ガリクソン、その後、と、、、
2010.12.28 (04:48) repas pour les chatscomment(2)
イヤイヤ皆さん、お疲れ様です。

ガリクソン、その後避妊手術を受けました。
外飼いのようなものなので、年頃だし、、、。
そこで問題になるのが、エリザベスカラーです。
やんちゃな彼女がそんなもの許すはずがない。
飼い主さん、保護服をつくりました。

gari101223_05.jpg
試作品。

gari101223_01.jpg
完成品。

gari101223_02.jpg
脱出後。

gari101223_04.jpg
何はともあれ、問題なく元気に暮らしているようです。

我が家の補助ネコゴハン(既製品にトッピング)。
necogohan101228_01.jpg
その1:アスパラガスとニンジンとカボチャをエビ、ホタテとゆでたもの。

necogohan101228_02.jpg
その2:ニンジン、セロリの葉とホタテ、砂肝をゆでたもの。

ごろ太さんちのゴハンを見たら、
我が家のゴハンはオヤツ程度でした、、、。
スバラシイ。
血と汗のネコゴハン。
2010.07.02 (02:46) repas pour les chatscomment(5)
だいたい月1ペースでネコ用野菜スープを作っています。
(半額の)カツオの刺身やホタテ、
残っている時には(半額の)白身魚、
たまには肉ベースで鶏肉と砂肝やトリの肝臓を
小松菜やキャベツ、ニンジン、カブなどと煮詰めたスープを作ります。
小分けにして冷凍し、缶詰ご飯の時に混ぜて食べてもらってます。

今回は、
カツオとホタテをゆで、アクを取ったところに、
細切れの小松菜、ニンジン、キャベツを加えて
圧力鍋で煮ます。
季節柄、ちょっとタンパク質控えめです。
nekogohan100702_01.jpg
アク取り中。
nekogohan100702_02.jpg
小松菜刻み中。
小松菜はほうれん草に比べシュウ酸が少ないところがイイ、
と思うんですが、サカナと煮るので、ほうれん草でもいいのかな?

ところが!
ノリノリで小松菜を刻んでいたら親指ザックリ!
危うく「親指と野菜のスープ」になるところでした。
幸い、大急ぎで直接圧迫止血法を試みたので、
血液が混ざることもなく、調理できました。
鉄分やタンパク源にはなるけれど、
味をしめて、寝込みを襲われたら困るので、、、。
nekogohan100702_03.jpg
我が家にはガムテープもありますが、
バンドエイドもあります。豪華、2枚巻き。

ネコの場合、食べ物って小さいときに食べ慣れたもの以外は、
あまり受け付けないそうです。
我が家はもっぱらサカナ派です。
鶏肉、砂肝もいけます。
肝臓はたくさんはいらない、ってカンジです。
野菜は、形が残っていると気になるようですが、
カブは割と好評です。
でもカブの葉っぱはキライ、、、。
でも入れちゃう、、、。

冬はスープは身体が温まってイイですよ。
い、今、夏ですけどね、、、。

さぁ、ゴハンだよ!
tamako100702_01.jpg
違う違う!タマコ、それ違う!

ネコ用!!!!茶碗蒸し
2009.12.19 (22:21) repas pour les chatscomment(9)
最新ニュースです。
SADE が来年、ニューアルバムを出すようです。
楽しみだなぁ。

なんだか音の雰囲気が変わったなぁ。

今日一日、家で仕事だったため、
気分転換で、料理をしました。
じゃじゃーん!
nekochawanmushi.jpg
ネコ(用)茶碗蒸し!
普段から作り置きしてある、ネコ用魚介と野菜のスープで溶き卵をのばして、
茶碗蒸しにしてみました。
タマゴ(白身だけ?)は生で与えるのはダメらしいんですが、
火を通すとアビジンという酵素が失活するため大丈夫らしいです。

コレは今までつくったネコゴハンの中でも、
1、2を争うほどの大人気でした。
タマコは最初は警戒してましたが、食べ始めたらバクバクでした。
また今度、つくってあげようね。
tamako091219.jpg
torao091219.jpg
ネコご飯をつくってます。その3
2009.02.09 (02:55) repas pour les chatstrackback(0)comment(2)
内輪ネタですが、
6月にペットフードの安全基準を設ける
「ペットフード安全法」が施行されるようです。

少し前にそんな情報を入手して、ペットフードを変えました。
だって、そんな情報によれば、
「賞味期限(?)1年以上のものは危ない」ってあったので。

ドイツでは動物とはいえ色んなものをまんべんなく食べることにより、
健康は保たれるという、人間においても基本原理だろ?
ってことを基本理念においてペットの食を考えているようです。
ボクもその考えには賛成です。

完璧なサプリメントとか、完全栄養食品なんか
所詮、人間の一時的な思い上がりな気がするんです。
カロリーメイトはたまに食べますけどね。
実際、世の中わからないことばかりです。

というわけでボクは去年のGWくらいから
手作りネコご飯例1例2を与えています。
今は魚メインか肉(鶏レバー+砂肝)メインの2種類です。
そしてさらに、この最近国内メーカーの缶詰を突然、変更しました。
もちろんネコたちは困ってます。

毎食毎食、疑心暗鬼なカンジで食事です。
まるで本来の野生の本能を最大限駆使しているかのようです。
「なんだこの米粒!」
「グリーピースなんてくえねーだろっ!」
「ニンジンキラーイッ!」
「大きい肉は食べにくいよーっ!」

など数々の不平不満を無視しつつ、
以前から与えていた手作りネコご飯とともに
有機農法なんだかよくわからないけどオススメな缶詰を
無理矢理与えています。

虐待だなんて言わないで下さい。
ボクが食べてもおいしいんです。

人間と一緒にしないで!なんて言わないで下さい。
3回やって食べないものはあげてません。
もちろんネコが食べると危険なものはあげてませんし。
自然食ドライフードは好評ですし。

ネコは変化を嫌うらしいです。食事を変える場合は徐々に混ぜて
少しずつ変化させていくのがいいらしいです。
でも、世の中そうはいっていられません。
柔軟な感性の仔供に育てなければ。
ストレスに強い仔供に育てなければ。
変化こそ日常、ってくらいにならないと。
090209_tamako.jpg
090209_torao_01.jpg
そーいった親の期待がストレスになるとか言わないで下さい。
コレはボクのエゴですから、、、。
ちなみにコレは過去の写真です。
ネコご飯をつくってみました。その2
2008.05.10 (04:21) repas pour les chatstrackback(0)comment(4)
調子づいて、またつくってしまいました。
今回は海の幸豆乳リゾット!

刺身が半額の時間に購入した甘エビとキスと
冷凍ホタテを細かくして、
炊いておいた玄米ご飯とともに豆乳で煮込んでみました。
適当につくっていたら、
コ、コレは、!?
nekogohan080506_01.jpg
じゃーん。
リゾットみたい。
バターとパルミジャーノ・レジャーノ、ニンニク、ハーブ、コショウを入れたい!
香り付けにちょっとオリープオイルをたらして、、、という気持ちを抑え
一口食べてみると、、、。

あれ?ウマイ。全く味付けしていないのに塩味がついている。
ナゼ?
キスに塩味がついていたのかなぁ?
ウーーーン。これはどうなんだろう?
シラスだとか魚の切り身に勝手に塩添加するのやめてほしいなぁ。
まーその方が持ちがいいんだろうけど、、、。
ヨーカドーは別にネコのための店じゃないからなぁ。

心配なので、普通のネコ缶に少し混ぜて与えました。
ナカナカよく食べていました。
だってうまかったモンなぁ。残りはまたボクが食べちゃう。
イヤイヤ、ネコ缶と混ぜたヤツではないですよ。

GW中で、ややのんびりしていたので、
色々つくってみましたが、
今後はあまりやらないだろうな。
ネコご飯をつくってみました。
2008.05.05 (11:51) repas pour les chatstrackback(0)comment(0)
イヌの飼い主の方と、ペットフードについて話したのですが、
不安にさせられる話題が多かったです。
帰ってきてからネットで自家製ネコご飯について検索してみました。

色々あったんですが、
「猫缶って、おいしいの?」というサイトがありました。
ボクも以前は少しつまみ食いしてみたのですが、
おいしいモノもいいんですが、中には非常に生臭いモノがあり、
最近は食べてなかったんです。
おまえらコンナの好きなの?なんて思っていたんです。

この人はかなり食べてますね。
あくまで人間の判断ですが、カナリ色々あるようですね。
しかも自分の判断とネコの食いつきの善し悪しとを
ちゃんと関連させているところもスバラシイ。
ボクなんか、ネコはコーユーの、好きなんだろーなー、
くらいで納得していたんですが、、、。

評価の高いものはオーガニック系の犬猫食研、ワン・フーみたいです。
ただ、このサイトにも書いてあるように「一個人の感想」だし、
しかもコイツらわがままだしなぁ。
高いエサでも見向きもしない時あるからな。
もう少し情報を集めてから試してみようと思います。

なので今日のところは、自分でつくってみました。
おやつ程度のモノなら、
味付けナシ、油分控えめ、食べれないモノ、
くらい気をつければ大丈夫かも。

選んだ素材は、
ホタテ貝柱(小):3コ
和牛(!)挽肉:50g
トリささみ:50g
全てを細かくして少量の水でひたすら煮て、
野菜ジュース(無塩、無糖)を加えてみました。
冷まして早速出してみましたヨ。

こんなカンジ。
nekogohan080504.jpg
じゃーん!

tamako080504.jpg
torao080504.jpg
shirosan080504.jpg
食いつきは良かったんですが、
やはり全部は食べませんでしたね。
ただ、いつもは缶詰をほとんど食わないシロサンも
ケッコウ食べてました。

彼らが残した分は翌日、ショウガとだしつゆを加えて、
そぼろにしてボクが頂きました。
ごちそうさまでした。
backhome