランドのOMCを取り上げましたが、
その時にNZのアーティストのmp3販売サイトを見つけました。
そこで買い物をしたので、以後、DMが届くようになりました。

そのメールで紹介されていたKimbraさん、かなりイイです。
kmbrmsp.jpg

もうじきアルバムが出るようです。

しかもこの人、
前から気になっていた、Miami Horror(オーストラリアのグループ)の
Illuminationにも参加していました。
imh100820.jpg

I Look To You (ft Kimbra) / Miami Horror。追加しました。


コレもナカナカいいです。この曲は featuring Alan Palomo。

tamako100923_01.jpg
コレ、なんでしょう?







tamako100923.jpg
モデル、タマコ。コワイ顔。
犬用のヘチマでできたハミガキオモチャなんですが、
我が家ではノってくると、コイツと格闘して、ガブガブ噛むんですよ。
ハミガキに役立ってるかも?
でも噛みちぎって、ペッて吐き出すのはいかがなものか、、、。
It Ain't Over 'Til It's Over / Lenny Kravitz
2010.09.07 (00:39) musique(K-N)comment(0)
Lenny Kravitzって、The Style Councilの曲、カバーしてたよね?
だいぶ前から気になっていて、友だちに聞いてみたんですが、
その度にそんなの知らないと言われました。
自分で検索してみても、全然見つからないんですよね。

ちょっと目先を変えて検索してみたところ、
lkms.jpg
It Ain't Over 'Til It's Over / Lenny Kravitz
sccb.jpg
You're The Best Thing / The Style Councilが似ていると言うことが判明。
両方の曲を聞いてみたところ、長年のわだかまりが解決しました。

聞き比べると、似てるけど、違う曲だなぁ。
Paul Weller プロデュースの Lenny Kravitz の曲、というカンジです。
、、、とも違うなぁ。なんて言えばいいんだろう、、、?
まぁ、個人的には解決してすっきりしました。
どちらも気持ちいい曲です。

タマコの日常。
tamako100906_01.jpg
タマコ:「ぐぅ。」

tamako100906_02.jpg
タ:「ハッ!今日の打ち合わせ何時からだっけ!」

tamako100906_03.jpg
タ:「違った、明日だった。」

tamako100906_04.jpg
タ:「ぐぅ。」
Sasagawa Miwa in Gloria Chapel Shinagawa!
2010.03.22 (03:12) musique(K-N)comment(4)
行ってきました、Sasagawa Miwa in Gloria Chapel Shinagawa!
はぁー、よかったです。
和やかに淡々と曲を披露しつつ、
間にチョコッと家族の話や曲についての話をして、
本当に和やかなライブでした。
あ、あれ?!あれれれれ?!!?!!?!

イヤ、ベクトルは全然違うんですが、
これはこれでまた和風な牧歌的な雰囲気でした。

スロースターターなカンジはしましたが、
歌い慣れている「笑い」くらいからガゼン声の調子がよく、
彼女の歌唱力のすごさに改めて感心しました。
どの曲もよかったですし、新曲もナカナカよかったんですが、
彼女自身言っていたように、
多少ヘビーな春でした。

前回の品川教会のライブが冬だっただけに
スゴクしっくりきたんですが、
今回は別に、春にこだわらなくてもよかったんでは、、、。
たぶん多数派の春のイメージではないですよね。
まぁだからこそ、彼女の曲が好きなんでしょうけどね。
個人的な感想ですよ。

全体的に言えば、
「朧月夜」もたのしく1.1回くらい聞けたし、
(恒例の?)生歌「光とは」も聞けたし、
大満足です。
さらに、会場で購入した「miwaTALE」もよかった。
特に「旅物語」。
爽やかで春に聞いたらば、
どこかに行きたくなっちゃいますよ。
行ってきて下さい、ボクも分まで。
mt100319.jpg
「miwaTALE」
果たして一般発売はあるのか?
それとも別なカタチで?

さぁキミたち!
今日のゴハンはサカナとネズミだよ!
torao100321_01.jpg
「オイ?」
tamako100321_01.jpg
「ツマンネ。サッサとメシ出せよ。」ギロリーン。

ゴメンナサイ、でもネコ画像、大きくなります。
Regret / New Order
2010.03.06 (04:42) musique(K-N)comment(0)
正直言って、New OrderのBernard Sumner声が
あまりスキじゃないんです。
前にちょっと書いたElvis Costelloもそうなんですが、
なんかもっさりした歌声のヒトってダメなんですよね。
両方ともイイ曲作るんですけどねぇ。

でも、例外的に、
New OrderのRegretは大好きですね。
なんだかやたら青臭いんですが、それがやたら爽やかなんです。
あまり彼らに興味がないのでよくわからないのですが、
ボクには新たな出発の気分になるんです。

季節は春。
身近なヒトや遠くのあのヒト、お世話になったあのヒトなんかも
新たな一歩を踏み出すようです。
「あー、ボクも踏み出しちゃう?
イヤイヤ、ネコたちといつまでもゴロゴロ横になっていたいような、、、。
どっちにしても後悔なんていまさら無意味!」
なんてゆー勢いまかせな爽やかさ満点の1曲です。
せっかくなんで今日からの寒波が過ぎ去ったら聞いて下さい。

ライブ版しか埋め込ませてくれませんでした。
うーん、、、。
是非コチラのPV版を。

オマケ。
torao100306.jpg
ネコタワーの上に去っていくトラオのおしり。
もうじき年末、書き残したもの特集。その2:Ambrose / Mohlao
2009.11.14 (04:33) musique(K-N)comment(0)
MOHLAOAmbrose
コノ人についてなんの情報もないんです。
なんにもわからないんです。

別な人の曲を探していて、ダウンロードサイト(試聴できます)を訪れたとき、
ジャケ買い、と言うかレコードの画像にひかれて試聴してみたところ、
このダークな世界から抜け出ることができなくなってしまったんです。

あぁ、コノ世はなんて無意味なんだろう、
イヤそもそも意味なんて人間視点だからナ、、、
って、なんだかわからないけどそう思っちゃうほど、
どうしょうもない虚無感に襲われてしまう曲なんですよ。
元の世界に戻れる自身がある人だけ試聴して下さいねー。

でも惹かれちゃう。そんなのあったよね。でも今は大丈夫。
そんな頃を懐かしめる人、気に入ると思うんだけどなぁ。
でもそんなことも無意味なんだろうな、、、。

「ムダじゃ、ムダじゃ、、、」byジャコウネズミ
とりとめなくてすいません。
だから原田さんとは違う意味で書けなかったんです、、、。
What It Feels Like for a Girl / Madonna
2009.10.05 (02:37) musique(K-N)comment(2)
Madonna Best(もう何回目?)出てますね。
プロモビデオDVDを貸してもらいました。

ざっと見ていて、
Madonna って、カローラって気がしました。
当時はナカナカがんばってるよね、って思うんだけど、
今見ると安っぽい、、、。
今みてもナカナカいいもの使ってるんだけど、
今にしてみれば、古くさい。
金はかけられる、でもできあがりはミンナが手の届くものにしたい。
新しいものであったとしても、
なんというか、それは Madonna が最初ではなく、
それを初めてやった人がいて、
2番煎じの最初が Madonna だったと。
個人的な感想ですよ。ここから褒めますヨー。

でもそーは言っても、
"What It Feels Like for a Girl(Guy Ritchie監督)" 、ボクは大好きですね。
曲も好きですが、P.V.がいいんです。

確かに暴力的で破滅的なんですが、
終わりに向かって突き進む Gus Van Sant の Drugstore Cowboy を
ひたすら激しくしたような、どうしようもないやりきれなさを表現していて、
うまいことやったな、と思います。
しかも madonna の微妙な演技もうまいことはまってる。
スタンガンでポーズ撮るのはかなり蛇足なんだけど、
そのバカバカしさをはじめ、おばあさんの表情やフライドポテトを捨てるシーンなど、
全体的などーしょうもなさにワンクッション与えてる気がします。
そのチカラ加減がいい。

Guy Ritchie にアンナことを許した Madonna もスゴイし、
Madonna をギリギリで一線を越えてしまった人間として撮ってしまう Guy Ritchie もスゴイ。

年老いた親の今後を考えてしまう人とか、
自分の色々なことに疲れている人は見ない方がいいですよ。

でもオススメ。
トヨタでもたまに、どーしちゃったの?ってゆースゴイクルマ、ありますもんね。
TOYOTA Madonna 1600GT
Kordan / FANTASY NATION EP
2009.09.02 (04:29) musique(K-N)comment(0)
音楽ネタ、たくさんあるのですが、
ネコネタに押されてさぼってます。

とりあえず書かなくてはいけない、と思っているのが
Kordan / FANTASY NATION EP。
kordan_fn.jpg
以前書いておいたVan She にも通じる、ちょっと懐かしいカンジのエレクトロなロック。

タイトル曲の Fantasy Nation もいいけれど、
哀愁漂う Tokyo Tears はかなりいいです。
ちょっと、Tokyo Tears 以外の曲が似すぎている感はあるけれど、
疾走感あり、元気でありながらもやや哀愁漂うカンジで
昔 Police 好きだったいつまでも気の若いオジサンなんかにオススメ。

CD は U.S. で発売しているのですが、送料が高いです。
日本に入ってきているのか微妙です。
が、音質は低いんですが、なんとフリーダウンロードもできちゃうんですよ!
ゼヒ一度おためしあれ。
Sans Soleil / Miike Snow
2009.07.28 (11:05) musique(K-N)comment(2)
スウェーデン出身の3人組Miike Snow
最初はよくある歌ものエレポップだと思って聞き流していたんですが、
聞いていくうちにだんだんよくなってきました。
抑えた歌い方とやや陽気な感じの電子音がクセになります。
特にSans Soleilという曲がお気に入りです。


このBurialやSilviaという曲もナカナカ。

msms.jpg
シカの角が生えたウサギのジャケも涼しげ。
しかしこのMiikeってなんて発音するんだろう?
と思ってWikipediaで調べたところ、
「named after Japanese film director Takashi Miike」
ってありました。
しかもここから何曲かダウンロードできちゃう。太っ腹。

おまけ。
tamako090728.jpg
吼えるタマコ。
torao090728.jpg
引きこもるトラオ。
うぃ~♪きゃっちゅ~♪ / なじいちさん
2009.03.25 (04:23) musique(K-N)trackback(0)comment(2)
久しぶりに音楽の話題です。

OS9 フレンドリーをウリにしているこのブログですが、
今回、初の試みで、
YouTubeの動画をリンクしてみたいと思います。
先日コメントをいただいた、
なじいちさんの「うぃ~♪きゃっちゅ~♪」です。
サイコーです。



ボクのお気に入りは、
「ねこをかぶって♪」
nekokaburi_wcy01.jpg
と、「おすましね♪」のところです。
osumashi_wcy02.jpg
(OS9の人はYouTubeをクリックしないで、この画像を見て下さいね。)

こんなにシンプルな絵なのに
まさしくねこをかぶってるし、おすましです。
「みんなの歌」みたい。

クイクイコアリクイも衝撃的でオススメです!
ゼヒ!
backhomenext